気ままにオージーLIFE

bemnty.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:Borneo( 18 )


2017年 08月 31日

ボルネオ島

c0192962_23101092.jpg



いつか行きたいと思ってた、ボルネオ島サンダカンからのツアー、タートルアイランドとキナバタンガン川のジャングルクルーズ。


数年前に行ったボルネオ島ダナンバレーの時には見れなかった、天狗ザルがキュートでした。


タートルアイランドでは亀の産卵と卵を保護し孵化させて、その産まれた子ガメを海に返してあげるプログラムを満喫しました。


海とジャングルを大満喫して、やっぱりボルネオ島LOVE❤️


今度は都会に。。。シンガポールに移動です。


今年3回目のシンガポールです。




パースに帰ると日常生活が忙しく、なかなかブログを書けないので、旅行中にボルネオ島旅行記アップ出来ると良いのですが。



[PR]

by bemnty | 2017-08-31 14:25 | Borneo | Comments(0)
2012年 03月 09日

コタキナバル国際空港

コタキナバルの空港にはターミナル1とターミナル2があります。
ターミナル1の方は2008年に出来た綺麗で立派なターミナルでした。
c0192962_23375836.jpg

ラハダトゥに行ったときはマレーシアエアライン(子会社だったと思いますが)だったので、
こちらのターミナル利用。





そして我が家のお決まりエアアジアなどのLCC系は古い方のターミナル2。
c0192962_23592058.jpg

このターミナル古くて小さい!完全に差別されてます。
KL行きを待ってたんですけど、私たちの便より後の時間の便が先に来たんですよ。
ちょっと焦って、場所間違ってるのかとスタッフに聞いてみたら、発着はここしかないから間違えないと。
↑の写真のように飛行機を前づけして乗り降りします。
降りたらすぐ乗るみたいな感じでしたが、掃除してたのかな??
機内は汚くなかったですけど、停留時間も短くてすぐ飛びました。
ほんとバスみたい。

ま、でも今までエアアジアで飛行中に怖い思いをしたことがないしエアアジアLOVEですけど(笑)
[PR]

by bemnty | 2012-03-09 20:12 | Borneo | Comments(0)
2012年 03月 07日

ル・メリディアン コタキナバル

c0192962_22373521.jpg

ダナンバレーの前後2泊はコタキナバルのル・メリディアンでした。
街中でアクセスの良い安心できるホテルということで選びました。
前泊は夜着で早朝出発とほとんど寝るだけだったのですが、後泊は最終日でフライトが4時ごろだったため、
クラブラウンジ特典の2時までのレイトチェックアウトができるので、クラブラウンジ利用のお部屋に。
上の写真はクラブラウンジの写真です。
高層階といっても12階とかだったと思いますが、そこからの海の眺めは真下のごちゃごちゃした街並みが見えずにいい感じです。
c0192962_22471043.jpg

お部屋は至って普通、そんなに古くもないと思いますが、海の目の前だから傷みが早いのでしょうか。
手入れが行き届いてる感は感じられませんでした。
c0192962_22511226.jpg

バスルームも普通です。広さはあったんですけど。
c0192962_22521340.jpg

バスタブと別にシャワーブースもあったのですが、壊れてました。
c0192962_22541776.jpg

こんな椅子もありました。
テレビは写すの忘れたようなのですが、フラットタイプだっやと思うのですが、
写りは非常に悪かったです^^;一応NHKも見れました。
c0192962_22571254.jpg

お部屋からの眺めはマーケット。
目の前がマーケットでした。
この日は大晦日の日でコタキナバルでも年越しの花火があるとの情報は手に入れたのですが、
何処でがという情報は入手できず。
きっと海辺でするだろうと、勝手に想像して予約したお部屋ですが、実際は丘の方で花火が上がるとか。
ホテルから少し歩けば見れますよと言われたのですが、そこまでしても見たいとは思わず、
映りの悪いNHKの行く年来る年を見ながらの年越しでしした。
c0192962_2342889.jpg

朝食はクラブラウンジで。
c0192962_2352730.jpg

種類は少ないかな。でも旅行最終日ともなると、ビュッフェには飽き飽きしてたので私的には問題なし。
c0192962_2372646.jpg

こんなもんしか食べてないのか?
c0192962_2381852.jpg

でもラテは美味しかった。滞在中何度もいただきました。
c0192962_2395495.jpg

ついでにプールも。
シティホテルなので、それほど大きくないプールです。
そして何と南国と思っていたコタキナバル、年末のこの時期は涼しくて水の中に入る気がしなかった。
c0192962_23123799.jpg

それでもリゾートしようと心がけてみるが・・・・・
目の前はマーケットなんですが、雨季の季節物ドリアンがマーケットに大流出。
しかも海辺の街なので、海産物の干物系が売ってるんですよ。
その生臭いのとドリアンの匂いが外の何処にいても臭ってきて、とてもリゾート気分にはなれませんでした^^;

コタキナバルはやっぱりリゾートホテルでしょうかね。
でもリゾートホテルでは年末は3泊からとかになっていて、1泊だけは難しかったし、
大晦日にはガラディナーとかもあって、予算オーバーだったしやっぱり無理だったので仕方ないか。

昼間、街歩きもしてみたのですが、あの匂いには慣れることができずに30分もしないうちに退散してしまいました。
結局お部屋でカウチホテトになってしまった元旦かな。

そしてこの元日、こちらのホテルではカードキーのシステム障害で大パニック状態でもありました^^;
[PR]

by bemnty | 2012-03-07 20:12 | Borneo | Comments(0)
2012年 03月 05日

コタキナバルのお楽しみ

コタキナバルはダナンバレーの前後に1泊づつ、計2泊しました。
滞在は両日とも「ル・メリディアン」でした。
両日とも夜着だったので、コタキナバルではほとんど何もできなかったのですが、
夜ごはんは名物のシーフードを食べましょうということで、シーフート・オン・パレードです。
c0192962_2394696.jpg

ホテルのスタッフに聞いて美味しいシーフードのお店へ。
ホテルのほとんど目の前のお店で、こちらはシャコのガーリック炒め。
コタキナバルでは基本的に水槽から選んで調理してもらうみたいです。
メニューにも冷凍物はちゃんとそのように表記してありました。
初めてこのスタイルでいただきましたが、シャコが甘くてガーリックにとっても合う!
シーフドのお店での定番になりそうです。
c0192962_23204965.jpg

こちらはお魚のスチームです。
お醤油が少し甘かったけど、新鮮なお魚にはシンプルが一番!
c0192962_23221550.jpg

定番の空芯菜。
それほどお腹がすいてなくて、夕飯はいらないかなって思っていたほどですが、ペロっといってしまいました。
これで¥4000くらいだったかな。

c0192962_23244047.jpg

こちらは別の日に別のレストランで。
やっぱりホテルのスタッフのお勧めでホテルから徒歩10分くらいでした。
大晦日の日で混んでたけど、なんとか予約なしでも入れました。
c0192962_23262540.jpg

何故かオーストラリアン・マッドクラブに目がつく。
c0192962_2327246.jpg

パースでは高級すぎて食べれないカニだから、やっぱりこれにしよう。
何故かコタキナバルの方が全然安い。
一人1匹づつと思ったけど、多過ぎるとお店の人に止められた^^;
c0192962_2330674.jpg

ペッパークラブにしてもらいました♪
c0192962_23305575.jpg

赤貝、大好き♪
c0192962_2333491.jpg

スズキを揚げてもらいましたが、やっぱりスチームが良かったな。
c0192962_23341564.jpg

お決まりの空芯菜。
これで¥7000くらいでした。
安いんだか高いんだかって感じですが、パースで食べるよりも遥かに安いので満足です。

c0192962_2336821.jpg

ホテルの目の前はマーケットでした。
夜遅くまで賑やかでした。
c0192962_2337150.jpg

野菜や果物、海が目の前なので鮮魚までもありました。
屋台もたくさんあったのですが、さすがのbemnty家もここで買い食いはちょっとキツい^^;
匂いの方も「the 東南アジア」的な・・・・・・コタキナバルの夜
[PR]

by bemnty | 2012-03-05 20:12 | Borneo | Comments(4)
2012年 03月 01日

最終日のトレッキングと雨の日の過ごし方@ダナンバレー

c0192962_2134542.jpg

夜中に目を覚ますくらいの大雨だった前夜でしたが、何とか雨は上がったようです。
c0192962_21373435.jpg

起しても起きなかったので、息子くんは置いて予定通りに早朝トレッキングに出発しました。
c0192962_2139652.jpg

またすぐにでも降りそうな空。
この日初めてガイドのポールさんがヒルソックスを履いていました。
雨上がりにはヒルは活発になるとか。
c0192962_21415730.jpg

動物たちもすぐに降り出すであろう雨に警戒してか、前日の朝よりも静かだったような。
20分くらい歩いてるとポツポツと降り出し、瞬く間に大雨に。
大雨に濡れながら来た道を急いで戻りました。
その途中、ヒルに噛まれる被害が多数発生。
ダンナのお腹には2匹のヒルが血を吸って巨大化してました^^;
その後何とかロッジに戻りましたが、その日夕方のフライトでコタキナバルに戻る予定までに、
チュービング(チューブで川下り)をする予定でしたが、この雨で今日のアクティビティは全部無理だろうとのこと。
前日にチェックインした人たちが結構いたので、その人たちが2日目のアクテビティが全部中止なんて、ほんとに気の毒。
実際、この日はひどい雨でロッジの前の川幅がみるみるうちに広まっていた。

c0192962_21541327.jpg

何もすることがないので、ゆっくりお風呂にでも入ろう。
元々全く期待していなかった露天風呂。
予想に反してお湯の出もいいし、熱いお湯も出ました。
c0192962_21564554.jpg

雨水が溢れるx2
c0192962_2158315.jpg

雨見風呂。

c0192962_22264670.jpg

ロッジの売店で買った、ボルネオ動物の本とお水の詰替ボトル。

ここでダナンバレーのお天気のことを。
私たちが滞在した年末はダナンバレーでは雨季に当たるそうです。
きっと暑くてジメジメしているんだろうと、覚悟はしていましたが、
実際、昼間のトレッキング中も思っていたよりは暑くもなく、それほどジメジメもしていなかったです。
ガイドさんに聞いたところ、最も暑いのは乾季と言われてる6月から9月頃だそうです。
乾季といってもここはレインフォレストだから雨は降るんだよと。
そういう意味では今回は運良く中日にはお天気に恵まれ、ほんとにラッキーでした。

事前にマラリアやテング熱を媒介する蚊にも少し調べたのですが、ダナンバレーでは殆ど報告されてないとのことで、予防注射などもしていきませんでした。
実際、蚊もほとんどいなかったように思います。

熱帯雨林でも日中部屋にいる分にはエアコンがなくても、それ程暑い思いをすることもなく、
朝晩は少し寒いくらいになり、蚊もいないなんて、それはそれは快適でした。

c0192962_2215784.jpg

さて、男たちは何をしてるのかというと・・・・
c0192962_22161118.jpg

ヒル遊び^^;
私の靴下に付いていたヒルで遊んでいます。
c0192962_22172589.jpg

吸わせてみたり^^;
c0192962_2218399.jpg

同じ物体とは思えないくらいに伸びてます。

今回トレッキングをご一緒した方の一人がドクターだったので、ヒルの医療利用について教えてもらいました。
毒性もなくほとんど無害だそうで、大昔からヒルは医療の役に立っているとか。
そんな話を聞くと見かけは確かにグロいが、何だか愛おしくも思ってくる。
今回ヒルに噛まれることはなかったが、せっかくだから肩に溜まった血でも吸ってもらえばよかったと思ったりも。
と、変人ぶり全開ですが^^;引きました?


あまりにも暇だったので、息子くんと撮影大会。
c0192962_22284871.jpg

                             by mama
c0192962_22304363.jpg

                             by son
c0192962_22313010.jpg

                             by mama
c0192962_22323419.jpg

                             by son


そんなこんなしてるうちに、お別れの時間に。
スタッフに見送られて「ボルネオ・レインフォレスト・ロッジ」を後にしました。


c0192962_2234109.jpg

帰りの飛行機からキナバル山の山頂が。
c0192962_22354895.jpg

ダナンバレーでは大雨だったけど、コタキナバルではお天気だったようです。
2011年最後のサンセット。


こうして改めて思うとやっぱり、原生林のジャングルでの野生動物に出会えたことや、夜の森の中での虫や動物たちのけたたましいほどの音など、五感を通じて体験できたことはとても貴重なものとなりました。
今となってはせっかくだったので、ダナンバレーとは別の場所になりますが、無理をしてでもスカウ辺でリバークルーズも行けばよかったとちょっぴり後悔です。
[PR]

by bemnty | 2012-03-01 20:12 | Borneo | Comments(2)
2012年 02月 29日

DAY2 ナイト・トレッキング@ダナンバレー

ダナンバレー滞在2日目の最後のトレッキングはナイト・トレッキング。
夜行性の動物を見つけに行くトレッキングです。
夜のジャングルはガイドさんの話もよく聞こえないくらいに騒がしいが、真っ暗なため何も見えない。
7人+ガイドさんの計8人行動だったけど、一人だったら怖くてきっと半狂乱になってると思います。
でも心強いガイドさんと仲間たちがいたので、怖いどころかジャングルの動物や虫たちの合唱も楽しむことができました。

街灯などもちろんない森の中ですから、各自が持参している懐中電灯のみが頼りのナイトトレッキング。
こんなに暗い中、プロのガイドさんは夜行動物を探し当てるものです。

暗闇の中で野生動物をカメラに収めるのは私のカメラと技術ではとても無理でしたので、
何とか撮れた動かない虫たち^^;
c0192962_15242129.jpg

木にとまっていたタランチュラ。
手のひらサイズでした^^;
タランチュラというと猛毒のイメージがありますけど、タランチュラの毒による死亡例は知られてないらしいです。
そう言えば昼間のトレッキング中にいくつか胴体のないタランチュラの死骸を見かけました。
鳥に食べられてしまうそうです。
タランチュラ食べて鳥は大丈夫なの??って感じでしたけど、毒性は弱いみたいですね。
確かに見かけはグロくて近寄りたくないですけど^^;
オーストラリアでも猛毒のレッドバックという毒蜘蛛がいますけど、
ほんとに普通にその辺にいます。
やっぱり噛まれたら怖いので、見かけたら退治しますけど、動作がとってもスローなので退治率100%です。
c0192962_1625281.jpg

カマキリみたいな昆虫。やたら大きかったです。

こんな止まっている昆虫しか撮れませんでした。

見れたものは他に、ジャコウネコ数匹とカエルかな。

動物探しよりも夜のジャングルを体で感じるトレッキングでした。

こんな感じで2日目のトレッキング計4本。って聞くとキツそう~ってイメージですけど、
実際は昼間のビューポイントまでの山歩きは多少キツかったくらいで、
他はお散歩程度のトレッキングなので全然OKでした。

程よく運動するのでご飯も美味しく食べれるし、何よりもお天気に恵まれたことに感謝です。  
[PR]

by bemnty | 2012-02-29 20:12 | Borneo | Comments(0)
2012年 02月 27日

ディナー@Borneo Rainforest Lodge

c0192962_2340324.jpg

毎回同じレストランで食事をしてると、自然といつも同じ席に座ってしまいます。
この日は恐らく初日のディナー。
初日は夜のアクティビティはナイトサファリで歩かなくてもよかったので、ビールを飲みました。
アルコールが入ると眠くなってしまうので、ナイトトレッキングのときには飲めません。

c0192962_23494564.jpg

基本的にランチもディナーもお料理は差ほど変わらないのですが、
夜はBBQをしてくれます。

c0192962_23535125.jpg

ビュッフェのお料理に

c0192962_23554246.jpg

デザートも。


c0192962_2347293.jpg

ジャングルの中ということを忘れてしまいそうな素敵な空間です。
[PR]

by bemnty | 2012-02-27 20:12 | Borneo | Comments(0)
2012年 02月 25日

DAY2  本日3本目のトレッキング@ダナンバレー

c0192962_22545533.jpg

2泊3日のダナンバレーでの滞在の中日の2日目は、丸一日びっちりトレッキンブでした。
2本目の長いトレッキングの後、ランチを食べてからお部屋でゆっくりして、
日が傾きかけた頃に3本目のトレッキングに出かけます。

↑の写真の赤いサインは、この木の上でオラウータンが観測されたという印。
番号にも意味があると思いますが、よく分かりません。
この赤いサインは森の中でたくさん見かけました。

この時は日が暮れ始めて森の中は賑やかになってきたものの、音は聞こえるけと姿が見えずで、
歩けど歩けど一向に動物の影はなしでした。

そしてやっとガイドさんが見つけたものは・・・
c0192962_2385847.jpg

トカゲの一種??

野生動物はフラッシュにびっくりして凶暴になったりすることがあるので、
基本的にフラッシュを焚くことを禁じられています。
でもこのトカゲにはガイドさんからフラッシュのOKがでたので、
c0192962_2313735.jpg

ハリウッド版GODZILLA!?
この方フラッシュ焚いても瞬きひとつしなかったんですけど。
眩しくないんでしょうかね?
ってか、全然動きませんでした^^;
c0192962_2314479.jpg

調子に乗ってもう一枚
しっぽ長っ。

こんな感じで収穫少なめにロッジに戻ったのですが、すると・・・・
c0192962_23165364.jpg

レッドリーフモンキー
何だ、こんなに近くに・・・
c0192962_23203131.jpg

赤い毛がふさふさで美しいお猿さんです。

このお猿さんが敷地内の木をつたって暫く遊んでいたので、スタッフが部屋にいるゲストに教えてあげて回っていました。

c0192962_23244320.jpg

慌てて出てきたゲスト。
お風呂に入っていたのかな(笑)
[PR]

by bemnty | 2012-02-25 20:12 | Borneo | Comments(2)
2012年 02月 23日

Lunch@Borneo Rainforest Lodge

c0192962_1730544.jpg

いっぱい歩いた後はお腹がペコペコ。
レストランでランチをいただきます。
c0192962_1735835.jpg

クレイポットにお肉やらお魚やら色んな種類のお料理が並んでいます。
マレー・チャイニーズっぽい味付けだったと思います。
c0192962_17382756.jpg

デザートはかわいい一口サイズです。
c0192962_17395120.jpg

この日はガッツリいきましたね~
どれも食べやすい味付けで美味しかったです。
c0192962_17413822.jpg

そしてこちらではパスタとハンバーガーをその場で作ってくれます。
c0192962_17424755.jpg

ハンバーガーをオーダー♪
c0192962_17434345.jpg

焼けるのを待ってる間に写真写真。
c0192962_17443745.jpg

フルーツもあります。
c0192962_17452760.jpg

サラダバーからとったコールスローも挟んで、マイハンバーガー♪
c0192962_17464137.jpg

そしてパスタも♪
c0192962_1748145.jpg

そして日本語を勉強中のスタッフくん。
いつも笑顔でサーブしてくれました♪
[PR]

by bemnty | 2012-02-23 13:17 | Borneo | Comments(8)
2012年 02月 21日

DAY2 View Point と Jaccuzzi pool @ダナンバレー

c0192962_0483470.jpg

ダナンバレー2日目、朝食後は本日2度目のトレッキング。
このトレッキングは滞在中いちばん長い4時間半のトレッキングでした。
トレッキングのバディを見つけた息子くん、しばらく一緒に歩いていました。
c0192962_23261562.jpg

息子くんの腕に止まっているバッタ系のバディ。もちろん飛んで行ってしまいましたが^^;
c0192962_23354963.jpg

さぁ、トレッキングに出発です。青空が見えてお天気もいい♪
c0192962_23373052.jpg

ジャングルの中はマイナスイオンいっぱいでした。
c0192962_23404666.jpg

途中ガイドさんの話を聞いたり
c0192962_23442193.jpg

ボルネオの珍しい植物を観察したり
コケの一種らしいです。
キノコに見えますがとても硬くて、足をのせて体重をかけてもビクともしません。
c0192962_2347242.jpg

鳥を見つけたりしながら
c0192962_23485536.jpg

こんな道をひたすら歩いていきます。
c0192962_23531815.jpg

そして道はさらに険しくなり
c0192962_23544813.jpg

やっと目的地が近づいてきました
c0192962_23553751.jpg

山の上のビューポイント。
下に見えるのが宿泊している「ボルネオ・レインフォレスト・ロッジ」です。
c0192962_013252.jpg

そして今度は下って行って、昔このあたりに住んでいた先住民の方のお墓に向います。
c0192962_071210.jpg

あの高いところに400年も前の先住民のお墓が見つかったらしい。
実際人骨も剥き出しになってましたが、写真はもちろん撮ってません^^;
c0192962_011523.jpg

さっきから上にギボンがいるとガイドさんが言ってるけど、とてつもなく高い木の上にいるのでなかなか見えない。
どうも3匹いるらしい。
*ボルネオギボン(ミューラーテナガザル)は最も姿を見ることが難しい動物です。
もともと個体数が少ないうえ、地上30~40mの葉が多い茂る樹上で暮らしているためらしいです。
でも歌うことが好きで朝のジャングルではギボンの歌声が響きわたります。
c0192962_02234100.jpg

ベストショット♪目が合った^^w
c0192962_0292915.jpg

そしてまた歩き、最終目的地のジャグジープール
c0192962_0303834.jpg

あった~(嬉)
c0192962_0313761.jpg

汗だくで歩いてきたから、まさにオアシス。
c0192962_0324562.jpg

冷たくてこんな顔してるわけではありません。
c0192962_0334924.jpg

ちょっと見にくいけど、分かりますか?
このプールには皮膚の角質を食べてくれる「ドクターフィッシュ」がいるのです。
しかも15cmくらいの大物ばかり^^;
足を入れるとすぐに集まってきて噛み始めるので、これじゃ泳ぎたくても泳げないよ~って。
大丈夫。動いてると寄ってこないそうです。
c0192962_0381422.jpg

冷たいけど気持ちいい~
この気持ちよさは汗だくで歩き続けた人にしか分かりません。
c0192962_0411760.jpg

一緒のグループのオランダ人のご夫妻。
途中、もう無理かなって思ったけど、最後まで頑張りました♪
c0192962_0454313.jpg

ジャグジー・プールそこはオアシスでした。


こんな具合で4時間半のトレッキング終了。充実感いっぱいでした~
[PR]

by bemnty | 2012-02-21 00:56 | Borneo | Comments(0)