カテゴリ:Singapore( 31 )


2014年 10月 27日

ラッフルズ インクって何処なのよ

c0192962_0423817.jpg

ラッフルズホテルのメインの棟、ロビーやTiffin Roomレストランなどがある棟の裏手に高い椰子の木が立ち並ぶ、パームコートがある。
建物よりも高く育った椰子の木にホテル歴史感じます。
それにしても、ほんとに美しい建物です。
c0192962_0424018.jpg

そんなパームコートを囲っているお部屋がパームコートスイート。
ラッフルズと言えば、このカテなんでしょうね。
著名人の名前がついたスイートルームは別として。
c0192962_0424176.jpg

そしてこちらがおそらく裏手の中庭を囲んだお部屋のカテのコートヤード スイート。
ランプが美しい、そして床がピカピカ。
と、私たちが泊まったラッフルズインク ステイト ルームというカテはこの広いホテルの中何処にあるのだろうと、ずっと気になってました。
c0192962_042424.jpg

手前がメイン棟で向こう側に見えるのがラッフルズインクの棟。
1階はパブリックスペースでビジターも出入りできるけど、レジデンス オンリーのプライベートスペースはメイン棟の1階からはわざわざメインのエレベーターに乗って、そこからまたいちいちエレベーターに乗り替えなきゃいけなかったので面倒でした。
建物内は迷路みたいで、何度も迷子になりました。
ちなみに部屋からプール行くのも3回エレベーターを乗り換えます。
c0192962_0424456.jpg

部屋からプール行くのに、またはプールから部屋に帰る時に通る廊下。
ここを目印にしてました(笑)
c0192962_0424554.jpg

ラッフルズの歴史や
c0192962_0424685.jpg

各著名人の写真がずらりと並んでて、見入ってしまいます。
ちなみにこちらチャーリー・チャップリンご兄弟。
c0192962_042477.jpg

最近だと英国の王子夫妻も
c0192962_0424879.jpg

そして翔くんも。
翔くん、蝶ネクタイがいささか大き過ぎで、コメディアンっぽいですよね。衣装さ〜ん
c0192962_0425086.jpg

そうそう、ラッフルズインクはこの中庭を囲んだ棟。
c0192962_0425156.jpg

部屋の玄関前の廊下からはこんな景色が。
中庭の先は
c0192962_0425237.jpg

ラッフルズコートヤード。
どの時間帯も大盛況でしたね。
c0192962_0425566.jpg

ここの生ビールが美味しそうで飲みたかったんですけどね、メニュー見たら一杯S$25ですよ、高過ぎでしょ。
はい、我慢しました。
シンガポールは最近酒税が上がったようで、アルコールはものすごく高いですね。
もちろんホテルプライスってのもありますけど。
話は変わって、ここのコートヤードのBARの横に部屋に続く階段があって、もちろん鍵がないと出入りが出来ないのですが、ここからホテルの裏手の道に出れるのでブギス方面に行く時に便利でした。
c0192962_0425768.jpg

外出した帰りに私はお隣のラッフルズプレイスというモールに買い物があって、ダンナはホテルの戻ってプールの行くというので、プールで合流しましょうということになって、その帰りの気づいて撮った写真。
周りの景色も部屋のバルコニーから見た景色に似てるし、きっとここが私たちが泊まってる部屋なんだろうなと。
ここの3階だった。
c0192962_0425891.jpg

おっ、ここが有名なロングバー。
私たちの部屋の棟のお隣でした。
2階にあるのね。
はい、中には入っていません。
シンガポールスリング$30ですよ、ムリムリ。
c0192962_043095.jpg

そしてお部屋に戻ってバルコニーに出て確認してみる。
そうそう、この景色やっぱりここだった。
と、思っていたら「ガチャ」
。。。。。。。。。。。
やってしまった。
オートロックのドアが閉まってしまったのだ。
どうしよう、ダンナは今頃プールで高いビールでも飲んで眠りこけていることだろう。
戻ってくるのはいつになるか。
c0192962_043160.jpg

バルコニーと言ってもこんな具合に続きになっているので、もし何処かの部屋に人がいたら助けてもらおうかとも思ったけど、カーテンが閉まっていてノックするわけにはいかず。
EXITとサインがあるが非常階段や通路は見つからず。
ひとつカーテンが開いていた部屋があったが人影はなく。
どうしよう。。。。
c0192962_043290.jpg

思い出した。
お隣はロングバーだった。
3階のバルコニーから2階のロングバーを覗くとスタッフらしき人が。
「はろ〜、えくすきゅ〜ずみ〜」
スタッフがキョロキョロしてる。
聞こえたようだ。
「ひあ〜、あっぷあっぷ」
上を向いてくれた。助かった。
「あいむ ろっくっとあうと」
ホテルに電話して私を助けて下さい〜。
「OK OK!!」と電話してくれて、しばらくするとバトラーさんが助けに来てくれました(恥)
するとバトラーさん、私の部屋の隣の隣のドアをおもむろに開けて。。。
開いてますね。と
c0192962_043332.jpg

これは表から撮ったサインですけど。
c0192962_043484.jpg

こんな部屋があって、表からも裏からも出入り出来たらしいのです。
そんなん知るはずないし。。。。(恥)

ま、そんな具合でちょっとした冒険を楽しめたラッフルズ インクでした(謎)
[PR]

by bemnty | 2014-10-27 00:42 | Singapore | Comments(0)
2014年 10月 19日

Singapore GP 2014 Sunday

c0192962_1247156.jpg

Singapore GP 最終日はZiggy Marlayのライブから行くことに。
早めに行っていれば席も取れてたのかもしれませんが、なんせ勝手が分からないので。
それでもビール片手の楽しめましたけど、聞いたことあるような曲もありましたが、全く知らない曲も多数あり。
声はお父さんそっくりらしいですが、それもよく分からず。
c0192962_12471791.jpg

ライブ会場の横からはマーさんも遠くに見える場所でした。
c0192962_12471977.jpg

Ziggy Marlayのライブが終わるとそろそろF1のファイナルが始まるころなので、ベイスタンドの自席に移動。
c0192962_12472058.jpg

またここからのF1観戦が始まる。
c0192962_12472244.jpg

まぁ、相変わらずちゃんと写ってませんけど、すごいスピードで通り過ぎるマシーンをひたすら2時間見てるわけですよ。
順位もほとんど変わってないし、だいたいどのマシーンに誰が乗ってるかもよく分からずだし、1時間が過ぎたころから落ち着きのない小学生みたいになってきて、ウロウロしたり他の席の座って怒られたりで、もう退屈さの限界に達しました。F1ファンの方ごめんなさい
フィナーレにマリーナベイの夜景とコラボの花火が上がることも知っていたのですが、花火見てからじゃまた移動に激混みになるし、一足早くジェニファー・ロペスのライブに行くことにしました。
花火はきっとライブ会場でも見えるだろうと。
c0192962_12472388.jpg

そしてライブ会場に着いてしばらくすると花火の音が。
しかし何処から??
はい、木々が邪魔して花火は全く見えませんでした(泣)
虚しい気持ちになって思い出しましたけど、マリーナベイとコラボの花火が見たかったと言うのは、今回F1に来た一つの理由でもあった。
c0192962_12472574.jpg

見逃したイメージ画像
c0192962_12472639.jpg

ジェニファー・ロペスのライブはF1レースが終わってから来た人たちも加わって広い野外会場もぎゅうぎゅう詰めになってきて、前夜の豪雨の中のロビー・ウィリアムスのライブとは異なって、熱帯の満員電車状態で暑くて息苦しい。
c0192962_12472784.jpg

そんな中始まったJLOのライブ。
本格的な世界ツアーの追加公演的な2時間みっちりのド迫力なライブに圧倒。
c0192962_12472938.jpg

花火を見ずに早く会場に来たので、何とか肉眼JLO見ることが出来ました。
御髪が湿気でいささか広がっていたが、引き締まったボディと噂の美ヒップと何よりもスターのオーラにクラクラしました。
美しすぎるミドルフォーティです。
c0192962_1247308.jpg

ライブ中つま先立ちに上を見てる状態で、首は痛くなってくるし、足もヒクヒクしてくるし、暑くて息苦しいし、またライブ終了後の激混み帰宅を考えると、ちょっと早めに退散しようということで、盛り上がる中を引き上げる。

こっちのミドルフォーティには何かとキツいF1イベントでしたが、F1以外にもこれだけの豪華アーチストのライブや他の模様しものなど目白押しで、さすがに国をあげてのエキサイティングな3日間なんだと思います。
何かと中途半端な観戦で終わりましたが、これに学んで次回はもっと完璧なものにしたいと思います。(って、あるのか次回)

こちらの方の記事はとっても参考になります。
シンガポール在住の中野美奈子さんの記事を勝手にリンク。
[PR]

by bemnty | 2014-10-19 12:46 | Singapore | Comments(2)
2014年 10月 07日

Raffles Hotel

c0192962_1514027.jpg

まさか自分がラッフルズホテルに泊まれる日が来るとは。。。。
憧れとかよりもそれ以前、無理と思っていたもので。
しかし去年のF1妄想が始まったあの時、そう去年の今頃F1会場のゲートから歩いて行けるマリーナベイ付近のホテルを各サイトで探していた時には、パンパシフィックやマリーナマンダリン(マンダリンオリエンタルではない方)は確か一年後のF1開催期間のレートが出ていて、通常レートの2倍くらいのなっていた。
その点何故かラッフルズは通常レート。
通常レートでもパンピーの私たちにはもちろん高額だけど、それでもパンパシより安いとなればついつい飛び付いきたくなるわけで、こんなお得感がある時くらいしか清水の舞台からは飛び降りれないし。と、キャンセル可を確認してポチっと。
F1チケットを買うよりも、航空券を買うよりも先にホテルを押さえてました。
当然の事ながら年を越したくらいにはその日のレートはガンと2倍くらいに跳ね上がってましたけど。
ちなみにF1の2ヶ月前には3倍弱という恐ろしい金額になってました。
c0192962_1514274.jpg

F1期間はマリーナベイ周辺は交通規制されていたので、到着日に空港からのタクシーで来た際、こちらの正面入り口に降りることなく裏で降ろされましたけど。
c0192962_1514313.jpg

有名過ぎるエントランスはイギリス植民地時代が蘇ってくるよう。
チェックインを済ませるとバトラーさんがお部屋に案内してくれました。
c0192962_1514442.jpg

もちろん一番安い部屋なのでロビーから遠め。
一回教えてもらったくらいで部屋の場所を覚えられるか心配した。
c0192962_151457.jpg

お部屋はRaffles inc State Room Suite 362
c0192962_1514799.jpg

このカーテンの向こうには
c0192962_1514884.jpg

ベッドルーム
c0192962_1514919.jpg

クラシカルな家具に
c0192962_1515053.jpg

高い天井にはシーリングファン。
昔読んだ小説「ラッフルズホテル」で勝手に描いたラッフルズのイメージ。
c0192962_1515167.jpg

そして、あちら側にも独立したお部屋が
c0192962_151528.jpg

ダイニングに
c0192962_1515317.jpg

リビング
c0192962_1515424.jpg

デスクエリアも
c0192962_1515510.jpg

そしてクラシカルなバスルーム
シャワーブースも別にあります。
c0192962_1515754.jpg

アメニティはお持ち帰りしたくなるほどでもなかったかな。
c0192962_1515836.jpg

ウエルカムドリンクはラッフルズホテル発祥のシンガポールスリング。
わ〜、オリジナルってテンション上がります(≧∇≦)
オリジナルのシンガポールスリングはとっても甘かった〜
もちろん有難く頂きましたけど。
お金を出して飲むとS$29もするらしいですから(*_*)
ダンナは代わりにビールくれって言ってましたけど(笑)

若い頃のシンガポールのイメージはシンガポール=ラッフルズホテル。
もちろんあの小説の印象が強いからだけど。
でも20数年前に読んだ小説の世界に自分がいるなんてとっても不思議な気分でした。
[PR]

by bemnty | 2014-10-07 01:51 | Singapore | Comments(2)
2014年 10月 04日

Singapore GP 2014 Saturday

F1 シンガポールGPは金曜日から始まって、日曜日までの3日間行われます。
私たちは土曜日から観戦&シンガポール入りしました。

ホテルをチェックイン後、夕方プールで旅疲れを癒していると練習走行なのかF1マシーンの爆音が鳴り響き始め、かなり耳障りだったためプールでのんびりしてる場合ではなさそうだと、会場に行って見ることに。
c0192962_15575920.jpg

まずはご近所のスイソテルでオンラインで買っておいたチケットを受け取り、スイソテルの目の前のゲート3からF1会場に初侵入。
c0192962_1558040.jpg

飲食の持ち込みは禁止なので、カバンの中をチェックされます。
c0192962_1558177.jpg

こちらは私たちの観戦席があるベイグランドスタンド。
マリーナベイをバックにF1観戦なんて素敵だな〜と思ってこちらの席を取りました。
って言うか、ここが一番安かったと思います。
c0192962_1558210.jpg

まだ予選の時間にも早く、人影もまばら。
それにしてもここはホテル近くのゲート3から結構遠かった。
まだ時間も早かったので会場内をぶらつくことに。
c0192962_1558359.jpg

会場内はこんなステージがちらほらあり、ライブを楽しみながらお酒が飲めたりします。
c0192962_1558485.jpg

Bikini Barって何だったんだろ?
ビキニを着たお姉ちゃんでもいたのかな?
c0192962_1558542.jpg

ここが会場内で1番大きなステージ。
ロビー ウィリアムスやジェニファー ロペスのライブ会場。
巨大モニターも数台あったので、F1の走行中は中継も放映されていました。
c0192962_1558654.jpg

すっかり暗くなりいつ見てもうっとりマリーナベイの夜景が映え、予選スタート。
c0192962_1558737.jpg

速すぎで撮れません。
私の腕とカメラじゃ。
どれが誰のマシーンとかも分からなかったくらい。
って聞いても分からないくらいなんだけど。
小林可夢偉とバトンとダニエル リカルドくらいしか知らなかったし。
ちなみのダニエル リカルドは地元パース出身のご近所ボーイです。
c0192962_1558856.jpg

サンズもF1仕様になってました。

とにかく爆音が凄いと聞いて耳栓も買ったけど、そうでもなかったな。
応援していたダニエル リカルドは予選3位に入ってました。
予選が終わったらロビー ウィリアムスのライブがあるパダンステージに民族の大移動です。
c0192962_1558108.jpg

上の画像のピンクの⭐️からピンクの⭐️ん移動するのですが、通路がきっちり規制されていて全然進まない。
と言うのは、途中地下通路を通るのですが、そこの階段手前で安全のため人数規制されるようで、パダンステージに辿り着くまで人混みに揉まれて30分。
地下通路から地上に出ると雨!?
さっきまで晴れていたのに。。。。
スコール的なものだと思い、張り切ってロビーのライブステージに行くが、雨は止むどころか本降りになってくるし。
c0192962_15581170.jpg

耳栓は買っていたものの、雨合羽の購入は忘れていて、すっかりびしょ濡れになってしまい今更っ遅しでしたけど。
豪雨の中モニター越しにしかロビーは見れなかったのですが、アーチスト側もびしょ濡れでした。
雨は一行に止みそうもなく激しくなるばかり。
もう退散しようと会場を去りましたけど、2時間のライブだったのですが、最後まで続けたのかな?
その晩の大雨は6時間続いたとか。
ロビーには気の毒だったな。
c0192962_21573214.jpg






ライブ会場を退散したものの豪雨の中、地下通路を通るための大混雑。
満員電車状態の混雑で列を作り、大雨の中雨具もなく全身びしょ濡れで待つこと1時間。
あり得ない。。。。。
こんなに雨に濡れるのは生まれて初めてなくらいだった。













雨に濡れながらあの日のことを思い出した。。。。。。。

あの雨の別れの夜
[PR]

by bemnty | 2014-10-04 20:03 | Singapore | Comments(4)
2014年 09月 28日

F1 シンガポール GP 2014 プロローグ

シンガポール F1観戦の妄想のはじまりは1年前の2013年のゲストアーチストを見た時でした。
リアーナにジャスティン ビーバってどんだけ豪華なのよって。
そしてマリーナベイをバックに打ち上げられる花火など、お祭り騒ぎ感にそそられたのです。
そう、もともとF1には全く興味がなかったのに。

2013年のGPが終わるとすぐに2014年の日程は決まっていて、早いことにチケットも売り出されていたりした。
行く気になったらホテルを押さえなきゃと、会場のマリーナベイ周辺のホテルを調べるとF1の3日間はホテル料金が2倍から3倍に跳ね上がる状態に驚く。
が、今でもきっと何かの手違いだと思っているが、あのラッフルズホテルは通常の料金のままになっていて、その時期のマリーナベイ周辺のどこのホテルよりもお得だった。
とは言え、シンガポール一のホテルには変わりなく立派なお値段。
立地は会場ゲートにほど近く文句なし。
キャンセル可を確認して予約を入れたのが去年の10月の事。
そして航空券、F1チケットも年の初めには購入していました。
ちなみにF1チケットは3日間通しにチケットを$260くらいで購入。

ミーハーな私が気になっていたのはもちろんゲストアーチスト。
毎年ビッグネームのアーチストが出演してるだけに期待大。
大体その時期に周辺の国でツアーを行っているアーチストが呼ばれるようだ。
お目当てはジャスティン ティンバーレイク。
その時期ワールドツアーでオーストラリアにいるらしい。
ゲストアーチストの発表は6月頃だった。
勿体ぶって数日間に分けて少しずつ発表していく。
c0192962_2534964.jpg

このタキシード姿は予想通りのお目当てのあの人だ!
c0192962_2535091.jpg

この時の興奮と言ったら、もう〜大変なものでした。
そんなにコンサートに行きたいならパースでもコンサートがあるのだからそのチケットを買えばいいじゃないかって話ですが、F1チケットも買っちゃたし、そうそう贅沢は出来ませんからね。
c0192962_2535148.jpg

そして翌日に発表された画像はこちら。
ちょっと違くない!?
c0192962_2535225.jpg

そしてその翌日の画像。
ロビーじゃないかい!
ロビー ウイリアムス。
ぶっちゃけ、そんなに好きじゃないし。。。
こうなったらオオトリのゲストに期待したい。
きっと女性アーチストだから、ピンクとかビヨンセだったら良いなとか期待してました。
c0192962_2535332.jpg

すぐ分かった。
J LOじゃん。
c0192962_2535412.jpg

ジェニファー ロペス。
なんだ同年代か。
今年は年齢層が高いな〜
と、ちょっとガッカリ。
その他にもジョン レジェンドや、ボブ マリーの息子など豪華なゲストのパホーマンスがあらゆる会場で繰り広げられる、やっぱり豪華なグランプリなんです。

シンガポールは2泊3日の予定。
相変わらず弾丸。
でも、シンガポールまで来て2泊くらいで帰るのも勿体無いと、ダンナは帰らなければいけないが、私はどこか近辺まで行きたいな。
と考えて決めた行き先は京都。
理由は友達が行きたいと言っていたのを思い出したから。
たまたま連休だったし、東京から親友ちゃんが京都まで出て来てくれました。
関空インで羽田アウトの予定にしていたのですが、仕事の都合で早く切り上げないといけなくなり、京都2泊3日のこれまた弾丸になってしまいましたが、こうして写真を見返していると豪遊!?
移動距離に対して滞在日数が少なすぎますが、シンガポール、京都とも楽しんできました。
またダラダラと綴る旅行記ですが、またお付き合いよろしくお願いします。
[PR]

by bemnty | 2014-09-28 02:07 | Singapore | Comments(8)
2014年 09月 22日

極楽プール

F1観戦のためシンガポールに来ています。
ダンナは午後の便でパースに帰り、私は折角なのでもうちょっとだけ次の場所に。
夜の便なのですがチェックアウト後何もすることがなくプールに居座らせてもらってます。
敷居の高いところですが、とっても居心地が良いです。
c0192962_17213447.jpg

[PR]

by bemnty | 2014-09-22 16:22 | Singapore | Comments(0)
2014年 02月 07日

チャンギ エアポート T2

今回のベトナム旅行は国際線はタイガーエア利用だったのですが、以前はチャンギエアポートにもLCC専用のターミナルもあったのですが、今はLCCでも一般のターミナルと一緒なんですよね(嬉)
その差別感なしってのが、最近シンガポール経由を使う理由でもあるのですが(笑)
チャンギエアポートの中でもターミナル2が好きです。
何となく好きなお店が揃ってるからなんですけど。

シンガポールに一泊してホーチミンに移動の際に、チェックイン手続きをして荷物を預けてから出国のイミグレを通る前に腹ごしらえです。
c0192962_16555320.jpg

Soup Restaurant
変なとこ押しちゃったみたいで、写真の色がおかしいですね(笑)
c0192962_16555695.jpg

ちょっと高級そうな感じな店構え
c0192962_165604.jpg

でも、そこそこリーズナブルなんです。
c0192962_165656.jpg

こちらのイチオシがこちらのジンジャーチキン。
チキンライスのチキンにジンジャーソースがどっさり
c0192962_1656745.jpg

レタスも一緒にサーブされてきて
c0192962_1656920.jpg

レタスに巻いて食べます。
このジンジャーソースがクセがなくって美味しいの。
チキンに合う合う。
そしてビールにも合いそうだったので、飲むつもりなかったのにたのんじゃいました(笑)
c0192962_16561171.jpg

あと、お豆腐料理も美味しかったです。
外はカリッと中はふんわり。
この他にお野菜に娘達はご飯を食べてお腹いっぱいになりました〜
シンガポールに幾つか支店があるみたいです。
とっても美味しくって、リーズナブルで落ち着いて食べれるレストランだったので、すっかりファンになっちゃいました♩

イミグレを通過した後も、感動するくらい美味しいエッグタルトやカレーパフ屋さんもあるしTWGの紅茶屋さんも入ってるし、大好きな靴屋さんのCharles and Keithも入ってるしターミナル2ポイント高し。
エッグタルトとカレーパフは写真を撮り忘れたので、いつかそのうちσ(^_^;)
[PR]

by bemnty | 2014-02-07 16:55 | Singapore | Comments(0)
2014年 01月 21日

始まりはマリーナベイサンズ

c0192962_15412182.jpg

インドちっくな布やクッションカバーなどが欲しかったので、インドに行けないのならシンガポールのリトルインディアに行ってしまえ!と、往路はシンガポールにトランジット泊。
到着は夜の11時頃だったので、お買い物に便利なリーズナブルなホテル泊と考えてたのですが、シンガポール在住の知り合いがマリーナベイサンズの会員とかで、お友達プライスで通常の
半額ほどで宿泊出来るとの事で、ご好意に甘えちゃいました。
MBSには2年程前にダンナと息子と一緒に宿泊したことがあったので、これで娘達にも公平になったかな。

MBSに到着は23時過ぎになるので、屋上のルーフトッププールも23時にはクローズとかで目玉の夜景が見れないじゃないか!ってことで、ちょっとエクストラを払ってシティヴュールームをとってもらいました。

c0192962_15412281.jpg

お部屋からの景色は贅沢極まりなく。
c0192962_1541237.jpg

やっぱりシティヴューにして良かったな〜。
c0192962_15412464.jpg

そんな感動もほんの一瞬で、お腹空いた〜って。
深夜にマリーナベイの遊歩道をトコトコ歩いて「マカンストラ グラットンズベイ」へ。
こちらは週末は深夜の2時ごろまで営業してるそうです。
c0192962_15412521.jpg

ホリディの始まり♪ビールが美味い!
c0192962_15412730.jpg

ついクセで頼みすぎる(^_^;)
残った分はテイクアイトして娘達の朝食になりました。
c0192962_15412898.jpg

MBSをバックに野外ホーカーズでローカルフード。
シンガポールに来たな〜と実感。
c0192962_15413048.jpg

帰りもトコトコとMBSまで歩いて帰り、初日終了。
ベッドに入ったのは2時過ぎだった。
c0192962_15413180.jpg

翌朝は張り切ってヨガに行きました。
c0192962_15413255.jpg

シティヴューと
c0192962_15413394.jpg

ハーバーヴューを見渡せる開放感あるスタジオ。
生徒さんは私を含めて2名のほぼプライベートレッスン。
ハタヨガの基本的な動きを正確にゆっくりと教えて下さりました。
c0192962_1541346.jpg

レッスン料は1時間でS$19でした。
娘達が寝てる間にヨガでリフレッシュ。

c0192962_15413582.jpg

部屋に戻って、娘達を連れ出しお決まりのプールへ。
c0192962_15413615.jpg

1月のルーフトッププールは前回同様冷たくて入る気になれずσ(^_^;)
c0192962_15413848.jpg

何処に行ってもこんな具合だしo(`ω´ )o


娘達はお隣のショッピングモールに行くと言うけど、ママは買いたいものもないしお風呂でゆっくりすることに。
c0192962_15414073.jpg

お風呂後は涼みながら景色を眺めたりと、短い滞在を最大限に楽しみました(笑)
c0192962_15414130.jpg

空港に行く時間までレイトチェックアウトにしてくれたので助かりました。

MBSに泊まるのはこれが最後かな〜
やっぱりMBSを眺める側の方が好きかも。
それでもやっぱり超大型ホテルにしては対応も良い、いいホテルだと思います。
[PR]

by bemnty | 2014-01-21 15:41 | Singapore | Comments(6)
2013年 09月 30日

マカンストラ・グラットンズ・ベイ

c0192962_14483428.jpg

シンガポールでマリーナベイサンズに泊まるというお友達と話していまして、思い出し投稿です。
数年前にマリーナベイサンズ宿泊の際にブラブラと歩いて行ったホーカーズ。
マカンストラ・グラットンズ・ベイ。
マカンストラというのはいわゆるシンガポールのB級グルメガイドブックでして、そのマカンストラで評価の高い人気店を集合させたホーカズがマカンストラ・グラットンズ・ベイ。
マリーナベイの景色がきれいなベイ沿いという好立地らしいので調べてみるとMBSからもそう遠くないです。
c0192962_1457301.jpg

MBSのホテルからショッピングモールを突っ切ってこちらの橋を渡ってベイ沿いにひたすら歩くと10分ほどで「マンダリンオリエンタル」に着きます。
そこからさらにベイ沿いに歩き2分ほどだったと思います。
c0192962_1502513.jpg

こんな感じの屋外のホーカースですけど、人気店だけあって清潔感もあります。
MBSの景色を見ながらのシンガのB級グルメを食するのはおつなもの。
c0192962_1521850.jpg

確かこんなものや
c0192962_153184.jpg

こんなものも食べたのですが、ちょっと選択ミスでイマイチだったような。
ま、でもシンガっ子のバイブルマカンストラでジャッジされた人気店ばかりなので、イチ押しメニューは間違いないのだと思いますけど。

こちらのサイトで詳しく載ってますのでご参考に♪
[PR]

by bemnty | 2013-09-30 14:46 | Singapore | Comments(0)
2013年 08月 01日

SEA Aquarium@セントーサ

c0192962_20583045.jpg


シンガポール最終日、フライトは午後だったので最近オープンしたらしいアクアリウムに行ってみる?と家族に聞いたもの「行きたい〜」というのは次女のみ。
他の家族はプールでゆっくりしたいらしい。
ラッキー♪家族5人もいると入場料も馬鹿にならないからね。
ということで、次女と2人で行ってきました。シー アクアリウム。
c0192962_20583653.jpg

ホテルからはシャトルバスでリゾートワールドまで乗せてもらいます。
c0192962_20584123.jpg

隈なく見ていないのですが、ファーストフードからレストランまでかなりありましたね。
c0192962_20583265.jpg

なんだか楽しそうなお店も。
やっぱりリゾートワールド内ホテルに泊まった方が便利だったかもと思ってしまう。
c0192962_2058431.jpg

さぁ、あれがアクアリウムらしいです。
入場料は大人S$33でした。5人分払わなくよいかと思うとホッとした^_^;
c0192962_20584599.jpg

さぁ、お決まりのトンネルをくぐって行きます。
シンガポールのスクールホリディだったらしく、なかなか混んでいました。
c0192962_20584680.jpg

綺麗なお魚がいっぱい〜。
でも海の中で肉眼で見るのとワクワク感がちょっと違うな。
c0192962_20584865.jpg

あっ、お兄さんお掃除中。
って、本物の珊瑚じゃないの?!
c0192962_20584931.jpg

イカ綺麗。
c0192962_20585035.jpg

そしてクラゲさん。
この長い足で刺されたら痛そう〜と思いながら見てました。
c0192962_20585182.jpg

そしてこちらの水族館のいちばんの見せ場はこの36メートルの大パノラマ水槽「オープン オーシャン」だそうです。
c0192962_20585281.jpg

マンタやサメなんかも優雅に泳いでいます。
c0192962_20585382.jpg

これだけ大きな水槽だと優雅に泳いでいるように見えたものの、魚たちからしたら窮屈なんだろうな。
なんて思いながら結構さっさと見て回りました。
そこそこ広いし見応えはあると思います。

でもほんとはこちらの水族館と併設されているのがアドベンチャーコーブという水のテーマパークでどちらかというとそちらに行って見たかった。
詳しくはこちらの記事を見つけましたのでどうぞ♪
ナオイさん、シンガポールに異動されたんですね。勝手にリンクしちゃいました♪

そして、只今ソフトオープン中の動物園に隣接されたところに出来た「リバーサファリ」などなど見所たくさん。
また来年も来なきゃ♪と思ってしまうおもちゃ箱みたいな国です。
しかし、物価の上昇はこの辺でストップしてもらいたいです^_^;

ということで、シンガポール旅行記終了です。
最後まで読んで下ってありがとうございました♪
[PR]

by bemnty | 2013-08-01 20:57 | Singapore | Comments(8)