タグ:バリ ( 68 ) タグの人気記事


2011年 11月 24日

ワイルド ジャングル トレッキング@Bagus jati 続き

c0192962_21595914.jpg

こちらは前回の「ワイルド ジャングル トレッキング@Bagus jati」 の続きになります。
ランチ後は引き続き山歩きをしてしばらくすると車道に出ました。
バグースジャティに続く道、ジャティ村です。
クニンガンの直後だったので、ペンジョールの飾りつけが残ってました。
風情があります。
c0192962_2264472.jpg

地元のお寺もありました。
c0192962_2221061.jpg

道端で木彫りの仕事をしている人や
c0192962_22221190.jpg

牛を連れて歩いてる人
ジャティ村の普段の生活がそこにはありました。
c0192962_22254921.jpg

ワヤンくんの提案で民家の見学をさせてもらうことに。
住人の方も快く承諾してくださって、ジャティ村の人ちはみんな優しかった。
c0192962_2303782.jpg

こんな立派な木彫りの彫刻がその辺の道端に転がってる。
普通じゃない光景だけど、バリではありきたりだったりするから不思議だ。
c0192962_234874.jpg

車で迎えにきてもらうことも出来ましたが、こんな風景をみながらトコトコ歩いてホテルまで帰りました。
歩きながらもワヤンくんは話し続けていたので、やっぱり話好きなんだろうな~


 
ワイルド・ジャングル・トレッキングはこんな具合でとっても内容の濃いアクティビティで、
満足度もかなり高かったです。
それもガイドのワヤンくんのお陰だと思っています。
バグース・ジャティではジャングルトレッキングの他にものオバトゥール山 日の出トレッキングなどの多数のオプショナル・アクティビティが用意されており、
どれも興味深いものでした。
詳しくはHP参照で♪

有料のアクティビティの他に無料のアクティビティもかなり充実していますので、
ホテルでまったりしながら無料のアクティビティに参加したりしたら、お篭もり型滞在も退屈しないのでは。

個人的にはヨガのプライベートレッスンも1時間20++ドルとお得だし、
ワヤンくんと一緒に自分のレベルのヨガをしたかった。
そしてあのヨガスタジオでコンプのメディテーションにも参加したかったな~
と、思いは尽きないのです^^;


バグース・ジャティは外国資本のリゾートホテルのような洗練された雰囲気は決してありません。
リゾート内の写真ではかなり良く写ってますけど、建物の建て付けのちょっとした所に
「あれ!?」って思うことはたくさんあったし、スタッフもみんなとっても素朴です。
でもそんなゆるいところが逆にゆったりとした気分にさせてくれて、
私たちには合っていたようで、とてもリラックスした滞在になりました。
シャトルバスは出ているようですが、ウブド市街からはちょっと遠い場所になりますので、
完全にお篭もり型ホテルですが、3泊だったら最後の夜は街までディナーに出掛けてたかも^^;


c0192962_02257.jpg


ESCAPE the stress of daily life, Learn a better way to live.
ー日常のストレスから解放し、より良い方向に生きる道を見つけようーHPより

バグース・ジャティ、正にそんな場所でした。
[PR]

by bemnty | 2011-11-24 00:13 | BALI | Comments(6)
2011年 11月 20日

ワイルド ジャングル トレッキング@Bagus jati

c0192962_22134820.jpg

時間がかかってしまいましたが、お約束通りヨガインストラクターのワヤンくん再登場。
今回はバグース・ジャティでのオプショナル・アクティビティのワイルド ジャングル トレッキングに参加した時の記録です。
HPから抜粋しますと・・・・・

ワイルド ジャングル トレッキング
自然を楽しむのが一番!ホテルの周囲の渓谷を取り囲む熱帯雨林のジャングル、
そこではユニークな動植物を たくさん見つけることが出来るはずです。
周辺の竹林では1000羽にもおよぶエキゾチックな鳥たちが、木々のざわめきとともに
オーケストラを奏で、またそこに生息するサルと出会うチャンスもあるかもしれません。
それらの自然の美を発見することにより、平和的感覚や精神の健康は回復していくことでしょう。

所要時間:2.5時間
料金:お1人様 30USドル(税別)
料金に含まれるもの:ランチボックス、ミネラルウォーター


バグース・ジャティでは無料のアクティビティにヨガやネイチャーウォークなどがありますが、
ネイチャーウォークの時間帯が合わなかったため、今回はオプショナルでトレッキングに参加。
リゾートの裏山?的な山道を歩くワイルドなアクティビティ。
ガイドは数時間前にヨガをご一緒していたヨガ姿が美しかったワヤンくんでした。

竹の棒を持たされて歩き出すと、早速腰の当たりまで伸びた草をかき分ける始末。
アドバンスコースかイージーコースにするか、どちらか聞かれましたけど迷わず簡単なコースご指定で^^;

c0192962_2230117.jpg

いきなりこんな急な下り坂で始まって大丈夫なのか??

c0192962_22393225.jpg

ジャングルトレッキングはほんとにジャングルの中でした。
この調子で2時間半はキツいかも!?とヒヤヒヤしましたけど・・・・・

c0192962_22503591.jpg

時より立ち止まってはワヤンくんが説明やお話をしてくれるのですが、
このお話が長い^^;
内容は植物の説明やバリの風習などもあるのですが、
環境問題から健康の話まで幅も広い。
このお話もツアーの一貫なのか、ただ単にワヤンくんが話好きなのかは不明^^;
ヨガのときのナルシスト的な近寄りがたいオーラのワヤンくんとは違って、意外と親しみやすいお兄さんでした。
そして最初はハードなトレッキングになりそうな感じでしたが、歩いては立ち止まって話す(聞く)の繰り返しで、
トレッキング自体は想像に反して楽でした(笑)
c0192962_22591520.jpg

途中、野生のコーヒーの木などがあったり。
c0192962_2311026.jpg

行き止まりになってるかと思えば、こんなところをくぐり抜けたりワイルドで楽しい~
乾季で涼しかったせいか、蚊や虫もいなかったので快適でした。
c0192962_2382331.jpg

途中の山道でワヤンくんのお知り合いのおじさんに遭遇。
何やらお話をされていて、この辺でランチ休憩をすると言ったのか、
おじさんが「じゃ、ワシが飲み物とってきてあげるよ」(想像)と、するするヤシの木に登り始めた。
c0192962_23174892.jpg

そして椰子の実を手にしてカメラ目線(笑)
c0192962_23264083.jpg

みんなでおじさんを絶賛していたら、ワヤンくんも僕だって登れるしって(笑)
c0192962_23322256.jpg

同行者のPちゃん、「俺も登るから写真撮って」って
おっ、なかなか高いところまで登れて上手!?
c0192962_23364346.jpg

カメラアングルだったのね。
c0192962_23384969.jpg

さあ、お待ちかねのランチタイム。
お爺(勝手に命名)がどこからかバナナリーフを取ってきてくれて敷いてくれました。
ワヤンくんはこの日断食中だったので、お爺にランチをあげてました。
断食は健康のために週一でされるそうです。水分も摂らないそう。
そういえば、ウチのダンナもやってみようかなんて言ってたっけ。どうなったんだろうか??
c0192962_23441578.jpg

バグース・ジャティが持たせてくれたランチボックスwithお爺の椰子の実。
c0192962_2347854.jpg

このサンドイッチはバグース・ジャティ滞在中で一番美味しかったものかも!?
いやいや、運動したあとに青空の下で食べると、より一層美味しく感じるからですよ(笑)
c0192962_23504543.jpg

お爺とのボディランゲージでの会話は楽しかった~
お爺、ありがとうございました^^w
c0192962_2351573.jpg

さて、トレッキングはランチ後ももう少し続きます。
ちょっと長くなったので、続きは次回に。
[PR]

by bemnty | 2011-11-20 00:10 | BALI | Comments(8)
2011年 10月 28日

Sejati Spa@Bagus Jati

c0192962_23352425.jpg
バグース・ジャティ滞在中にホテル内のスパ「スジャティ・スパ」にて2時間のスパトリートメントを受けました。
迷いもなくお初のアーユルヴェーダを予約していたのですが、
アーユルヴェーダの施術を受けれるというのもこちらのホテルを選んだ一つの理由でもありました。

アーユルヴェディック・コンビネーション 2時間を選択、内容は・・・

ピジチル温かい薬効オイルをたらしながら全身をマッサージし、身体の内部へ浸透させます。解毒作用、老化防止効果のある
このトリートメントは、身体の緊張をほぐし関節の柔軟性を高め、神経と血液の循環をよくします。

レパス(ウガルシャナ)ターメリックやコリアンダーなどの薬草パウダーをゆっくりとふりかけながら全身マッサージすることで
身体の毒素を出し、血液循環をスムーズに向上させていきます。この浄化テラピーはドーシャバランスを
改善させ、 肌の状態を整え、皮膚の炎症を抑え、 眠気をなくすことに効果があります。

ピンダスウェダ薬湯に浸した熱いタオルで全身を包み、蒸気を吸引させます。この解毒トリートメントは減量にも有効で、
蓄積された体内の不純物を取り除き、エネルギーレベルの向上を助ける効果があります。

シロダラ温められた薬効オイルを額にあるエネルギーのツボ「第3の目」にゆっくりと注いでいきます。ツボを刺激し活性化させる
ことにより自己治癒力を高めることができます。生命力と免疫システムを強化することで非常に深いリラックスが
得られ、ストレスが取り除かれていくことでしょう。

と、このような内容で本格的っぽかったので、かなり期待してましたww

c0192962_23524456.jpg

さあ、こちらの受付から
c0192962_2354293.jpg

プールへ下る階段を降りて
c0192962_235583.jpg

中腹にあるスパ・パビリオン
c0192962_082192.jpg

施術室に向かいます。
c0192962_021496.jpg

お部屋はオープンエアのシングルの個室
やっぱりスパはシングルに限りますw

乾季だったのでこんなオープンなお部屋では少し寒いかなとも思ったのですが、
温かいオイルを流しながらのマッサージだったので、寒さは感じませんでした。
温かいかと思ったら、得体のしれないひんやりとした粉のようなものをかけられたり、
それはターメリックなどの薬草パウダーだったのですが、
温かいタオルで巻かれたりと一度に色んな体験をしました。
念願のシロダラも体験し、とろけて眠ってしまうかな?と思ってましたが、
あまりに大量のオイルがこめかみに垂れてくるので、オイル勿体ないなとか、
要らぬ心配をしたりして、ぶっちゃけ何だかな??って感じでした(笑)
元々アクロバティックなタイマッサージが好みなので、ちょっと物足りない感があったかも。
ま、でもそれはあくまでも個人的な感想です。
c0192962_0244298.jpg

そしてシャワーで体のオイルを洗い流した後はこちらのサロンで髪の毛を洗って、
ヘッドマッサージをしてもらいました。
こちらもかなりオープンで通りかかる人に見られまくります(笑)
でもこんなにアウトドアな場所で頭を洗ってもらってると、
田村正和に髪の毛を洗ってもらってる岸本加世子な気分になりました(謎)

この時は同じ時間帯に同行者たちはそれぞれ違うトリートメントを受けてたのですが、
他3名はかなり満足されてたようでした。
特にダンナさんはベアフット指圧というノンオイルの足踏み指圧にご満悦でしたよ^^
[PR]

by bemnty | 2011-10-28 00:28 | BALI | Comments(8)
2011年 10月 23日

バグス・ジャティの朝食

南極物語を観ました。
南極物語、聞いたこともあるし昔の映画のリメイクってのも知ってるし、
映画も観たことがある。
でも内容を思い出せなくていました。
ドラマを観ていると樺太犬のタロとジロが出てきた。
タロ?ジロ??
その名で私の脳内で長い間開かなかった引き出しが開きました。
思い出した~!!
それからというものドラマのクライマックスを想像しては泣いています。

さて今日はバグス・ジャティの朝食の記録です。
c0192962_2403511.jpg

レストランは一軒だけこちらのレストランでも朝食になります。
それほど大きくないレストランでしたが、雰囲気、眺め共にとっても良いです。
c0192962_2425776.jpg

窓際の席はいいですね~
c0192962_2442629.jpg

でも4人なのでこちらの席に。
c0192962_2452099.jpg

アラカルトかと思ってたのですが、ビュッフェでした。
とっても小規模なホテルなので、種類は少なかったです。
c0192962_2471083.jpg

でもこのサラダが美味しかった~
ここではサラダばかり食べてたような気がします。
c0192962_2484462.jpg

こちらのヨーグルトも美味しかった。
スイカのジュースもフレッシュです。
c0192962_2504069.jpg

卵の調理はエッグステーションがありました。

c0192962_2531711.jpg

こちらのホテルでは、オーガニックの野菜やハーブを自家栽培しており、
その野菜を使ってるので新鮮で美味しかったです。

ディナーもこのレストランで頂いてるのですが、写真を撮るのを忘れてました。
ディナーでもサラダを食べていたような・・・・
他のお料理は至って普通だったかな(暴)
[PR]

by bemnty | 2011-10-23 03:03 | BALI | Comments(4)
2011年 10月 14日

朝ヨガ@バグース・ジャティ

c0192962_13521074.jpg

謎の自称「森ガール」を大胆にもトップに使用してしまいました。
今頃きっと調子に乗ってると思います。
さて、今日はバグース・ジャティの朝ヨガ風景を。
バグース・ジャティでは毎日朝7:30から8:45までのモーニング・ヨガクラスがあります。
c0192962_135542.jpg

リゾートの朝は早い。
朝靄煙る中早起きして行ってみましょ~
c0192962_13555640.jpg

お隣さんに「起きてる?先行ってるよって」
ヨガには興味がないお二人さんでしたが、昨晩は行ってみようかな的なニアンスだったので、
一応声かけて。
c0192962_13562091.jpg

リゾート内はこんな階段ばっかりでした。
いい運動になります。
c0192962_13572516.jpg

ートを呼んだ方がいいのかな?って思ったけど、全然歩ける距離でした。
c0192962_13575575.jpg

見えてきたヨガ・パビリオン。
c0192962_13582738.jpg

わぁ~お、理想のヨガ・スタジオ。
素敵過ぎます。
c0192962_140327.jpg

小鳥たちのさえずりをBGMに朝の新鮮な空気をいっぱい吸ってみたくなるこの空間。
c0192962_13592234.jpg

肝心のヨガはですね、最高でした~
ワヤンくんというインストラクターさんだったのですが、
体脂肪率もしかしてマイナスですか?って感じの無駄のない、いかにもヨガとかピラティスしてますって体型の男性だったのですが、なんともユニセックス的な風貌でちょっとあっち系の方かな?
と思ってしまったのですが、お子さんもいらっしゃるみたいです^^;
そのワヤンくんがこのヨガスタジオで朝の光を浴びながらするヨガ姿は、もうドキドキしてしまうっくらい素敵で見とれてしまうくらいだったのですよ。
ヨガ、メディテーションもかなりのエキスパートのようでした。
ほんと美しかったのでいい画が撮れそうだったのですが、ちょっと「写真撮ってもいいですか?」
が言えないヘタレな森ガールでした。
でもこの後に参加したオプションのジャングルトレッキングのガイドがワヤンくんだったので、
ちょっと仲良くなったので、「明日の朝ヨガは彼の写真が撮れる♫」と張り切ってましたが、
翌朝のインストラクターはプールサイドでお茶を配ってた、ヨガを勉強中のお兄さんでした(笑)
ってことで、ヨガ中の美し過ぎるワヤンくんの写真はありません^^;
別トピでのジャングルトレッキングに登場予定(笑)


c0192962_0485827.jpg
ワヤンくんのヨガ風景写真をHPから拝借。
追加アップです^^
頭の横に見えるものは耳じゃありません。
足の裏ですよ。
ってそんなの分かってるかっ。
[PR]

by bemnty | 2011-10-14 19:59 | BALI | Comments(6)
2011年 10月 12日

バグース・ジャティ プールエリア

c0192962_22562629.jpg

バグース・ジャティ、渓谷に建っていますので坂道と急斜面ばかりなので、
いい運動になりました。
こうして見ると遥か遠く見えるプールも、昇り降りがキツそうな場所にありますが、
実際はそうでもありませんでした。
c0192962_2364621.jpg

プール側から見ると先ほどの階段はこんな感じ。
階段の両脇の建物はスパです。
c0192962_2394444.jpg

そこそこ大きくガッツリ泳げる大きさです。
20m~25mくらいだと思います。
c0192962_23124772.jpg

c0192962_23141019.jpg

緑に囲まれていて癒されます。
c0192962_2330256.jpg
プールサイドのチェアに座るとこの目線。
最初はコウモリかと思ったのですが、小さいツバメのような鳥が沢山飛んでて、
プールの水を飲んでいました。
こちらのプールは薬品が入っていない湧き水なので、鳥も飲みに来るのですね。
7月のこの時はちょっと涼しすぎて、結局プールの中には入れなかったのですが、
プールでガッツリ泳いだダンナさんはサラサラして気持ちよかったと言っておりました。
c0192962_23235257.jpg

やっぱり涼しくてもプールには入ってみたかったので、気合入れて水着を着ていきましたが、
やっぱり寒すぎで無理ってことで、こちらのジャグジーにww
暖かくって極楽でした~
[PR]

by bemnty | 2011-10-12 23:34 | BALI | Comments(2)
2011年 10月 09日

バグース・ジャティ Superior villa

c0192962_13473312.jpg

PCの調子が悪くなり日本語が打てなくなり、他のPCには写真が入ってなかったりで、
ブログの更新が滞っていました^^;
すっかり10月も半ばにさしかかり、7月のバリ旅も今年中には終わらせたく重い腰を上げた次第でございます。
え~、バグース・ジャティの滞在はスペーリア・ヴィラでした。
広めのスパ・ビラにも興味があったのですが、スペーリアでも十分かなって思いましたので。
上の写真のようにガラス窓に囲まれていますので、森の中のお部屋感いっぱいです♪
c0192962_13575363.jpg

外の緑が清清しく、とっても気持ちの良い場所でした。
c0192962_140056.jpg

バルコニーもかなり広めでお部屋にいた際には、いつもバルコニーでくつろいでいました。
向こう側のヴィラは、同行者のお隣さんのヴィラです^^
c0192962_1452143.jpg

この眺め、開放感いっぱいです!
c0192962_1463016.jpg

バスルームは広くていいのですが、ちょっと暗めだったかな。
c0192962_14112295.jpg

バルコニーから見るとこんな感じ。
一番奥手がバスルームです。
c0192962_14125181.jpg

基本的にお部屋はベッドが真ん中にボンって感じでしたが、
お部屋の中にソファーのあるくつろぎスペースがなかったものの、
お部屋自体はスペーシーだったので窮屈感もなく、なにしろお外には広いバルコニーの
くつろぎスペースがあるので、かなり居心地は良かったです。
お部屋自体は以前泊まったコモシャンバラのお部屋より広めで居心地良かったかな。
これでお部屋にアロマが焚かれてたりするだけで、好感度もかなりUPするんだけど、
残念ながら安っぽいお香があっただけで、その辺は高級リゾートとはちょっと違う感じが否めない(大爆)
次回はアロマ持参だな(笑)
[PR]

by bemnty | 2011-10-09 14:25 | BALI | Comments(8)
2011年 09月 27日

ラヤ・テガララン通り

c0192962_1952105.jpg

デルタ・デワタのあるアンドンから、道路両脇にず~っと雑貨屋さんや家具屋さんが軒を並べて、
これでもかってくらいに果てしなく続いています。
テガラランには以前にキンタマーニの帰りに寄ってるハズなんですが(写真があるので)、
この通りのことは全く覚えていない。
車中で寝ていたのか!??
ですから今回ウブドからバグース・ジャティに行く途中みたこの風景に口をあんぐり状態でした。
c0192962_19581174.jpg
c0192962_19583913.jpg
c0192962_1959911.jpg
c0192962_19592979.jpg

↑の写真のようなお店がずら~と並び、ない物なんてないだろうってくらいでした。
南部からウブドに来る途中でスカワティ市場に寄って以前の記事はこちらお買い物は済ませてきたので、通り道にこんなにお店があるんだったらこちらでお買い物したかった~
でもお店がありすぎて物色するのは逆に大変かも^^;
c0192962_2013947.jpg

そんなこんなしてるうちにテガラランに到着して、ホテルまではまだ暫く北上。
その間にもお店は続く続く・・・・・・
c0192962_20154844.jpg

そしてジャティ村に到着。
c0192962_2019480.jpg

ひんやりとした空気の「バグース・ジャティ」へ。
[PR]

by bemnty | 2011-09-27 20:21 | BALI | Comments(8)
2011年 09月 21日

カフェ・ロータスで白いワインを♪

c0192962_21593080.jpg

「彼はキャフェロータスの池の蓮の茎を思い出す。彼女はお寺の中にあるそのキャフェをいたく気に入っていて、あそこは白いワインの飲めるただひとつの場所なのだ、と嬉しそうに言っていた。白いワイン。」(山田詠美「カンヴァスの棺」より

80年代のウブドで白いワインを飲めるレストランはこの「カフェ・ロータス」だけだったそうです。
って、山田詠美の本を読んだわけでもなんでもありませんけど(爆)

こちらの老舗のカフェはあまりにも有名すぎたので、新鮮味がなく興味がなかったのですが
バリ島ナビのこちらの記事を読んでからムショウに「カフェ・ロータス」に行きたくなったのです。

この時は南部からウブドの北への移動の時で、ほんとは「サリ・オーガニック」に行く予定にしていたのですが、お買い物に時間がかかりすぎてちょっと時間が足りないってことで、
急遽思い立ったのがこちらの「カフェ・ロータス」=「白いワイン」(笑)

c0192962_221402.jpg

蓮池に浮かぶお寺のよう。
何とも神秘的。これぞ「バリ島」って感じ。
ウブドの真ん中でこんな素敵な景色を見ながら食事ができるなんて贅沢ですね~
c0192962_22194086.jpg

ほんとはあちらのお座敷席が良かったんだけど、満席だったので中のテーブル席でしたが、
蓮池&お寺ヴューはばっちりでした♪
c0192962_22214045.jpg

いただいたのは「シーフードプレートfor2」だったかな。
白ワインにはシーフードでしょ(笑)

c0192962_22254331.jpg

お味、雰囲気共によろしゅうございました@老舗カフェ
[PR]

by bemnty | 2011-09-21 22:29 | BALI | Comments(10)
2011年 09月 08日

samathaspa @ サンティカ

c0192962_19153035.jpg

相変わらずhappy hourに目ざといbemntyです^^;
こちらサンティカ・ホテル内にある(といってもvilla棟に隣接してまして、ホテル棟やパブリックエリア内ではありません。ビーチ沿いの遊歩道からの入り口になります)samathaspaはどうやらまだ新しくオープン間もない感じでした。
'11.7月時点ではハッピーアワーなるものがありまして、13:00~15:00の間はone get one freeらしい。
この時はお隣の奥さまと一緒に、それぞれ好きなコースで同じくらいの値段の設定のものを選んで、
お1人様プライスで2人分のトリートメントを受けられるという形です。
これってかなりお得です!
単純に考えれば半額です!!
こちらのspaのお値段設定もホテルのスパにしては良心的な価格設定ですので、
その上半額となると街スパ並みのお値段になったりするんです。
c0192962_19324821.jpg

入り口は海沿いの遊歩道から。
c0192962_19363715.jpg

予約時にトリートメントの内容を決めました。
お隣の奥さまは180minのアルティメイト・エスケープUS$95を選んだので、
私もそのお値段設定に合わせて3時間はちょっと長すぎるから、
60minクラウンチャクラ・バランシングUS$35
60minハイドロオキシジェンフェイシャルUS$50
の2つの単品のトリートメントを選びました。
私のは合計US$85だけど、お隣の奥さまの高い方のお値段設定で2人でUS$95払いました。
ってことはお1人様50ドル以下ですよ~安っ!!しかもお隣の奥さまは3時間のトリートメントだし~
スパのメニューはこちらでご覧になれますのでご参考にどうぞ♪
c0192962_19471698.jpg

施術室はこちらです。
真新しいのでモダンで素敵。
でもこちらは全室ダブルのルームだそうです。
ちょっと失敗したなと思ったんですけど、私、スパのトリートメントは単独で受けたいタイプなので、
別々に予約すれば良かったな~と思いました。
c0192962_19501333.jpg

トイレも透けてるし~^^;
見るのも見られるのもイヤですよね~
c0192962_1951475.jpg

施術台もこんな感じでピッカピカです。
c0192962_19521124.jpg

お風呂には入らなかったけど、半野外にありました。
モダンですね~

肝心のトリートメントなんですが、結構良かったと思うんですよ。
でもちょっと寒くて、でも1人じゃないからお隣の奥さまは寒くないかもしれないしと思って我慢してたんですけど、やっぱりお隣の奥さまも寒かったらしくトリートメント終盤になって気温設定を変えてもらいましたけど、こういう事も単独じゃないと気ぃ使いますよね。
で、極めつけが私の2時間トリートメントが終わったのと、お隣の奥さまがスクラブを洗い流すタイミングがダブってしまい、セラピストさんがシャワーの用意をしてくれたんですけど、ダブルヘッドのシャワールームだったんですよ。
いやいや2人一緒はキツいでしょ。って順番で入りましたけど、私が着替えて先に帰ってから、
お隣の奥さま「私達レズビアンじゃないのよ。お互いにハズバンドと一緒に来てるの」って弁解したそうです^^;
でもま、いづれにしろ、このピッカピカのトリートメントルームでこのお値段だったら文句なしというか理想です。
また是非再訪したいスパになりました~(笑)
[PR]

by bemnty | 2011-09-08 20:11 | BALI | Comments(10)