カテゴリ:Japan( 17 )


2016年 07月 30日

日本の夏

c0192962_17583180.jpg
今年で1番下の息子も高校卒業。
最後の冬休みを利用して家族で日本旅してきました。
日本の夏はほんと久しぶりですが、贅沢に避暑地の軽井沢のお友達のお別荘にお世話になったり、白馬に移動して山登りを楽しんだり、夏祭りに花火大会、久しく会えなかった友達と再開したり、もちろん日本の美味しいものを満喫してきました。
登った山は黒班山、離山、白馬岳は中腹の大雪渓、唐松岳。
白馬の山々ではちょうど高山植物が咲き乱れていて、とてもきれいでした。
日本の山は素晴らしい〜
白馬から新潟県に糸魚川市まで足を延ばし、手のひらサイズの牡蠣を食べたり、名物の蟹や、新鮮な魚介類をたくさん食べたり。
もちろん東京ではお買い物三昧。
家族みんな大満足の日本旅行になりました。
またいつか山登りに、今度は紅葉の時期に行きたいななんて目標も出来ました♪
皆様も引き続き日本の夏をお楽しみくださいね。

[PR]

by bemnty | 2016-07-30 18:27 | Japan | Comments(4)
2015年 12月 13日

東海自然歩道 高雄から嵐山へのトレッキング

c0192962_09345238.jpg
紅葉見頃であろう京都旅。
何処に行ったらい良いものかと色々と調べましたが、その時期はどこも混雑が激しいらしい。
お寺巡りも良いけど、静かに歩きながら紅葉を楽しめたらな〜
と、辿り着いたのが「東海自然歩道」11月下旬に行かれた方のレポでは景色が素晴らしかった。
コースは高雄から嵐山までの10kmほどの道のり。
当日お天気にも恵まれ、東京を朝早く出て京都に着いたのは10時頃だったか?
京都から花園まで電車で出て、花園から高雄まではタクシーで。
11時には高雄の神護寺へ到着出来ました。
c0192962_10130605.jpg
せっかくだから神護寺さんでお寺参り。
c0192962_09374663.jpg
こちらもその時期には紅葉が素晴らしいとのことでしたが、見頃は終わってしまったようでした。
c0192962_09392838.jpg
それでも所どころに風情ある景色が。
c0192962_09384217.jpg
こんな神秘的な池?もあったり
c0192962_09414707.jpg
かわら投げスポットから錦雲峡眺める
c0192962_09422676.jpg
この素焼きのかわらを錦雲峡に向かって投げて厄を払うらしい。
c0192962_09425320.jpg
おっ、なかなか上手に出来ました。
c0192962_09442091.jpg
散ってしまった落ち葉も風情がありますね。

c0192962_09453769.jpg
今年はまだらだって聞いてたけど。。。。
c0192962_09461888.jpg
ひと通り拝観したら石段を下って行きます。
この石段は400段と結構な運動です。
c0192962_09535543.jpg
トレッキング開始前にちょっと休憩。
c0192962_09505557.jpg
紅葉そば。
c0192962_09523500.jpg
腹ごしらえした後は神護寺さんの石段を降りてすぐ右手にこんなサインが。
c0192962_09581473.jpg
川沿いを歩き始めます。
c0192962_09590083.jpg
歩き始めてすぐにこんな風景が
c0192962_09593829.jpg
高雄から清滝だそうです。
c0192962_10385936.jpg
京都の街中から少し離れただけなのにこんな風景。
c0192962_10393446.jpg
こんな景色を見ながらのトレッキングってほんと気持ちいい〜
娘も「so pretty 〜❤️」って興奮してました。
c0192962_10414484.jpg
こんな景色、パースでは見れないもんね。
c0192962_10462560.jpg
ただひたすら川沿いを歩いて行くだけだけど、景色が素晴らしいので全く飽きないんです。
c0192962_10470938.jpg
水もほんとにきれい。
c0192962_10494861.jpg
紅葉をもう少し見れるかな?って思ってましたが、そちらは期待はずれ。
早かったのか遅かったのか?
c0192962_10504106.jpg
そうこうしてるうちに清滝に到着。
途中こんな看板が所どころあるので安心ですね。
一本道だし迷ったりしませんでした。
c0192962_10533060.jpg
ここは愛宕山登山口付近かな?
c0192962_10563073.jpg
この辺りも紅葉がきれいって聞いてたのに。。。
c0192962_10552697.jpg
そしてまたまたひたすら歩きます。
c0192962_10582344.jpg
するとトンネル発見
c0192962_10591307.jpg
吸い込まれるように進んでいくが。。。
ここで間違えちゃったみたいなんです。
ほんとは奥嵯峨野の方に出たかったのに〜
c0192962_11005090.jpg
保津峡に出てしまった。
c0192962_11015613.jpg
引き返そうと思ったけど、トロッコの保津峡駅があったのでトロッコに乗ってみることに。
c0192962_11044447.jpg
この時期鬼さんがいるらしい。
この鬼さん、素顔は世良公則ふうで男前でしたよ(内緒)
c0192962_11070495.jpg
予定外のトロッコだったけど
c0192962_11080199.jpg
景色もそれなりに楽しめて良かったです。
ま、時期的に混んでましたけど。
c0192962_11095052.jpg
あっという間に嵐山到着。
竹林は凄い混みようだった。
渡月橋まで歩いたけど、どこも混雑がすごくてクラクラしました。
天龍寺さんが紅葉見頃だったけど、人混みに酔ってしまって見てこなかったけど今となってはちょっと後悔。

と、こんな京都途中下車でした。
紅葉狩りは消化不良だったけど、東海自然歩道は最高に楽しかったです♪



[PR]

by bemnty | 2015-12-13 11:17 | Japan | Comments(4)
2015年 11月 29日

秋の母娘旅

c0192962_22572756.jpg
野暮用で一時帰国することになり、短い期間でしたが久しぶりに秋の日本を楽しんできました。
旅のお供は次女で、彼女の希望で大阪のUSJまで足を延ばしました。
東京では連休中だった為、念願の皇居ランに挑戦したり、
神宮前の銀杏並木を見に行ったり、もちろんお買い物三昧したり。
東京から大阪の途中では紅葉の見頃の京都で途中下車。
紅葉を楽しみながら東海自然歩道を静かにトレッキングをしてきたのですが、
目的地の嵐山に出た時は人の多さにクラクラしました。
USJでは念願のハリポッターのライドでも乗り物酔いにクラクラしましたけど。
やっぱり日本は食べ物は美味しいし、美しいですね〜
また豪遊出来るように一生懸命働きたいと思います。

[PR]

by bemnty | 2015-11-29 23:25 | Japan | Comments(4)
2014年 11月 05日

嵐山

友人が京都に行きたがっていた理由と言うのが、鈴虫寺に行きたいということ。
鈴虫寺っ何?何処??
から始まったのですが、どうも嵐山周辺にあるらしい。
目的は早いうちに達成しちゃいましょう。ってことで、初日は嵐山に。
嵐山周辺で1日過ごすつもりだったので、嵐山でのランチは必須。
調べていると、屋形船ランチってのがあるらしい。
ちょっと良い感じだったので、1時で予約。
早朝に関空到着だったけど、ディレイがあるかも分からないし、時間に余裕をもって予約しましたが、何もかも予定通りにいけましたので、ランチまでの時間は嵐山周辺の観光。
目的地は渡月橋だったので、嵐山の駅から向かったのは竹林の小径。
c0192962_235039.jpg

噂には人が多過ぎる割には大したことないよと聞いていたが、まだ時間が早かったためか思った程混んでなかった。
そして期待してなかったのが良かったのか、私的には良かったです。
思ったより長かったし。
そして竹林の小径を通り天龍寺へ。
c0192962_235253.jpg

何が何だか分からないまま、天龍寺は通過(苦笑)
その後は長辻通でお土産の試食をしながら渡月橋へ。
c0192962_235313.jpg

雑誌やテレビで見たことのある風景。
さすがに風情あります。
そして次に向かったのは渡月橋から100m先にある船着場に。
食事付き遊覧船1時間コースを予約しました。
食事は選べて、私たちは姫弁当3500円。
予約は2名様からということでしたが、来てみたら何と貸し切り船だったのです。
c0192962_235474.jpg

こんな大きな屋形船に2人だけで贅沢過ぎってか恐縮してしまうくらい。
c0192962_235559.jpg

お天気は良過ぎるくらいで日差しもカンカンだったけど、屋根がある船なので心地良い川風が入って来て快適過ぎる。
ちなみに飲み物は持ち込み可で、途中で冷たいビールを買っていたので、京都での女子旅に乾杯〜
この時のビールは最高に美味しかった〜
c0192962_235684.jpg

夜は京料理の予約をしていたので、控えめなお弁当。
十分過ぎるくらいでしたけど。
このお弁当が付いて、1時間の船頭さんと船の貸し切りでお1人様3500円!!
前日までシンガポールで1杯2200円のビールは飲んでないけど、目のあたりしてますからね。
何てお値打ちなの〜
c0192962_235922.jpg

お弁当食べながらビール飲んで、この景色ですよ〜
緑が深い季節も良かったですが、やっぱり紅葉の季節が素晴らしいらしいです。
冬の雪景色も情緒あって良いそうな。
湯豆腐を頂きながらなんてオツですね。
春は桜も見えるそうです。
c0192962_2351177.jpg

船頭のお父さんにガイドをしてもらいながら、ゆっくりと何とも贅沢な屋形船ランチでした。
ほんとは内緒にしたいくらいですけど。


さて、ほろ酔い気分ではありましたが、今回のメインイベントの鈴虫寺へ。
渡月橋からバスに乗って鈴虫寺へ。
c0192962_2351277.jpg

15分ほどで到着。
苔寺の近くらしいです。
鈴虫寺って始めて聞いたけど、調べてみると願い事が叶うという有名なお寺らしい。
c0192962_235142.jpg

いつも混んでるらしいのけど、この時も結構並んでました。
c0192962_2351593.jpg

何でもこちらのお地蔵さまはわらじを履かれてるそうで、願い事を叶えにあなたの元へと足を運んで下さるそうです。注*願い事はひとつだけです。
c0192962_2351634.jpg

そしてこちらのお寺では住職の説法を聞かせていただけるのです。
説法と言っても漫談を聞いてるような楽しくて為になるお話でしたので、退屈になりませんでしたよ。
思いの外、鈴虫寺楽しかったです。

こんな具合での初嵐山、最高に楽しめました。
また紅葉の季節の来てみたいです。
[PR]

by bemnty | 2014-11-05 23:04 | Japan | Comments(4)
2014年 10月 31日

王道京都旅

c0192962_2023229.jpg

きっかけは東京に住む親友ちゃんが「京都に行きたい」って言っていたのを思い出したから。
彼女は中高の修学旅行は京都には行かなかった為、京都未踏だったのだ。
私は2度目だけど、記憶に薄くほぼ初めて。
そんな私たち京都旅行なんだから、王道の修学旅行コース。
タクシーで移動中には運転手さんに「先生ですか?」なんて言われちゃって、先生なんて言われた事ないんで間違えただけにしろ、ちょっと嬉しくなっちゃいました。

嵐山では渡月橋の上流を優雅に屋形船ランチ。
ちょっと暑い日でしたが川の風が気持ち良く、美しい景色に美味しい食事にビールを堪能。
貴族になった気分でした。

夜は祇園の京料理のお店で食事をしてると、思いがけず舞妓さんが挨拶に来てくれたりして、芸能人に会ったみたいにテンションアップで大盛り上がりでした。

2日目は、伏見稲荷、三十三間堂、清水寺から京都らしい景色を見ながら八坂神社へ。
そして錦市場にも行ってと、まさに王道コース。
初心者ながら京都を大満喫して来ました。

c0192962_2023358.jpg

今回ホテルは三井ガーデンホテル 新町別邸。
京都らしい町屋を改造したホテルだそうで、モダンながらに和のテイストがあって心地良かったです。
c0192962_2023579.jpg

四条駅からちょっと歩くけど、新しくてきれいで、お部屋もそこそこ窮屈じゃなくて、女子旅にも快適でした。
c0192962_2023617.jpg

このホテルを選んだ1番の理由はお風呂。
せっかく遥々日本に来てるのだから、大きなお風呂に入りたい。
ここのお湯は炭酸泉でシュワシュワで気持ち良かったです〜
c0192962_2023822.jpg

そして、朝食が美味しいんです。
おばんざいって言うんですか。
朝から幸せ気分でした。
朝食付きでひと部屋2名で13000円位だったので、大満足でした。
また是非泊まりたいと思えるお宿でした。
[PR]

by bemnty | 2014-10-31 19:38 | Japan | Comments(2)
2014年 08月 18日

星野リゾート 界アルプス その2

すっかり月1更新になってしまってますが、後回しになりっぱなしの4月に滞在した「星野リゾート 界アルプス」の続きです。

c0192962_16282086.jpg

旅館の楽しみの豪華なお夕食♪
c0192962_16282156.jpg

界アルプス名物の雪鍋です。
アイデアもの。
特許とってますか?って聞いちゃいました(笑)
c0192962_16281871.jpg

お品書きはこちら。
デザートに至るまで幸せいっぱいに美味しくいただきました。

もう、お腹いっぱいで動けない〜って、夕食後仮眠(笑)

その後は。。。

c0192962_16282216.jpg

何とお餅つきのアクティビティです。
このお餅つきは毎晩行ってるそうですよ。
c0192962_16282386.jpg

スタッフにピックアップされた人がお餅つき体験できます。
私もやる気満々の顔してたんですけどね、指されませんでした。
c0192962_16282533.jpg

お餅つきは初めての息子くん。
普段はカッコつけなお年頃なんですが、喜んでやってました。(笑)
c0192962_16282685.jpg

あんなにお腹いっぱいだったのに、つきたてのお餅つきは別腹で美味しくいただきました〜
お餅つきは毎晩行われるそうで、夏の間はお外の土間で行われるそうですよ。
田舎の家に帰ったときのようなおもてなしに、老若男女、日本人にも外人さんにも喜ばれると思います。
実際、外国育ちの子供たちもダンナも大盛り上がりでした。
こんな所がさすがの星野リゾートなんだな〜と感心しました。

c0192962_16282744.jpg

そして夜も朝もゆっくり温泉に浸かって、極楽な旅館滞在。
c0192962_16282889.jpg

今度は朝食♪
こちらでは釜戸でご飯を炊いているそうです。
c0192962_1628299.jpg

至福の旅館朝ご飯。
ほんとに幸せいっぱいの気分になります。
旅館万歳、日本万歳です。

c0192962_16283067.jpg

すっかり星野リゾートのファンになってしまいました。
またいつか何処かの星野リゾートに泊まってみたいな。
バリにも建設中のようですね。
そちらはお高そうなので、女子旅で行きたいな〜(笑)
c0192962_16413259.jpg

ちなみに大町の4月20日前後は桜はまだ5分咲き位でした。
さくら祭り中だったので、満開を期待してたのですが。
GWが見頃だそうです。
c0192962_16413370.jpg

標高が高いので桜の開花は遅いんですね。


c0192962_16413574.jpg

安曇野まで下りると満開でした(2014年4月20日前後)
[PR]

by bemnty | 2014-08-18 16:27 | Japan | Comments(6)
2014年 07月 04日

立山黒部アルペンルート 4月下旬

c0192962_18495826.jpg

すっかり季節外れになってしまった、ゴールデンウイーク前の立山アルペンルートの記録を。

今回の長野旅行ではこちらの立山アルペンルートはメインだったものの、景色がメインの山ということで、お天気が悪かったらきっぱり諦めようと思ってたところ、当日はこれ以上ないってくらいの晴天に恵まれ迷わずゴーということに。

私達は長野県の大町に泊まり、翌朝に車で扇沢まで行ってそこで車は駐車し、扇沢で目的地の室堂までのチケットを買いました。
c0192962_1850024.jpg

目的地の室堂までの道のりはこんな具合。
今回は富山県側の最終地点までは行かないで、この季節限定で見れる雪の壁がある室堂までの往復にしました。
扇沢から黒部ダムまではトローリーバス。
c0192962_1850134.jpg

黒部ダムに到着。
こんな大自然の中に50年も前に作られた日本一のアーチ式コンクリートダム。
苦難を極めたダム建設工事の映像化は色んな形で見ていたので、一度実際に来て見たかった場所。
c0192962_1850294.jpg

長い間立ち止まり見入ってしまう。
c0192962_1850327.jpg

黒部湖はうっすら凍ってました。
c0192962_1850469.jpg

今度はケーブルカーで更に上にあがります。
c0192962_1850541.jpg

ケーブルカーからはこんな壮大な景色が。
この年になって、こんなに美しい山の景色は初めて見ました。
それにしてもこんな大自然の中にケーブルカーを作るなんて、改めて感心です。
こんなに長い距離間なのにケーブルを支えるポールが一本もないのにも感心。
その辺のおばさんみたいに「凄いね〜」を連発してました。
c0192962_1850645.jpg

ちなみにケーブルカー内はこんな感じ。
行きはそれ程混んでませんでしたが、帰りはそれなりに混んでました。
c0192962_1850992.jpg


ケーブルカーの着地点の黒部平からの景色は圧巻。
どこからどう見ても美しい景色。
カレンダーの写真のような景色がパノラマに広がりうっとり。
スイスやカナダまで行かなくてもこんな美しい山が見れるなんて、日本ってほんとに素晴らしい。
c0192962_18501043.jpg

平坦でドライなオーストラリア育ちの子供たちも山々と自然の美しさに感動していた模様。
c0192962_18501131.jpg

そしてまたトロリーバスに乗って目的地の室堂へ。
これが雪の壁。
最高地点では高さ15mにもなる積雪を掘って道を作るという。
地元では雪を見ることもない私たちは、その積雪と雪の壁の凄さに感動。
c0192962_18501278.jpg

標高2390mまで乗り物を乗り継いで来れてしまうってのも凄いですね。
ー3度とのことでしたが、風もなくお天気が良くて紫外線が雪に反射して暑いくらいでした。
c0192962_18501324.jpg

スノーエンジェルを描く息子くん。
日本に行くと雪が見たいと言われるので、過去の数回はスキーに行っていたのですが、イースターの時期だと4月になってしまうのでスキー場の雪質はあまり良くなく、それでなくてもみんな下手なので前回の北海道のスキーで娘たちからは「もうスキーには行きたくない」と言われていたので、今回はスキーではなくても雪と戯れられるこの場所にテンション上がってるようでした。
c0192962_18501431.jpg

こんな写真撮ってみたりしてはしゃいでました。
c0192962_18501563.jpg

もらったパンフレットを見てみると、軽いトレッキングコースもあるようなので、せっかくだから行ってみようと。
みくりが池周回コースは1時間ほどで、池の水面には立山が映り出せれるらしい。
お天気もいいし、きっと美しい景色を見れるに違いない。
c0192962_18501626.jpg

パンフレットのこんなイメージ写真を想像して雪道を歩いて行くと
c0192962_18501748.jpg

そうだよね、雪に覆われてあるわけないよね。
c0192962_18501745.jpg

一面銀世界。
c0192962_18501813.jpg

暑い〜。って、お嬢はついに半袖になってしまう。
標高2390m、➖3度だったらしいですけど。
c0192962_18501948.jpg

さぁ、この坂を登り切ったら1時間のスノートレッキングをほぼ終了。
c0192962_18502014.jpg

スキーより楽ちんだし、素晴らしい景色を見ながらゆっくり歩いて楽しめる立山黒部アルペンルート、みんなのお気に入りになりました。
4月から6月にかけての雪の季節も素晴らしかったけど、いつか新緑や夏、そして紅葉の季節にも来てみたいと思いました。

ちなみに私達は個人で行きましたが、他はほぼグループツアーだったようで、個人用の乗り物ゲートは空いていて待ち時間はほぼありませんでした。
しかし、98%はツアーでその90%は海外からのツアーだったようです。
立山黒部アルペンルートはインターナショナルでしたよ〜
[PR]

by bemnty | 2014-07-04 21:22 | Japan | Comments(8)
2014年 05月 23日

星野リゾート 界アルプス

c0192962_11508.jpg

長野旅行は数年前から考えていたのですが、4月末という時期的なこともあって立山アルペンルートの開通ということもあり、その玄関口になる大町温泉郷の温泉旅館を探していたところ、何かとメディアで目にする星野リゾートの温泉旅館があるということが分かり、きっと高いんだろうな〜と思いつつ調べてみると、星野リゾートにしては格安なんではないかと思う価格設定で、それでも予算オーバー気味ではあったけれども贅沢して話題の星野リゾートのホスピタリティを体験してきました。
界 アルプス
c0192962_115161.jpg

もともとあった旅館を星野リゾートが経営しているらしく、旅館自体はオーソドックスなこじんまりした純和風の温泉旅館です。
c0192962_115295.jpg

でも、何だかワクワクするような門構え。
c0192962_115366.jpg

門をくぐると土間あり。
この土間が良いんですよ〜
すっかり囲炉裏ファンになっちゃいました。
c0192962_115436.jpg

とっても落ち着く純和風建築を見入る。
まともな玄関、ロビー等の写真がないのですが、チェックインの時に細やかな説明や食事の好き嫌いやアレルギー等を聞いて聞いてくれるのですが、次女が天ぷらは食べ過ぎてちょっと食べたくないとか、長女は蕎麦はもういいとか、そんな我儘も聞いてくれました。
c0192962_115561.jpg

お部屋は至ってシンプルな和室。
10畳+広縁。
鏡台があって便利でした。
c0192962_115650.jpg

温泉饅頭はこちらで温めて食べれるそう。
こんなきめ細やかなサービスがにくい。
c0192962_115799.jpg

バスルームにはこんな可愛い風呂敷が。
c0192962_115935.jpg

トイレタリー入り。
この風呂敷、いろんな風呂敷の結び方の説明書付きでお持ち帰り可。
しかも人数分あったので、幾つかはお土産にしました。
c0192962_12079.jpg

お部屋で少々寛いだ後は、土間の囲炉裏で蒸し野菜が用意されてるというので、お邪魔しました。
c0192962_12120.jpg

かまどの中では熱々のお芋が蒸しあがってます。
これにバターをつけて食べるのがお気に入りらしく、みんな夕食が食べれなくなるんじゃないかってくらい喜んでたくさん食べてました。
c0192962_12243.jpg

囲炉裏には山芋が蒸しあがってます。
お味噌をつけて食べました。
c0192962_12388.jpg

ビールも冷えてますよ〜(こちらは有料だと思います)
c0192962_12469.jpg

こちらでは桜茶をいただきました。
c0192962_12518.jpg

温かくて居心地が良くて、家にも欲しくなってDIY得意のパパに作って〜と言ったものの、やっぱりいらんわ、七輪で十分。
でも、このどこか懐かしい雰囲気が最高なのです。
c0192962_12663.jpg

土間パーティーで盛り上がった後は、お楽しみの温泉♪
こちらの写真は誰もいなかった檜の朝風呂の写真ですが、夕方はレモンを浮かべての檸檬風呂に自由に飲める地酒まで置いてあって極楽風呂です。
お風呂に入りながらの日本酒は私にはちょっとヘビーだったので、お猪口一杯で十分でしたけど、とっても贅沢した気分でした。
そして温泉の温度も低めで長湯が出来る絶妙の温度で、置いてあったプラスチックの本をざっくり読みながら露天風呂を満喫してきました。

と、初っぱなからハートをぶち抜かれた、界アルプスの滞在ですが、長くなりそうなので続きは次回にしますね。
[PR]

by bemnty | 2014-05-23 01:01 | Japan | Comments(0)
2014年 05月 10日

戸隠奥社

c0192962_2103442.jpg

今回の長野旅行は東京から軽井沢に入り、戸隠、大町、安曇野、松本に行って最後は河口湖に泊まり東京へ戻ると言う4泊の旅でした。

ほんとは軽井沢からスノーモンキーの地獄谷、戸隠、白馬、立山アルペンルート、安曇野、松本城、高遠城址公園でお花見と予定してたのですが、実際行けたのは軽井沢、戸隠、立山アルペンルート、安曇野、何故か松本でお買い物と富士山は車窓から眺めるという結果になりました。

初日は軽井沢に一泊して、軽井沢からは長野に向かい戸隠へ。
長野と言ったら善光寺なんだろうけど、何故かとっても戸隠に惹かれたので。

戸隠神社は五社あって、ゆっくり歩いて5社を周って見たいけど、今回は子供たちの気力と体力が伴ってないだろうと、奥社のみで。
c0192962_2103966.jpg

奥社参道入り口の大鳥居。
この近くまでは車で来れます。
ここから奥社まで往復1時間くらいだそうで、ちょうど良いお散歩。
c0192962_2104111.jpg

と言っても、4月の半ばでも雪が残っていて滑らないように歩くのは結構体力を使う。
c0192962_2104334.jpg

ようやく随神門へ。
こちらはちょうど中間地点です。
c0192962_2104576.jpg

随神門を抜けると樹齢400年を超えるという杉並木道。
高く真っ直ぐ伸びていて、とっても神々しい。
この杉並木道が1km弱続いています。
c0192962_2104727.jpg

所々、雪がとけているところも。
こうして見るとやんわりだけど山道だったのね。
c0192962_2104833.jpg

いつもいちばん遅いのはこの人。
運動オンチ子ちゃん。
c0192962_2105089.jpg

ようやく見えてきた戸隠奥社。
しかし、この辺りはまだ雪がたくさん残ってる。
c0192962_2105188.jpg

戸隠神社の御本社。
戸隠山の山麓に位置し周囲の山々に抱かれて佇んでいる。
きちんとお参りしてきました。
c0192962_2105239.jpg

行の上りもキツかったけど、帰りの下りも気が抜けません。
急な雪道に滑り転ぶ長女。
こちらは雪の下は階段になってるようですね。
この頃は雪の滑り台状態でしたが。
c0192962_2105476.jpg

残り雪の季節も良かったけど、新緑の季節や夏も良いだろうな。
この参道の周りは戸隠森林植物園といって5月中旬頃からは水芭蕉でいっぱいになるそうです。
c0192962_210556.jpg

さて、いっぱい歩いた後はもちろん名物の戸隠蕎麦。
色々お店はあったけど、大鳥居前のお店でいただきました。
c0192962_2105766.jpg

王道の天ぷら蕎麦と
c0192962_2105886.jpg

鴨南蛮。
本場の手打ち蕎麦、美味しゅうございました〜
c0192962_2105932.jpg

こちらのお蕎麦もお店の雰囲気も景色のも良かったのですが、従業員さんたちがとってもフレンドリーで色々とお話しさせていただけたのが一番印象的ですね。
やっぱり新緑の季節が一番好きだとおしゃってました。
またゆっくりと来て歩いてみたいなと思いました。
c0192962_211086.jpg

「蕎麦処なおすけ」さんですね。
戸隠、とっても素敵なところでした。
[PR]

by bemnty | 2014-05-10 02:09 | Japan | Comments(0)
2014年 05月 05日

プルート

c0192962_2063691.jpg

今回はランドとシーをハシゴ出来たので大満足(*^^*)

ランドを散策中にグーフィー発見。
c0192962_2063893.jpg

数年前のこんな写真があったのを思い出して、成長した子供たちと一緒に写真を撮ってもらおうと「グーフィー!グーフィー!一緒に写真撮って!」

c0192962_2064016.jpg

今、写真をよく見たらプルートだった。
思い込みが激しいお年頃。
ごめんね、プルート
[PR]

by bemnty | 2014-05-05 19:55 | Japan | Comments(4)