2017年 04月 09日

カワサン滝の上流でキャニオニング 後編

c0192962_00221210.jpg
セブ島 キャニオニング、こんなクリフを3箇所飛び込み場所がありました。
ちょうど良く低、中、高度の順番でした。
こちらは一番最初のクリフジャンプポイント、10mくらいでしょうか。
やっぱり怯みますけど、1番先に率先して飛び込むのは写真の次女からなんです。
幼稚園から小学校3年くらいまで学校ではひと言も言葉を発しないという内気な子でしたが、いつからどこをどうしたのか、自分を主張できる人に成長しました(涙)
c0192962_00221300.jpg
こちらは長女です。
自分のジャンプをGoProで自撮りする根性ぶり。
自称高所恐怖症(謎)

c0192962_00221430.jpg
第一のクリフジャンプポイントのすぐ近くには、こんな屋台もあったりします。
こちらは中間地点で小腹も空いてくる頃なのでグッドロケーション。
買い食い用の小銭を忘れずに。
c0192962_00221531.jpg
途中、こんな大きな岩の間を通り抜けたりと秘境度満点。

c0192962_00221577.jpg
こちらではガイドが背面フリップジャンプを披露。
カッコよく見えてしまいますね〜
惚れてまうやろ!

c0192962_00221655.jpg
こちらはフィナーレの最後のクリフジャンプ。
高いです。
ここは20mくらいあると思います。
建物でいうと3階くらいの高さ。
ここから飛び降りろって、頭おかしいじゃない??
って、思ってましたが、次女を筆頭に家族が次々ジャンプ。
私としてはかなり躊躇していましたが。。。。

c0192962_00221614.jpg
自称高所恐怖症の長女が飛び込んだ時点で、
どうしよう〜
何で50を目前にしたおばさんが、こんな無茶なことしなきゃいけないんだ。
最後に取り残された私は、いささかの拒否反応を示したら、
周りのギャラリーから「You can do it」コールが。。。
お前らふざけんな、ボケ。と内心思いながらも、You can do it コールが収まらず。。。

c0192962_00221769.jpg
渋々ジャンプのアラフィフおばさん。
必死過ぎ。
ちなみに低い場所からのジャンプのオプションもあります。
c0192962_00221844.jpg
ストレスから解消された後は、ロープスイングではしゃぎまくる。


この時点が私たちの最終ポイント。
この後ランチを食べて、カワサン滝でバンブーボートに乗るというのが最終地点だったのですが、観光客で混み混みのカワサン滝に立ち寄る気にならず。
素通りして、ツアーはそこで終了してもらいました。
ここまでで十分楽しめました。
この秘境感の中、キャニオニング客しかいない渓谷で遊びまくった特別感。
カワサン滝は有名な地元の人たちにも人気の観光地なので、もちろん良いところですが、その上流はそことは比べ物にならないくらいの美しい遊び場でした。
このキャニオニングは私たち家族全員一致で、今回のセブ島旅行のベストアクティビティになりました♪

内緒にしたい秘境のアクティビティでした。




[PR]

# by bemnty | 2017-04-09 23:26 | Phillipines | Comments(2)
2017年 04月 07日

カワサン滝の上流でキャニオニング 前編

c0192962_19154779.jpg


セブ島でいちばん楽しみにしていたアクティビティのキャニオニング。
キャニオニングはベトナムのダラットで本格的な滝下りを体験済みだけど、セブ島のキャニオニングは滝下りではなくクリフジャンプがメインのよう。
こんなアクティビティはアラフィフ夫婦だけでは参加する気にもならないけど、子供が一緒なら楽しめる。
場所はモアルボアルから車で2、30分ほどの場所からスタート。
ツアーはモアルボアルの町のエージェントで1500ペソだったかと(3300円くらい)。
朝8時ごろだったか、ホテルに迎えに来てもらってツアースタート。

c0192962_19154835.jpg

キャニオニングを主催しているオフィスからバイクに乗ってオフロードの道を道が途切れる所まで走る。
これだけでもかなりエキサイティングです。
c0192962_19154978.jpg


車道終わった時点で徒歩で川まで下ります。
これがなかなか長かった。小1時間歩いたような。
c0192962_19155031.jpg


そして辿り着いた場所がこちら。
まさに秘境。
c0192962_19155045.jpg


そこからは泳いだり
c0192962_19155150.jpg


滝を滑り落ちたり
c0192962_19155242.jpg


洞窟のような所を歩いたり
c0192962_19155214.jpg


とにかく何処からの景色もアメージングで、川の水はきれいで温度も少し冷やっとするけど、気温が高いから丁度良いバランスで、マイナスイオンも受けまくりました。
c0192962_19155300.jpg
もう大きくなった子供達とこんなことしたりして、昔に戻った感じになったりして。
すっかり成長した子供達と一緒に遊んだキャニオニング。
後編はクリフジャンプです。





More
[PR]

# by bemnty | 2017-04-07 22:55 | Phillipines | Comments(0)
2017年 03月 29日

ネパールの後のシンガポール

ネパールはもちろんトレッキングメインだったのですが、今回ABCまで行けなかったので、その分トレッキング期間が短くなり、予定よりポカラとカトマンドゥでの滞在が長くなりました。
元々前回からカトマンドゥの町の印象は良くなかったのですが、今回合計で4日過ごした事になり、やっぱり居心地の良くない街の印象。
とにかく埃っぽい、街が汚い、ゴミだらけで整備されていない。
c0192962_10351619.jpg


そこがカトマンドゥらしくて良いという意見もあるかもしれませんが、あの埃だらけの環境では身体に良い筈がない。
経済問題云々があるのかもしれないけど、国民一人一人の認識が必要だと思えて仕方ない。

c0192962_10351728.jpg


そんなカトマンドゥでうんざりした後のシンガポール。
未来都市的なのは分かっているけど、尚更に都市計画の素晴らしさ、所々の清掃、整備にぬかりがないところが目に付いた。
c0192962_10351763.jpg


外のタイルをモップがけしているのには驚いた。
そこまで綺麗にするんだ。。。

毎朝、公園ではまるでリゾートホテルのように綺麗に隅々清掃されている。

私の時代の中学の英語の教科書では、シンガポールではゴミを道端に捨てると罰金がある、という題材で英語を習ったのが初めて触れたシンガポールだっただろう。
もう30年前以上のことだけど。

20年前以上に初めてシンガポールを訪れた際は、中途半端に都会で暑いだけで好きにはなれなかった。
それから15年くらいあけて再訪した際は、子供達と動物園に行って、シンガポール動物園の素晴らしさに感動し、結構楽しい所だったんだ〜なんて思ったっけ。
それから都市開発がみるみるうちに進んで、今では世界でもトップクラスの近代都市だろう。
50年前にマレーシアから独立した時に、シンガポールがこんな都市に発展するなんて誰が思ったことだろう。
きっと彼はそれを想像していたんだろうけど。
c0192962_10351825.jpg

リー・クワンユー、シンガポール建国の父。
ネパールにも彼のようなリーダーが必要だと思えてならない。
[PR]

# by bemnty | 2017-03-29 14:48 | Nepal | Comments(0)
2017年 03月 26日

2度目のアンナプルナ トレッキング

c0192962_11364239.jpg


ヒマラヤの山々に魅せられて、去年に続きアンナプルナ トレッキングをして来ました。
目指すはアンナプルナ ベースキャンプ(ABC)の10日間のトレックの予定だったのですが、何と季節外れの大雪と雪崩でABCがクローズに。。。。。
泣いても泣いても足りないくらい悔しかったけど、安全には変えられず、そして自然には逆らえず。
それでも1週間も山にいると、良い景色もたまには見れるわけで。
昨年のリベンジは出来ました。
それでもこの春の季節では25年ぶりの大雪となった、という時期に出くわすという運の悪さっぷりには我ながら落ち込みます。
体力作りは万全だったので、山から下りてきたときは物足りなさも感じたり。
と、グチってしまいましたが、アンナプルナ内院トレッキングは色んな道があって、楽し美し。
ゆっく無理しなければ誰にでも楽しめるヒマラヤトレッキングコースだと思います。
ただ、2度目の今回で学んだ事は、大雪や雪崩のリスクが少ない11月、12月がやはりベストなのかなと。
真っ白に輝くABCが見たかったので、この時期にしたのですが甘かったか!?
>
c0192962_20210869.jpg

何だかんだ言って、嬉しそうに飛び跳ねてる中年夫婦。
ABC、またいつか行けるまで死ねないな。

2週間のがっつりネパール旅行を終えて、後半戦はシンガポールから。
シンガポールなうです〜
[PR]

# by bemnty | 2017-03-26 19:43 | Nepal | Comments(2)
2017年 03月 12日

ホーリーフェスティバル in カトマンドゥ

ネパールに来ています。

c0192962_00005255.png
街中では「ハッピーホーリー!!」の連呼。
c0192962_08595251.jpg
カラフルな色の粉が所々で売っていて
c0192962_00063717.png
見知らぬ通りすがりの人に色の粉を塗りまくられます(笑)
c0192962_00103066.jpg
みんなハッピー。なんて楽しいお祭りなんだ。
c0192962_00121392.jpg
ダルバール広場の地震の復興状況は去年と変わらない感じでしたが。

c0192962_08584180.jpg
c0192962_08591996.jpg
ネパール、やっぱり素敵です。


[PR]

# by bemnty | 2017-03-12 23:58 | Nepal | Comments(2)