気ままにオージーLIFE

bemnty.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:Cambodia ( 7 )


2017年 03月 04日

ベンメリアと地雷博物館

アンコールワット遺跡群観光も最終日なので、思い切って遠出してみようと前日に決めたのがベンメリア。
シェムリアップから東に40kmの場所にあると言う。
トゥクトゥクでは遠すぎるかなと思ったけど、ベンメリアまでは問題ないって事だったので、初日から専属約束をしたドライバーくんにお願いする事に。
そして、気になっていた地雷博物館にも寄ってもらう事にしました。
先に結果を言ってしまうと、ベンメリアと地雷博物館のセットはトゥクトゥクはキツかった。
クーラーが効く車移動をお勧めします(笑)

c0192962_9574711.jpg

この日はアンコールワットのサンライズ鑑賞をしてから、その足でベンメリアに向かいました。
c0192962_101928.jpg

途中にこの土地の名物なのか、竹の中に餅米を入れて焼いた物を売っている屋台が道沿いにずーっと続いていたので、気になって買ってもらう。
c0192962_1083521.jpg

こんな風にして食べる。
ちょっと甘いお赤飯みたいでした。

c0192962_10132255.jpg

片道2時間くらいかけて、ベンメリアに到着。
密林に埋もれた遺跡です。
c0192962_941151.jpg

ラピュタのモデルになった遺跡と言われていますが、長い長い間密林に埋もれて朽ちていった具合が哀愁を感じます。
c0192962_9545655.jpg

すっかり見慣れてきてしまっていますが、どれだけの長い年月をかけたらこんな状態になるんだろう。
c0192962_9574874.jpg

生命力を感じずにはいられない。
c0192962_100558.jpg

アンコールワットのように美しく完璧な保存状態の遺跡も素晴らしいと思うけど、滅びて忘れ去られたベンメリアもすごく良かった。
遠かったけど来てよかったと思いました。
c0192962_1061576.jpg

観光客があまりいないのも良かったですね。
c0192962_10125354.jpg

石の上に座ってボーっとしながら、小さい蝶々の群れや木漏れ日との遺跡のコントラストを眺めていました。ラピュタだな〜って。
もちろん頭の中はラピュタのテーマソング。
c0192962_11204834.jpg

現地調達ファッション、上から下までで合計$10(笑)
カンボジアコットン、涼しくて最高でした〜。





ベンメリアの後に向かったのは、地雷博物館。
陽が高くなっていて、トゥクトゥクに乗っていて屋根もあるし風を吹いてくるけど、空気自体が暖かくて暑かった。
それでもカンボジアの田舎の風景を見ながらの移動は楽しかった。

c0192962_10243438.jpg

地雷博物館。バンティアイスレイの近くにあります。
この施設はカンボジア人のアキラさんという方が運営しているそう。
そのアキラさんは壮絶な人生を送られて、こちらの地雷博物館を創設されたそうです。
以下、アキラさんの応援サイトから抜粋させていただきます。


1975年からクメール・ルージュがこの国を支配したため、アキラ氏も物心つく前に両親と引き離され「こどもグループ」の中で育てられます。それは正に少年兵を育成する為のもの。
5歳(1978年)の時、その両親もクメール・ルージュの手によって殺されてしまいます。
その後もその両親を殺したクメール・ルージュに育てられ、
10歳(1983年)になった時、一端の少年兵として初めて実弾入りの銃(AK47 カラシニコフ銃)を持たされ、地雷の埋め方の訓練も受けるのです。
13歳(1986年)になった時、この国に侵攻して来ていたベトナム軍との戦いの中でアキラ氏はベトナム軍に捕まり、それ以降ベトナム兵としてそれまで仲間だったクメール・ルージュと戦う事になります。
16歳(1989年)になった時、そのベトナム軍がカンボジアを去ったため、今度はベトナム軍と友軍だったカンボジア軍に入れられてクメール・ルージュと戦うのです。
20歳(1993年)になった時、この国を平和にしようとUNTAC(国連カンボジア暫定統治機構)が入って来て平和維持活動を行いますが、アキラ氏はそれを手伝って初めて地雷撤去活動を行います。その時「自分はこれまで戦争の中で、数多くの地雷を埋めて大勢の人を傷つけ苦しめてきた。これからはそれに対する償いとして、一生懸けて地雷撤去をやっていこう。この国を平和にするためにこれからの自分の一生を捧げよう」と決心するのです。
その後はひたすら地雷を掘り続け、掘った地雷は自分で解体し、火薬を抜いたものを自宅に持ち帰っていました。そのかたわら資金を稼ぐ為に独学で英語を勉強し、UNTAC時代は英語の通訳と地雷処理の仕事で給料を貯めます。また、その後は日本語を勉強して遺跡ガイドの資格を取り、日本人向けのガイドをしてお金を稼ぎます。
そして遂に26歳(1999年)になった時、それまで蓄えたお金を全て投じてシェムリアップから5、6キロの地に、最初の「アキラ地雷博物館」を建てたのです。


クメール・ルージュとか、キリングフィールドとかカンボジアの悲しい歴史はなんとなく知っていたけど、こんな事実があると知ると、いたたまれたない気持ちに胸が押しつぶされそうになります。

c0192962_1048111.jpg

今でもカンボジア国内には地雷が埋まっていて、人々はそれに怯えながら暮らしているという。
平和ボケしている私も悲しい事実に背を向けないで、そんな事実にも向き合わないとと背筋を正す気持ちになりました。
c0192962_10535650.jpg

日本語の音声案内もありますので、展示物を見ながら説明を聞けて、じっくりカンボジアの悲しい歴史と現状に向き合える場所でした。



平均年齢が24歳というカンボジア。
街中では年配の方を見かけることがあまりありません。
悲しい歴史を背負いながら健気に暮らしているカンボジアの方々は、控えめで優しい人達ばかりで応援したくなります。
周りきることがが出来ないくらいの数多い遺跡群や、物価の安さ、魅力的な街やホテルなどなど、ポテンシャルが高いカンボジア。
行けて良かった、またいつか行ってみたい国になりました。
[PR]

by bemnty | 2017-03-04 11:24 | Cambodia | Comments(2)
2017年 02月 14日

Golden Temple Hotel が凄すぎる!!

c0192962_1805652.jpg

シェムリアップではシンタマニに2泊した後はホテル移動。
シェムリアップって高級ホテルもお得に泊まれるけど、評判の良いお得なホテルにも泊まってみたい。
競争率が激しそうだから、どのホテルも頑張ってる感じと、目に止まったのがこちらのゴールデン テンプル ホテル。
クチコミでのお得感に興味津々でした。
年末年始だったので、随分前からアゴダのキャンセル料なしのbook now pay laterで予約。
1泊1万円くらいだったと思います。
c0192962_18101370.jpg

正直、立地はなかなか車の通行量も多いストリートに面しているのですが、エントランスはこじんまりながらこんなに可愛い。
c0192962_18141489.jpg

一階のレセプションエリアもプチ アジアンリゾート的な。
c0192962_18163244.jpg

プールもこじんまりながらリゾートしてます。

このホテルにはいくつかの特典があるんです。

1 空港からホテルまでの往復の送迎無料。
私たちはシェムリアップ内のホテルからの移動だったので、お迎えはリクエストしていませんでしたが、前々日くらいにホテルから丁寧にオファーのメールを頂きました。

2 滞在中にランチまたはディナーが一回無料。
こちらは要予約なので、チェックイン後すぐに予約か滞在が1日だけならメールで予約した方が良いのかな。

3 ホテルのスパにて60分のボディーマッサージを2名無料。
こちらも要予約です。

4 お出掛けランチパック
こちらも要予約で、私たちははアンコールワットのサンライズを見た後にそのまま観光に出掛けたので、その時に依頼しました。
写真は撮り忘れましたが、可愛いランチボックスにサンドイッチやらフルーツやらスイーツなど入っていて、移動中のトゥクトゥクで頂いたりしました。

5 イブニングカクテル サービス
こちらはよくあるクラブルーム特典みたいな、ちょっとしたおつまみとビール、ワイン、ソフトドリンクがフリーフローなんです!

文字よりも画像、写真付きでご案内しましょう〜

c0192962_18404756.jpg

まずはお部屋から。
1番下のカテゴリの部屋だったと思いますが、なかなか広々してて居心地良かったです。
c0192962_18415249.jpg

バスルームはバスタブはありませんが、レインシャワーもお湯の温度も水量もバッチリでした。
c0192962_18435822.jpg

そんなこんなしていると、ウエルカムドリンクとフルーツ&スイーツがやってきました。
こんな風にフルーツをカットしてくれたウエルカムフルーツ体験したことありません。
いつもは自分で勝手に食べて状態なので、 見向きもしないのに。
しかも食べきれないほどのピーナツやら餅米のスイーツも。

この時12時ごろにチェックインしたので、まだ部屋に空きがなかったら外にランチでも食べに行こうと思っていたのですが、部屋には通されるはゴージャスなウエルカムドリンクは来るはで、すでにハートを鷲掴みされた状態でした。

それだけじゃないんです、チェックイン時に特典のランチも予約して用意てもらっていたのです。

c0192962_18511786.jpg

時間になったのでプールを見下ろせるレストランへ。
c0192962_18525278.jpg

特典ランチはなんとクメール料理のコース。ワインも一杯込みでした。
こちらは前菜のサラダと春巻きかな。美味しいに決まってます!
この後にスープもありましたが、興奮し過ぎて写真撮り忘れました。
c0192962_18571078.jpg

そしてメインのクメールカレー。
c0192962_18585420.jpg

そしてデザートと素敵クメール料理の4コースランチで、申し訳ないくらいな素晴らしいサービスに更にハートを鷲掴みされまくり。
c0192962_19229100.jpg

プールサイドで寝っ転がっているとこんな立派なフルーツがサービスされたり、お茶やソフトドリンクやお菓子やナッツまでも出てくる出てくる。
c0192962_1962491.jpg

そしてイブニングカクテルも毎晩。
c0192962_1973810.jpg

ビールは安いけど、ワインはそこそこのお値段なので嬉しいサービスです。

そして、マッサージはがっつり1時間。
ほんとに上手な人に当たって、満足し過ぎて申し訳ないくらい。

と言うことで、マッサージ後のディナーはルームサービスに。
こういうところでお金を使わないと申し訳ない。
c0192962_19171263.jpg

それにしてもホテルにしてはすっごく安いし、美味しかったです。
c0192962_19182050.jpg

お部屋にはこんなDVDまであって、とても勉強になりました。
カンボジアの悲しい歴史にも向き合ってみたくなりました。



こんな感じで、至れり尽くせりのゴールデンテンプルホテル滞在。
スタッフもフレンドリーでほんとに素晴らしい!!
もちろん、朝食も込みで美味しく頂きましたました。
あまりホテルのお勧めとかしませんが、ここは是非お勧めしたいホテルでした。
シェムリアップにはテンプルグループって言うのかな?パブストリートにもテンプルなんとかってパブやらレストランやマッサージ店もありました。
その系列のホテルらしいです。
帰りは特典で空港まで送って頂きましたし、ほんと素晴らしいサービスのホテルでした。


c0192962_19205878.jpg

最後にチェックアウト時にTシャツまでお土産にくれました。しかも2枚も(笑)

ゴールデン テンプル ホテル、ブラボー!!!
[PR]

by bemnty | 2017-02-14 09:46 | Cambodia | Comments(4)
2017年 02月 13日

パブストリート

c0192962_13403651.jpg

シェムリアップの繁華街、パブストリート。
ザ・アジアって感じです!
と言っても地元感は全くなく、観光客好みに入りやすいお店が結集されたストリート。
欧米人にウケが良さそうなパブや各種のレストランたくさんあります。
夜は華やかに色とりどりにライトアップされて観光客を喜ばせていますね。
c0192962_13464189.jpg

こんなローカルなおやつの屋台もあって楽しいんです。
c0192962_13481324.jpg

このクルクルアイスクリーム屋さんも職人技で見てるのも楽し。
c0192962_13495167.jpg

夕方暗くなる前にマッサージ屋さんに行ってからビールというのがルーティーンでした。
フットマッサージのところが見えなくなっちゃってるけど、1時間6、7ドルだったと。
カンボジアは物価が安くて嬉しい悲鳴。
小柄なカンボジアガールにマッサージしてもらって、ガリバーな気分でした。
c0192962_13545673.jpg

ドラフトビールが50セントと100円もしない!!!なんて素敵❤️
c0192962_1358457.jpg

こんな風にストリートを眺めながらボケーっと一杯。
c0192962_13595957.jpg

ビールのお嫌いな方はカクテルもお安かったですよ〜
パースではカクテルなんて一杯$20くらいしますからね、ここは天国みたいです。
c0192962_1415751.jpg

なんて素敵❤️
c0192962_1425251.jpg

カンボジアはお野菜がとっても美味しかったです。
こんな感じのディップはよく食べてました。
c0192962_1464737.jpg

ブラブラしながら今晩のディナーを物色。
この海老が美味しそうだったので、こちらに決めました。
c0192962_1493043.jpg

イカも頼んだけど、思ったより小さかった(笑)
これと空芯菜とご飯、ビール2杯で$12でした。素敵過ぎます。
c0192962_14125686.jpg

初日は3軒ハシゴでこんなものや
c0192962_1414789.jpg

こんな物まで食べてました。

気に入って2日連続でパブストリートに行ってしまいました(笑)
[PR]

by bemnty | 2017-02-13 14:19 | Cambodia | Comments(2)
2017年 02月 10日

アンコール・トム

c0192962_2017887.jpg

アンコール遺跡観光2日目はアンコールトム。
この日も朝8時頃トゥクトゥクドライバーに迎えに来てもらって、街中のホテルから20分程でアンコールトム遺跡群へ。
まずはバイヨンから探索開始。
12世紀後半に建てられた仏教寺院らしいが、巨大な観音菩薩の四面塔が数多くありデザインは斬新だが、この時代の熱心な仏教信仰が感じられ、何度も言うが圧巻でした。
とにかく、凄いね〜の連呼。
当時の暮らしの様子が描かれたレリーフも素晴らしい美術品でした。

象のテラス、ライ王のテラスなどなど、アンコールトム遺跡群のはほとんど周ったと思います。

がっつり半日観光したところで、また暑くなりホテルに帰ってゆっくりしました。
[PR]

by bemnty | 2017-02-10 20:44 | Cambodia | Comments(2)
2017年 02月 07日

アンコールワットとタ・プローム

c0192962_17114144.jpg

シェムリアップ4泊5日の3日間はがっつり遺跡巡り。
遺跡巡り初日はアンコールワットから。
ホテルを出たのは8時頃だったかな。
空港からホテルまで送ってくれたトゥクトゥクのドライバーさんに、シェムリアップ滞在中ずっと専属ドライバーになってもらいました。
まずは遺跡巡り共通の3日間チケットを購入後アンコールワットへ。
写真とか映像でよく見るけど、肉眼で見る本物はさすがに趣きと迫力があります。
こんなに立派で繊細な石の建築物が900年もの昔に建てられたなんて、圧巻でした。
第一回廊、第二回廊とゆっくり見ていたので、第三回廊に辿り着いた時には長蛇の列で初日は諦めました。
改めて遺跡巡り3日目にアンコールワットの朝日を拝みに行きましたので、日の出後にその足ですぐに第三回廊へ。
確か朝の7時くらいだったと思いますが、待ち時間も少なくすぐに上れました。
アンコールワットの西門で降ろされて、東門でトゥクトゥクドライバーと待ち合わせでしたが、あれだけ人とトゥクトゥクがいる中、よく会えたもんだと我ながら感心します。

そして、アンコールワットの次はタ・プロームへ。
ただ単にトゥクトゥクドライバーのお勧めだったので。
遺跡の上から巨大な木が生えているという、あの有名な遺跡でした。
人も多かったけど見所も満載で、遺跡と自然のパワーに年月の経過の深さを感ずにはいられない場所でした。

アンコールワット、タ・プロームと観光した後はお昼近くになっており、日差しも強くなってきたので、初日の遺跡巡りは終了です。

半日がっつり観光して、半日ゆっくりしました。
[PR]

by bemnty | 2017-02-07 23:19 | Cambodia | Comments(4)
2017年 01月 24日

シンタ マニ リゾート

2016年年末年始旅行は家族でセブ島と決めていましたが、せっかくシンガポールまで行くので(パースからだとバリ以外のどこに行くにもシンガポールやマレーシアで乗り換えなければなりません)もう一ヶ所どこかに行きたいと思いついたのはシェムリアップ。
シェムリアップだったらセブ島に入る4、5日前にパースを出て、子供達とはシンガポールで落ち合えば良い。
長女は当初、彼と一緒に参加予定だったため、シンガポールで数泊した後家族と合流予定だったのですが、旅行に行く前に破局。。。フライトも変更すると年末だったためにかなりの金額を追加でチャージされるため、泣く泣くひとり旅(笑)
結果、人に合わせる必要がないし、気楽で好きなものいっぱい食べてれ楽しかった〜と、ご満悦でしたが。
次女と息子は一緒に後からシンガポール入りして、空港近くのホテルで家族みんなと合流というプラン。
という訳で今回の旅行は3班に分かれたのです。

第一班の私たち夫婦はシェムリアップへ4泊の旅。
もちろんメインは遺跡巡り。
シェムリアップ入りは午前中だったので、初日から遺跡巡りも可能だったのですが、遺跡巡りのチケットが1日、3日、7日だったので、3日間にチケットにする事にし、初日は旅の疲れをゆっくり取ることに。

シェムリアップでの滞在先は友人が以前泊まって凄く良かったという、シンタマニに滞在。
しかし、いささか予算オーバーだったので2泊だけ。
残りの2泊はとっても気になっていたホテルに移動です。

到着は午前中だったにも関わらず、チェックインさせてもらえました。
c0192962_21222443.jpg

カンボジアでも蓮の花をよく見かけました。
c0192962_21251582.jpg

アサインされたのは1階のプールアクセスのお部屋でした。
c0192962_2127373.jpg

お部屋からの眺めはもちろんプール。
カーテンを閉めてないといけないので、気ぃ使いますけど気にならない方なので。
c0192962_2131918.jpg

プールに飛び込んで、やっとホリデー気分♪
c0192962_21381463.jpg

アンコールビールで乾杯〜
c0192962_21401930.jpg

ついでにランチもプールサイドで。
c0192962_21415930.jpg

生春巻きがオシャレ。グッドアイデア??
カンボジアは物価が安いので、ホテル価格でもビールとおつまみプレイトで$20程でした。


c0192962_21465759.jpg

続いて朝ごはん。
c0192962_2148193.jpg

サラダ、フルーツ、ブレッドなどはブッフェテーブルで、メインはオーダーです。
c0192962_21493767.jpg

一応メニューです。
c0192962_21503931.jpg

エッグベネディクト。個人的には好みではありませんでした。
って、エッグベネディクト自体美味しいと思った事ないかも。
じゃあ、オーダーするなって話だけど、もしかしたらっていつも思ってしまいます。
c0192962_2153116.jpg

こちらはフレンチトースト。
c0192962_2154971.jpg

ヌードルも美味しそうでした。
c0192962_21551933.jpg

カンボジアはフルーツとお野菜がびっくりずるほど美味しかった印象。

朝早くから観光に出掛けるので、暑くなるお昼頃にはホテルに戻ってのんびりしてました。

スタッフは親切で感じが良いし、出掛けるときは冷たいお水を持たせてくれたり、暑い中観光から戻ってくると「お帰りなさい」と冷たいおしぼりをくれたり、クチコミ通りのサービスでした。

c0192962_2157533.jpg

遺跡巡りの後は涼しい部屋でゆっくりと、逃げ恥じの最終回を観るためにiPod持参(笑)
[PR]

by bemnty | 2017-01-24 22:09 | Cambodia | Comments(6)
2016年 12月 22日

年末旅行中

c0192962_22483660.jpg
シェムリアップに潜伏中です。
カンボジア深いですね。

[PR]

by bemnty | 2016-12-22 22:47 | Cambodia | Comments(2)