気ままにオージーLIFE

bemnty.exblog.jp
ブログトップ
2017年 05月 11日

クエスト セブ ホテル

セブ島、初日から2泊はセブシティのクエストホテルに泊まりました。
これから郊外の綺麗な海のあるところに行くのに、マクタンのリゾートより街中でショッピングできる方が良いかな!?と。
場所はセブシティの中でも高級といわれるアヤラモールに徒歩3分の立地。
クリスマスだったので街中の移動も渋滞しそうだし、ショッピングも食事にも困らないだろうと、こちらのホテルを選びました。
c0192962_10224930.jpg

新しいホテルなのできれいです。使い勝手は良かったですが、お値段もそれなりなので、それなりです(笑)
c0192962_10225046.jpg

宿泊した日がクリスマスだったので、ホテルでクリスマスディナーを頂きました。
フィリピンの代表的な料理、豚の丸焼きのレチョン、ターキー、ハム、お寿司お刺身、デザートにはハロハロなどなど。
ビュッフェスタイルでしたがワンドリンク付いて、宿泊者割引があって1人2000円くらいで家族旅行には嬉しいクリスマスディナーでした。
クリスマスくらい高級ホテルに泊まって、ホテルのクリスマスディナーと迷ったのですが、うちの場合こちらで十分でした。
c0192962_10225156.jpg

隣接のアヤラモールは広いですね〜
売ってるものは何処の国のショッピングモールとさほど変わりのないラインナップでしたので、特に買い物もなく、ネイルやってもらったくらいです。
c0192962_10225291.jpg

フィリピンの国民食と言われている、ジョリービーもマストでトライ。
チーズ味のフライドポテトというのがあったのですが、ひどくジャンキー。
ま、ジョリービー自体がジャンキーですけど、フィリピン人はジャンキーがお好きなよう。
ピザ屋さんもいっぱいあって大盛況でしたね。
どこも大味です。
c0192962_10225271.jpg

夜はライトアップもされて、レーザーショーもありました。
c0192962_10225397.jpg

どこのブランドか失念しましたが、こんなの誰が買うのだろう??と思ってたら、娘たちが買っていました(笑)
[PR]

# by bemnty | 2017-05-11 09:29 | Phillipines | Comments(0)
2017年 05月 08日

サディーン ラン @ パナグサマビーチ

セブ島ではサディーン・ランなるものも見てみたかった。
有名なのはペスカドール島らしいけど、舟に乗るとまたお金もかかるしね。
ホテルのダイブセンターに聞くと、パナグサマビーチでもサディーンランが見れるとのこと。
じゃあ、外食ついでに行ってみようという事になりました。
c0192962_18282686.jpg
パナグサマビーチのアイコン的なこちらの水上レストラン。
こちらから海に入ります。
c0192962_18282605.jpg
こちらはレストランなので、必ず注文しましょう。
私達は順番で海に入りました。
c0192962_18282729.jpg
この日は少し潮の流れが荒めの日だったので、透明度も悪かったです。
c0192962_18282865.jpg
噂通りにイワシの群れはいましたね〜
いつも絶対にいるらしい。何故かとダイブセンターの人に聞いたら、
「ただ、あそこに住んでるのよ」って言ってましたけど、ほんとに沢山いました。

c0192962_18282871.jpg
見てるだけで飽きないけど

c0192962_18282910.jpg
群れの中に入って、イワシたちが自分の周りをぐるぐる回ってるのを見るのが楽しかった。

c0192962_18282911.jpg
宿泊先のホワイトビーチからはトゥクトゥクで15分くらいかな。
ホワイトビーチは所有者がいるらしく、いちいち出入りするのに料金が発生するのがややこしい。
その料金はレシートをもらえば、ホテルのチェックアウト時にお金は返してもらえます。
こちらのパナグサマビーチはダイブショップもレストランもたくさんあるし、ここがモアルボアルのメインの街になるのかな。
c0192962_18283037.jpg
こちらのレストランがトリアドでも上位のレストランとか。
トゥクトゥクドライバーのお勧めでした。
c0192962_18283176.jpg
素材が新鮮なので美味しいに決まってるけど、基本的にフィリピン料理って大味ですね。
グリルにガーリックライスをほぼ毎日食べてました。


[PR]

# by bemnty | 2017-05-08 19:50 | Phillipines | Comments(0)
2017年 05月 06日

ダイビング&シュノーケル @ ホワイトビーチ in モアルボアル

c0192962_00261838.jpg

年末セブ島家族旅行、モアルボアルのホワイトビーチでは体験ダイビングに挑戦。
宿泊先のブルー オーキッド リゾートにはダイブショップもあるので、そちらでお願いしました。
最初はもちろんプールでの講習からスタート。
みっちり教えてもらってから、目の前のハウスリーフへ歩いて移動して海に入るという贅沢な環境でした。
c0192962_00261845.jpg

この透明感、辺り一面珊瑚礁です。
c0192962_00261914.jpg

噂には聞いていましたが、フィリピンの海ってほんとにきれいで、珊瑚が元気でした。
c0192962_00262094.jpg

ダイビングもしましたが、ぷかぷか浮きながらシュノーケルで珊瑚や魚たちを時を忘れて見ていました。
c0192962_00262035.jpg

比較的浅瀬だったので、浮きながらでも近い距離でお魚を見れるのが良かったですね。
c0192962_00262161.jpg

こちらはダイビングの写真。
c0192962_00262173.jpg

分かりにくいかもしれませんが、ドロップオフになっているのです。
底が果てしなく深い感じで、濃いブルーの海の色に吸い込まれそうになります。
怖くて潜れないくせに、ボーッと海底をみていたり。
そんな風に朝、昼と一日何度もぷかぷか浮かんで楽しんでいました。


[PR]

# by bemnty | 2017-05-06 23:41 | Phillipines | Comments(4)
2017年 05月 05日

The Blue Orchid Resort @ モアルボアル

セブ島、オスロブのジンベイザメウオッチングから、モアルボアルに移動。
移動はセブシティから車をチャーター。
セブシティ→オスロブ(ジンベイザメウォッチング中は待機しててくれます)→モアルボアルのコースで、9000ペソでした。
日本円だと2万円ほどなのでなかなかの金額ですが、人数が5人だったってことと、荷物が多かったことがあるので、ここはしょうがなかったのかな?
まぁ、セブシティからジンベイザメツアーをとることを考えると安いものという風に考えました。


時間はセブシティを早朝に出てオスロブまで3時間ちょっと、オスロブからモアルボアルまでは2時間ちょっとというところでしょうか。
c0192962_09341389.jpg
モアルボアルでの滞在はホワイトビーチの「ブルーオーキッドリゾート」
リゾートの目の前がリーフのダイブ、シュノーケルスポットです。
一日中シュノーケルしていても飽きほどの素晴らしいスポットでした。
c0192962_18531636.jpg
お部屋はシンプルながら、とっても清潔。
毎日ほんとに綺麗に掃除してくださいました。
c0192962_18531658.jpg
もちろん目の前は海ですよ。
c0192962_18531731.jpg
こちらは子供達の部屋。

c0192962_18531850.jpg
シングルベッド2台にダブルベッドが1台でした。こちらもシンプルだけど、広くて清潔です。

c0192962_18531834.jpg
バルコニーの前はもちろん海です。

c0192962_18531900.jpg
こちらはダイニング前のカバナ。ここによく居座ってました。
c0192962_18532059.jpg
ダイニングエリア。食事の後はトランプしたりしました。

c0192962_18532189.jpg
ダイビングの練習ができる深いプールもあります。
綺麗な海が目の前だったので、もっぱら海ばかりで泳いでましたけど。

c0192962_18532176.jpg
キッチンスタッフ。皆さんとてもフレンドリー。お世話になりました。

c0192962_18532278.jpg
ホワイトビーチエリアって、ほぼホテルしかないので外食するにはトゥクトゥクで20分ほどの街に出なくてはならないのですが、1、2回外食したけど、やっぱりブルーオーキッドのご飯がいちばん美味しいって結論が出て、4泊ほぼ3食ホテルで食事していました。
でもリーズナブルだし、夕方にはハッピーアワーもあるので助かりました。

こんなブルーオーキッドリゾート、と〜っても魅力的なホテルでした。


[PR]

# by bemnty | 2017-05-05 08:59 | Phillipines | Comments(0)
2017年 04月 09日

カワサン滝の上流でキャニオニング 後編

c0192962_00221210.jpg
セブ島 キャニオニング、こんなクリフを3箇所飛び込み場所がありました。
ちょうど良く低、中、高度の順番でした。
こちらは一番最初のクリフジャンプポイント、10mくらいでしょうか。
やっぱり怯みますけど、1番先に率先して飛び込むのは写真の次女からなんです。
幼稚園から小学校3年くらいまで学校ではひと言も言葉を発しないという内気な子でしたが、いつからどこをどうしたのか、自分を主張できる人に成長しました(涙)
c0192962_00221300.jpg
こちらは長女です。
自分のジャンプをGoProで自撮りする根性ぶり。
自称高所恐怖症(謎)

c0192962_00221430.jpg
第一のクリフジャンプポイントのすぐ近くには、こんな屋台もあったりします。
こちらは中間地点で小腹も空いてくる頃なのでグッドロケーション。
買い食い用の小銭を忘れずに。
c0192962_00221531.jpg
途中、こんな大きな岩の間を通り抜けたりと秘境度満点。

c0192962_00221577.jpg
こちらではガイドが背面フリップジャンプを披露。
カッコよく見えてしまいますね〜
惚れてまうやろ!

c0192962_00221655.jpg
こちらはフィナーレの最後のクリフジャンプ。
高いです。
ここは20mくらいあると思います。
建物でいうと3階くらいの高さ。
ここから飛び降りろって、頭おかしいじゃない??
って、思ってましたが、次女を筆頭に家族が次々ジャンプ。
私としてはかなり躊躇していましたが。。。。

c0192962_00221614.jpg
自称高所恐怖症の長女が飛び込んだ時点で、
どうしよう〜
何で50を目前にしたおばさんが、こんな無茶なことしなきゃいけないんだ。
最後に取り残された私は、いささかの拒否反応を示したら、
周りのギャラリーから「You can do it」コールが。。。
お前らふざけんな、ボケ。と内心思いながらも、You can do it コールが収まらず。。。

c0192962_00221769.jpg
渋々ジャンプのアラフィフおばさん。
必死過ぎ。
ちなみに低い場所からのジャンプのオプションもあります。
c0192962_00221844.jpg
ストレスから解消された後は、ロープスイングではしゃぎまくる。


この時点が私たちの最終ポイント。
この後ランチを食べて、カワサン滝でバンブーボートに乗るというのが最終地点だったのですが、観光客で混み混みのカワサン滝に立ち寄る気にならず。
素通りして、ツアーはそこで終了してもらいました。
ここまでで十分楽しめました。
この秘境感の中、キャニオニング客しかいない渓谷で遊びまくった特別感。
カワサン滝は有名な地元の人たちにも人気の観光地なので、もちろん良いところですが、その上流はそことは比べ物にならないくらいの美しい遊び場でした。
このキャニオニングは私たち家族全員一致で、今回のセブ島旅行のベストアクティビティになりました♪

内緒にしたい秘境のアクティビティでした。




[PR]

# by bemnty | 2017-04-09 23:26 | Phillipines | Comments(4)