気ままにオージーLIFE

bemnty.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:BANGKOK ( 28 )


2015年 06月 14日

エラワンの滝

c0192962_1382993.jpg

カンチャナブリの観光スポットは数々あるのでツアーの参加するのが手っ取り早いが猛暑の中ツアーに組み込まれている象乗りなどはする気になれず、結局エラワンの滝にゆっくり行こうという事に。
ホテルのフロントでエラワンの滝までの交通手段を聞くと、カンチャナブリからエラワンの滝まではバスやソンテウも出てるらしいけど、便に限りがあってお勧めしないと、タクシーになるとチャーターでドライバーさんには駐車場で待っててもらう形になって1800Bだという。
結構いいお値段だけどダンナはバスだと酔うとかまた言ってるし、しょうがないか。

当日朝8時頃にドライバーさんに迎えに来てもらってエラワンの滝に向かいます。
エラワンの滝までは車では45分くらいでした。
エラワンの滝は7つの滝があって第一の滝から始まり、第七の滝までトレイルになっていて軽い山登りになります。
c0192962_1383082.jpg

駐車場でドライバーさんに待っててもらって、しばし歩くと第二の滝が見えてきました。
(第一は見逃した模様)
c0192962_1383150.jpg

朝早く到着したこともあり人影まばらの美しい滝に広い滝壺。
すでに気温は上がっていたので少し歩いただけでも暑く、水に浸かろうと思っていると
c0192962_1383276.jpg

かなり大きな魚がうようよ。
30cmくらいはあるドクターフィッシュと呼ばれる皮膚に角質を食べる魚。
足を水につけると魚が寄ってきて、足のあらゆる所を噛むんです。
そんな天然のドクターフィッシュはボルネオ島で体験済みだったので回避の仕方は分かっていたのですが(ひたすら水の中で足を動かして魚を寄り付かせないだけです)今回はアクアシューズを着用。
水の中では魚に足を噛まれないし、何があるか分からない水底でもガンガン歩けるし、何よりも靴の脱着をしないで滝壺に飛び込めるのが良いのだ。
c0192962_1383320.jpg

参考写真です。
おっさんの汚い足の上に場所も違いますが。
c0192962_1383414.jpg

これは第五の滝だったかな?
c0192962_138353.jpg

こんな風に滝滑りしたり出来ちゃうんです。
もちろん私もしましたよ、童心に帰って。
白い水着を着ていたので、お尻が茶色く汚れて大変なことになりましたけど(笑)
c0192962_1383615.jpg

これは第七の滝。
エラワンの7つの滝の1番上にある滝ですが、石灰の成分が混ざってるのかミルキーな水の色で神秘的でした。
c0192962_1383874.jpg

ウォータープルーフのカメラで撮った写真ですが水滴がレンズについててボケボケの写真ばかり。
第一から第七までそれぞれ違った滝で泳いだり打たれたりは童心に帰って楽しかった〜

トレイルを歩いては滝壺で泳ぎの繰り返しで最後の第七の滝まで暑さを忘れて快適なトレッキング&水浴び。
おっさんとばばあでもかなり楽しめましたが、小学生くらいのお子さんと行けたら家族みんなで楽しめるだろうな〜
c0192962_1383930.jpg

ひと通り見て遊んで第二の滝に戻ってくると人でいっぱいでした。
やっぱり朝早く到着した方が秘境感上がります。
ゆっくり第七の滝まで歩いて遊んで泳いで4時間くらいでした。
バンコクから日帰りで行くことも可能なようですし、お勧めスポットです。
[PR]

by bemnty | 2015-06-14 11:19 | BANGKOK | Comments(0)
2015年 06月 04日

クワイ川鉄橋と夕暮れディナー

c0192962_134790.jpg

カンチャナブリ到着後はあまりの暑さにプールに入ったりしてのんびり過ごし、少し涼しくなってきた夕方から行動開始しました。
c0192962_134899.jpg

ホテルの自転車を借りてカンチャナブリの街まで15分くらいと言うので行ってみることに。
が。。。。5分ほど走ったら暑さで嫌になり引き返す(笑)
c0192962_134959.jpg

そしてホテルから歩いても5分ほどのクワイ川鉄橋を見物。(チャリで来る必要もなかった)
c0192962_1341181.jpg

観光客が普通に橋を渡っていたりする。
c0192962_1341262.jpg

向こう岸まで渡ってみる。
もちろん戦場にかける橋のテーマソング歌いながら。
♫さる ごりら ちんぱんじー♫
小学校の運動会の行進曲だったような(昭和)
c0192962_1341465.jpg

すると電車が来たのでびっくり。
橋の上には人がいるのに電車が来たら避けて通行の邪魔にならないようにしてましたけど。
ま、電車もゆっくりと汽笛を鳴らしながらの通過でしたが。
と、とってものどかなクワイ川鉄橋でした。

ひと通り見物したし、思いがけず電車の通過も見れたし帰りますか。
とチャリを走らせていると、帰り道に川沿いのレストラン発見。
メニューを見せてもらいに入店して、そのままディナーろいう運びに。
c0192962_1341599.jpg

かなり大きなレストランで室内からアウトドアテラス席など色々あったのですが、お好きな席にどうぞって言われたのでフローティング席に。
ここほんとに浮かんでいるので、舟が通ったりすると揺れるんです。
でも景色は最高にきれいなのだ。
c0192962_1341660.jpg

たっぷり野菜とナムプリック
シェフお勧めのページから選択。
このナムプリック、めちゃめちゃ美味しかった〜
お魚がほんのり入っていて、程よく辛くて深いお味。
c0192962_1341796.jpg

野菜もたくさん食べれるしね。
ビールも進みます。
c0192962_134183.jpg

そして贅沢に大きなエビも注文しました。
プリプリでボリューミーだけどあっさり味付けで間違えなしの一品。
c0192962_1341987.jpg

辺りはまたワントーン色が深くなり、お料理は美味しいし最高〜
c0192962_1342072.jpg

そしてもう一品のジャングルカレー登場。
胡椒が枝ごと入ってて、まさにジャングルカレー。
スープカレーのようにサラサラしてる繊細だけど豪快なカレーでした。
c0192962_1342133.jpg

そして陽はすっかり落ちても良い雰囲気。
昼間の灼熱から解放されて、川風が心地よく
c0192962_1342216.jpg

地元の方たちなのか観光客なのか、いづれにしてもお客さんはほぼタイ人がだけあって美味しいお店に当たって大満足な夜でした。
c0192962_1342354.jpg

Keeree Tara Restaurant
トリアドにも載ってました。
宿泊していたU Inchantreeから2軒先でしたが
、もちろんチャリで帰りました〜

2日目のディナーはお隣のレストランへ
[PR]

by bemnty | 2015-06-04 23:51 | BANGKOK | Comments(0)
2015年 05月 24日

U Inchantree Kanchanaburi

c0192962_23462635.jpg

タイ4日目は午前便で帰る友人を見送ってからカンチャナブリに移動。
バンコクから車で2時間ほどらしいが、事前に何の手配もしていませんでした。
バンコクから水上マーケットを経由してエラワンの滝や象乗りなどのツアーもあったけど、2ヶ月ほど前に長女がそのテのツアーに参加したのだが、メインのエラワンの滝では時間を急かされて楽しめなかったというので今回はパス。
じゃあ車を手配しなきゃと思ってたけど、出来れば乗り合いのバンとかで安く済ませたかった。
結果から言うと「酔うから嫌だ」という理由で却下されチャーターカーで行く事に。
下調べではカンチャナブリまでB3000だったけど、ホテルで手配してもらってB2500だったのでお願いする事にした。

このドライバーさんが大当たりで主にバンコクやアユタヤなどで仕事されてるらしいのですが、愉快で話し好きでタイの情勢の事など教えてもらったりして移動中楽しかった。
途中ローカルの田舎食堂でランチに寄った時には、従業員全員に一緒に写真を撮ってくれとせがまれて、外国人というだけでスター扱いされて、どんだけ田舎やねんって感じでしたけど。

話しは飛んでしまいましたが、このドライバーさんがとっても良い方で良心的だったので、3日後の復路もバンコクから迎えに来てくれるというのでお願いしました。
その復路はカンチャナブリからバンコクのスワンナプーム空港に行って、空路でクラビだったのですが、時間余裕を持って朝出たにも関わらずバンコクの渋滞というものに遭遇し、危なくも間に合わなくなりそうになりましたが、バンコクを精通しているドライバーさんだったので抜け道小道を潜り抜け何とかギリギリ間に合ったのです。
これがカンチャナブリのドライバーさんだったら絶対間に合わなかった〜

と余談はこれくらいにして、カンチャナブリ戻ります。
カンチャナブリはエラワンの滝がメイン観光だったのですが、せっかくなので余裕を持って2泊3日にしました。
滝の他にももちろん戦場にかける橋や象乗りやタイガーテンプルやジャングルトレッキングなど、色々なアクティビティーはあるものの猛暑の4月って事で滝以外はやめておいて、ゆっくりのんびり過ごす事にしました。
なんせ予想通りにこの時は日中40℃にもなってましたから。
c0192962_23462792.jpg

宿泊先のU Inchantree は田舎町の洗練されたブティックホテルっぽくてクワイ川沿いで良さげだったのでここに決めました。
c0192962_23462811.jpg

ホテルの敷地から「戦場に架ける橋」が見えるんです。
c0192962_23462969.jpg

クワイ川が長閑でとっても良いんです〜
c0192962_23463060.jpg

大きくはないけれど、火照った体を冷やしてくれる快適なプールあり。
c0192962_23463293.jpg

木陰でボッと川を眺めたり読書をしたり
c0192962_23463318.jpg

こんな所で冷たいものを飲んだり
c0192962_2346342.jpg

敷地には緑がいっぱいで居心地の良い空間でした。
c0192962_23463747.jpg

レセプションに
c0192962_23463963.jpg

宿泊棟。アパートみたい
お部屋は。。。。。
c0192962_23464091.jpg

狭っ。
ほんと狭すぎで写真が撮れないくらいなんです。
c0192962_23464189.jpg

と言いことでHPから写真を拝借。
部屋も狭かったけどバスルームも狭かった。
どう写真を撮ってもどアップになってしまって。
パブリックスペースが素敵なだけにほんとに惜しい。
c0192962_23464399.jpg

でも夕方には
c0192962_2346448.jpg

クワイ川を彩る美しい夕焼けショーの絶好のポイントなのです。
[PR]

by bemnty | 2015-05-24 22:32 | BANGKOK | Comments(0)
2015年 05月 17日

まるごとバンコクDay Tour

Day Tour って言ってもツアーに参加したわけでも何でもないです。
バンコク2泊3日で初バンコクの友人のための1日の記録。
c0192962_13133231.jpg

まずはホテルの朝食からスタート。
前日早朝バンコク入りで終日出っぱなしだったので、翌日はゆっくり起きて朝食。
その後はワットポーに観光を予定。
ダンナは何度もワットポー訪問しているのでパス。
ランチ場所のマンダリンオリエンタルで待ち合わせする事にして、女子組は出発。
時間は9時半頃だったかな。
ホテル前でタクシーに乗り込んで、あっという間にワットポー。
日曜日だったけど、また例のプチ詐欺師のおっさんに「ワットポーはセレモニーがあって午後からしか開かないからフローティングマーケットに行こう」とか勧誘されるも、問題なく通過。
やっぱりワットポーは開いていたし。
c0192962_13133410.jpg

私も3度目のワットポー。
思ってたより空いていて、一周見て回っても1時間もかからず。
ランチの時間には早過ぎるし、スーパーでお土産を買いたいと言う友人の希望のもあり、時間もあるしサイアムに行く事に。
c0192962_13133523.jpg

ボートに乗り込みサーパンタクシンまで行って、その後はBTSでサイアムまでと思っていたが。。。。
c0192962_13133654.jpg

途中にYODPIMAN RIVERWALK なるものを発見。
ここにスーパーあるんじゃないの??
と根拠もないのにとっさに下船。
何でも出来たばかりで店舗もちらほら入ってるだけでした。
これからなんでしょうね。
裏側にはフラワーマーケットがあるというので行ってみる。
c0192962_13133880.jpg

なるほど、お花ばかりのマーケット。
c0192962_1313394.jpg

色鮮やかな南国の花に癒されるも、目指すはスーパーマーケット。
グーグルマップで近くにショッピングセンターがないかと探し、タクシーを拾ってここに行ってとグーグルマップを見せる。
c0192962_13134043.jpg

何と着いた所は中華街だった。
グーグルマップを見ると私が指定した場所はヤワラートとなっている。
ショッピングセンター表示するなよって感じだけど、思いがけずのサンペーレーン。
相変わらずごった返していたけど、この日はここで買うものは無いし。
ざーっと歩いて回ってるともうランチの時間に。
またタクシーを拾ってマンダリンオリエンタルに向かおうとするが、何台かのタクシーにマンダリンオリエンタルが分かってもらえず。
バンコクで1番有名なホテルじゃないの???
結局オリエンタルホテルで分かってもらえました。
確かに昔からオリエンタルホテルだしね。
c0192962_13134180.jpg

相変わらず優雅に迎えてくれる天下の素敵ホテル。
ダンナとロビーで無事合流し、チャイナハウスで飲茶ランチ。
c0192962_13134219.jpg

前回と同じサンデーブランチでしたが、値上がりとオージードル安の為前回ほどのお得感も2度目ということで感動も薄れてましたけど、ダンナと友人は喜んでました。
c0192962_13134364.jpg

特に友人はあの映画の影響で感動してた様子。(たまたま写ってる方は中尾彬さんではありません)
c0192962_13134444.jpg

そしてマンダリンオリエンタルのボートに乗り込みサーパンタクシンへ行って、今度こそサイアムへ。
バンコクの中心地のサイアムを見せなきゃね。
ま、行き先はBIG Cだけど。
中国人買い物客が買いあさってるものに習ってお土産買ってましたけど(笑)
トムヤンクン味のプリッツとか、今流行りのココナッツオイルとか。(写真なし)
c0192962_13134527.jpg

その後はホテルへ戻ってプールでリラックスしたりして、夜になってからカオサンへ。
c0192962_13134658.jpg

ホテルからトゥクトゥクですぐのカオサン。
バックパッカーの聖地なんて言うけど、欧米観光化された街という印象。
半野外のパブで大音量の音楽の中で飲むみたいな。
お土産や衣料が夜遅くまで買えるってのは良いけど。
c0192962_1313479.jpg

ストリート足マやったり、ご飯食べたりしました。
c0192962_13134810.jpg

ホテルに戻ってからはバルコニーで最後晩餐。(って昼の画像ですが)
トムヤンクン味のプリッツをつまみに持参の箱ワインで乾杯してバンコク最後の夜が更けるのでした。

と、こんな具合に凝縮された1日。
2泊3日でもかなり楽しめたようで良かったです♫
[PR]

by bemnty | 2015-05-17 12:01 | BANGKOK | Comments(0)
2015年 05月 06日

ディナー@ sala rattanakosin

c0192962_141935.jpg


バンコクと言えばチャオプラヤ川越しに眺めるワットアルンでしょ。
ってことでワットアルンの景色を楽しみながら優雅にディナーと思い、計画して見つけたのがこちらのsala rattanakosin
夕暮れ時に川風に涼みながらワットアルンを眺めてのディナーなんて素敵じゃないですか。
しかし、こちらは大の人気店。
予約は1ヶ月くらい前にメールにて問い合わせましたが、希望のリバーサイドの席は埋まってしまってるとの返事を頂きましたが、直ぐにキャンセルが出たので用意出来るとの連絡が。
何でもリバーサイドに席の予約は今年中埋まってるとか。って本当かな??

バンコクでの連絡先はまだ番号がないからメールにてお願いしますと言ったところ、バンコクに着いたらリコンファームの電話を入れる事と予約の6時間前に電話がない場合はキャンセルと見なすとか、予約時間から30分経ってもこない場合はキャンセルと見なすとかって、うるさい事言われました。
バンコクに着いて空港でSIM買って電話は使えるようにはなったのですが、すっかり忘れてて焦りました。
予約時間の6時間前くらいに電話しましたけど(汗)
c0192962_14899.jpg

夕方、ホテルのプールで涼みながらリラックスしてましたけど、ダンナと友人を急かせてディナーに向かいます。
Riva Suryaからはトゥクトゥクで15分くらい。
やっぱりトゥクトゥクは風が当たって気持ち良い。
sala rattanakosin は The Deckのお隣でした。
c0192962_14915.jpg

通された席は本当にリバーサイド。
何の境もなしにワットアルンの景色を独占。
残念ながら修復中らしかった。
c0192962_141135.jpg

バンコク合流に乾杯〜
c0192962_141092.jpg

どんどんお料理も運ばれてきました。
メニューにはロブスターのサラダってあったけど、ああこれねって。
あとは揚げ魚のお料理。
c0192962_141260.jpg

こちらはシーフードのレッドカレーだったかな。
お料理はどれも繊細されたレストランテイストのタイ料理で美味しかったです。
お値段もこの場所の割にはリーズナブルなのではないかと思いました。
c0192962_141338.jpg

そうこうしてる間に日は暮れていき、ワットアルンもライトアップ。
c0192962_141478.jpg

この景色を見ながらのディナーなんて贅沢過ぎます。
c0192962_14166.jpg

ここはバンコク。
また来れた事に感謝。
c0192962_141729.jpg

こちらがテラス席。
特にリバーサイドでなくても十分景色と雰囲気を楽しめると思います。

そして、こちらのお手洗いは2階にあるとの事で階段を上って行くと
c0192962_141852.jpg

こんな光景が。
こちらの席もテラスのリバーサイド席と甲乙つけがたい素敵なお席ですね〜
うーん、でも私はお外で風に涼みながらのディナーは格別でした。

バンコクの素敵ディナーでした。
[PR]

by bemnty | 2015-05-06 22:13 | BANGKOK | Comments(0)
2015年 05月 03日

Riva Surya Bangkok


今回のバンコクの目的のひとつのウィークエンドマーケットに行った後は、荷物を預けていたプルマンに戻ってホテルの移動です。

東京からの友人は初バンコクだったので、観光に便利な川沿いのホテルを選びました。
こじんまりした小綺麗なホテルが希望だったので、このホテルはぴったりでした。
c0192962_12395682.jpg

お部屋はリバービュー♡
Deluxe Riva Room
c0192962_12395775.jpg

チャオプラヤ川ビューの広いバルコニー付きです。
夜はこちらで宴会してました。
c0192962_1240737.jpg

反対側のヴューはこちら。
c0192962_12395858.jpg

広さは40m2と十分な広さで居心地が良かったです。
c0192962_1239591.jpg

バスルームはバスタブはありませんでしたが、広くて使いやすかったです。
c0192962_1240040.jpg

プールは小さいながら川沿いにあるので開放感があります。
c0192962_1240254.jpg

4月の猛暑のバンコクだったので、プールに入る気がなかった友人も何年か振りにプールに入ってました(笑)
c0192962_1240379.jpg

この日陰のベットに横なると、都会にいながらリゾート気分です。
c0192962_1240435.jpg

緑も多くて開放感があって、ゲストのみなさんもリラックスしてます。
c0192962_1240593.jpg

場所はカオサンに近く、歩いても行けるようでした。
ワット ポーや王宮にもタクシーやトゥクトゥクで15分ほどだし、船着場もすぐそばでした。
ホテルの前のはちゃんとした両替所もあるし、コンビニの歩いてすぐの場所にあったので便利でした。

ちょっと予算オーバーだったのですが、Wotifというサイトで30%offで他のサイトよりも格安だったので大丈夫かな??と思いながらクリックしてしまったのですが、問題なかったです(笑)
シドニーの会社みたいですね。

レセプションのお姉さん達もとっても親切だったし、大満足でした♪

c0192962_1240636.jpg

ついでに朝食も。
朝食は宿泊費に込みではありませんでしたがB350とリーズナブルでした。
こじんまりしたビュッフェタイプでした。
[PR]

by bemnty | 2015-05-03 12:13 | BANGKOK | Comments(2)
2015年 04月 25日

始まりはプルマン バンコク キングパワー

c0192962_13223931.jpg

バンコク初日はビクトリーモニュメント付近のプルマンキングパワーに宿泊しました。
合流する友人より1日早くバンコク入りし、翌日早朝にスワンナプーム空港に友人を迎えに行く予定にしていたので、空港にアクセスが良い場所と思ったんですけど、結局タクシーで空港に行ったのであまり意味がなかったのかな!?
でも、友人到着後にはウィークエンドマーケットに行く予定にしていたので、そちらへのアクセスは良し。

その他にダンナの好物のタイの屋台が連なるビクトリーモニュメントにも期待していたのですが、数年前とはすっかり変わって飲食の屋台がめっきり減っていた。
何でもライセンスのない屋台の取り締まりに厳しくなったとかで、かつての活気もなくなりちょっとガッカリでした。
c0192962_1322411.jpg

衣類の出店が多く賑わってはいました。
c0192962_13224214.jpg

BTSのビクトリーモニュメントからプルマンに行く道にはこんな感じで屋台はそこそこ出てました。
c0192962_13224345.jpg

c0192962_1322442.jpg

イモトがよく食べてる虫系の屋台も。
c0192962_13224521.jpg

こんなところで今回初のタイ飯を頂きましたが、ちょっと求めてたものと違ってガッカリ。
c0192962_13224742.jpg

翌日、無事に友人と合流出来てホテルでの朝食後ウィークエンドマーケットに出掛け、その後はプルマン付近に戻りマッサージをしました。
あの辺りではタイマッサージが200バーツからありました。
そしてやっと重い朝食が消化できたというところでランチに入ったお店が大ヒット。
c0192962_13224848.jpg

イカのサラダやら
c0192962_13224912.jpg

ソムタム、コームヤーン
c0192962_13225036.jpg

生海老のナンプラー漬けやら
c0192962_13225118.jpg

空芯菜にヤムウンセンに昼からビールをみんなご機嫌♪
4月の猛暑のバンコクの半野外で食べるタイ飯とビールは格別でした〜

肝心なお店の看板を撮るの忘れてしまったのですが、プルマンの出口を出て通りを挟んでほぼ目の前です。
似たようなお店はいくつもあったけど、そこはいつもお客さんでいっぱいでした。

で、タイトルになってるプルマン キングパワーの写真がひとつも無いのですが。。。。
お部屋も広いし、BTSの駅から歩いてもわけなく、シャトルのトゥクトゥクも出てるし便利でした。
ウィークエンドマーケットが近いのも良いしお手頃で美味しいイーサン料理のお店は周辺に沢山あるし、マッサージ屋さんも選び放題で良かったです。

そうそう、プルマンのバーでミスユニバースのパーティがあるから貸切って書いてあったので、パーティが始まったころ覗きに行ったんです。
c0192962_13225218.jpg

うぉ、やってるやってるって。
するとミス ジャパンも登場。
着物らしき物を着てるけど着物ガウンみたいに着てて、お顔もエキゾチック。
c0192962_13225363.jpg

よく見るとミスアメリカもミスエジプトもみんな東洋人だし。
って、結局オネエのミスユニバースごっこパーティだったんですけど。
ユニバースどころか全員タイ人。
c0192962_13225564.jpg

みんさんお綺麗ですけど、ちょっと違う雰囲気で。。。。
c0192962_13225640.jpg

ミス タイはマツコ系のオネエさんでした。
こんなところでもタイに来た〜ってテンションアップでした(笑)
[PR]

by bemnty | 2015-04-25 11:57 | BANGKOK | Comments(2)
2015年 04月 19日

アクティブ タイランド

c0192962_11212990.jpg

今年のイースターは久々のタイに行ってきました。
バンコクでは東京からの友人と合流し、都会を満喫。
その後はバンコクから車で2時間半ほどのカンチャナブリに移動して2泊してきました。
カンチャナブリではエラワンの滝がメインでした。
エラワンの滝も予想以上に楽しんできましたが、「戦場にかける橋」の舞台になった橋の周辺のクワイ川の雰囲気が凄く良くて、すっかり気に入ってしまいました。

カンチャナブリの後はバンコクの戻り国内線でクラビへ。
5年ぶりのクラビは前回行けなかったライレイに3泊して来ました。
陸地でありながら巨大な石灰岩に塞がれているため、舟での出入りしかできない島のような場所なので、食事の場所などはどんなもんかと思ってましたが、ローカルのレストランはたくさんあって美味しいタイ料理も満喫出来ました。
そしてライレイと言えばロッククライミング。
あり得ないと思いつつも、4日もいると出来るんじゃないかと思ってきてしまい年甲斐もなく挑戦して来ました(笑)
その他崖を登り下りしてラグーンに行ったり、カヌーで海に出たりとアクティブに久しぶりのタイを満喫して来ました。

またダラダラの記録になると思いますが、どうぞ宜しくお願いいたします(*^_^*)
[PR]

by bemnty | 2015-04-19 10:47 | BANGKOK | Comments(4)
2012年 12月 10日

VEI HOTEL BANGKOK

c0192962_035220.jpg


バンコクでのホテルはVEI HOTEL BANGKOKでした。
c0192962_035133.jpg


BTSのラチャテウィ駅の目の前の立地なので、空港からはエアポートレールリンクでパーヤタイ駅までノンストップのエキスプレスで行って、パーヤタイ駅でBTSで乗り換えてたった一駅で最寄りのラチャテウィ駅なので、便利でした。
でも、駅にはエスカレーターがなかったので、大きなスーツケースを持っていた友人は大変でした。
が、か弱そうに見えたのか、「持ちましょうか?」とその大きなスーツケースを変わりに持って階段を下りてくれた方に助けられました。
ちなみに私は自力でスーツケース持って下りましたけどσ^_^;
コップンカー

そうそう、VEI HOTEL ですね。
c0192962_034829.jpg

こちらがお部屋、ふふふスイートですよ。
c0192962_034921.jpg

スイートである必要もなかったのですが、3人一部屋にするとスイートの選択しかなかったので。
VIE DUPLEX 2 BEDROOMS SUITEでした。
c0192962_035088.jpg

間取りはこんな感じ。
2階と1階にオンスイートが一部屋ずつ。
c0192962_035344.jpg


そして、広いリビングが嬉しかった〜
良い写真が全くなかったので、全てサイトから拝借しました。
c0192962_035597.jpg

ベッドルームと
c0192962_035421.jpg

窓からの眺め。
BTSが目の前。
プールは別棟にあったみたい。
こんな天気なので行かなかったけど。

友人の社員割引でとってもお得に泊まれましたよ。

そうそう、バンコクからチェンマイに移動で空港までのタクシーをベルボーイ呼んでもらう際の話。
朝のラッシュの時間だったのか、タクシーが全然来ない。
前の大通りでは空車っぽいピンクタクシーは見えるんだけど、何故かなかなか来ない。
私たちの前に待っていたビジネスマン風の方は怒ってBTSに乗ると言って行ってしまった。
30分ほど待って、いい加減に限界。
飛行機に乗り遅れてしまうからって、自力で通りまで出てタクシーを捕まえに行くと言うと、やって来た黄色いタクシー。
荷物を積んで、さぁ急いでと言って出してもらおうとすると、メーターにはしないと言う。
400バーツ。腑に落ちないけど、時間がないので出てもらった。
考えてみると、ホテルから乗ったタクシーは黄色いタクシーだったので、ホテル側とタクシー会社が契約してるんでしょうね。
会社が限定されているから、混んでるときはなかなか捕まらない。
出掛ける時間が分かっていたら、前日にでも予約していた方が良さそうですね。
[PR]

by bemnty | 2012-12-10 01:12 | BANGKOK | Comments(0)
2012年 12月 09日

ワットポーとThe Deck

c0192962_12552455.jpg

マンダリンオリエンタルで素敵ランチの後はワットポーへ。
ワットポーは2度目だけど、やっぱりこの巨大な寝釈迦さまには圧倒されるし、この微笑んでいるようなお顔に癒される。
c0192962_12552555.jpg

20バーツでおさい銭用の小銭を買って、108つの壺の中に用意されたおさい銭を、一枚一枚願いをこめながらいれて行く。
ちょうど108つ入れきれたらラッキーだとか。
私は3枚くらい足りなかったけど、十分ご利益があるような気になりました。

予約を入れていた「The Deck」に行く時間には早すぎたので、ワットポー内でフットマッサージを受けてみた。
タイマッサージの総本山らしいけど、う〜んって感じ??

c0192962_12552627.jpg

マッサージ後は歩いて「The Deck」へ。
暁の寺のサンセットがみたかったけど、残念ながら小雨が降ってきたくらいだから、サンセットはやっぱり無理。
c0192962_12552740.jpg

でも、ライトアップされたワットアルンは美しい。
正面に見える立地の「The Deck」の人気も分かる。

そんなこんなしていると、落雷を伴う激しい雨が降ってきた。
バンコクでは雨には降られたけど、観光中は何とか傘要らずでラッキーだったかも。

この後はサイアムパラゴンの地下でお土産を物色したり、フードコートでご飯を食べたりして結局閉店近くまで居座った。

またまた、長い一日だったな。
[PR]

by bemnty | 2012-12-09 12:09 | BANGKOK | Comments(0)