人気ブログランキング |

気ままにオージーLIFE

bemnty.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:Vietnam( 63 )


2013年 02月 17日

エメラルダ・ニンビン パブリックエリア

c0192962_1435457.jpg

ヴァンロン自然保護地区に隣接しているリゾートだけあって、背景には石灰岩の山を見ることができるメインプール。
滞在した年末の時期は寒すぎて、とてもプールいう気にはなれませんでしたが。
そして、ぶっちゃけ石灰岩の山が背景に見れたのは、ホテルを発つ日のみでした。
冬の時期は霧がかってるたりとか、非常に残念なんですが、近くに大きなセメント工場があって、そこから出る煙で空気が曇ってすぐそこにある山の景色さえも遮ってしまうようです。
c0192962_1435521.jpg

滞在中はこんな具合いでせっかくの景色が見えませんでした。
c0192962_1435649.jpg

こちらは冬の時期にも入ることができる室内温水プール。
c0192962_1435769.jpg

プールヴューのジムもあり。
c0192962_1435960.jpg

プールに続くアプローチ
c0192962_14351099.jpg

プールに隣接している「オーガニックレストラン」という名前のレストランですが、今のところオーガニック使用ではないそう(笑)
メインのレストランと同じメニューだそうです。
しかし近々敷地内で作ったオーガニックの野菜をだすレストランなるとか。
c0192962_14351177.jpg

リゾート内の道
c0192962_14351265.jpg

かなり広い敷地なので、レセプションから遠いヴィラの場合はカートを呼んだほうが良さそうです。
c0192962_14351482.jpg

こちらはメインのレストラン
c0192962_1435158.jpg

外の席は気持ち良さそう。
c0192962_14351642.jpg

レセプションから見た眺め。

年末の冬の時期はお天気が良くなかったので、せっかくの景色を楽しめませんでした。
晴れた日はさぞかしきれいな景色が見えるんだと思います。
c0192962_14351717.jpg


日によってはこんな風に見えるんでしょうね。(HPより拝借)

by bemnty | 2013-02-17 13:53 | Vietnam | Comments(0)
2013年 02月 14日

ヴァンロン自然保護地区

c0192962_0394277.jpg


エメラルダ・ニンビンにチェックインして、一息ついた後はホテルから徒歩10分程度の距離にある「ヴァンロン自然保護地区」へ。
c0192962_0393122.jpg

ヴァンロン自然保護地区までの道のりは、少しの民家と田んぼのみ。
道で遊んでいる子供たちに「ハロー」などと声をかけられたり、ほのぼのムード。
道の突き当たりがヴァンロン自然保護地区です。
c0192962_0393243.jpg

こんな風景が広がり、思わ「わぁ〜」と言ってしまう。
c0192962_039334.jpg

こちらのボートに乗って、冒険の始まり。
c0192962_0393447.jpg

と言っても、ボートはこちらのお姉さんが漕いでくれます。
c0192962_0393564.jpg

さぁ、ボートに乗り込みますが、このボートほんとに大丈夫ですか??って感じの華奢な手作り風のボート(爆)
c0192962_0393630.jpg

出発してすぐに広がるこの風景
c0192962_0393748.jpg

ついつい見惚れてボッーとしてしまう
c0192962_0393840.jpg

石灰岩の山の間を通り抜けると、鷺のような鳥が空を舞っている。
c0192962_0393910.jpg

ため息が出るくらいの素晴らしい景色が続きます
c0192962_0394036.jpg

しばらくするとトンネルが
c0192962_0394122.jpg

残念ながら、こちらは通り抜けることが出来ずにUターン。
タムコックでは何箇所がトンネルを通り抜けれるらしいですけどね。
こちらの方が小規模のようです。
c0192962_0394375.jpg

しかしながら、洞窟の中からの外の景色は天然のフレームに縁取られて、美しかった。
c0192962_0394446.jpg

時間が夕方近かったためか、他の人にほとんど会うことがなかった。
c0192962_0394580.jpg

すぐにしゃしゃり出たがるお隣の奥さん。
ボートを漕がせてもらってましたが、これがなかなか難しく真っ直ぐ進まないわ、息が切れるわで大変でした。
私も以前、流れのゆるい川でカヌーを長距離漕いだことがありますけど、二度とご免だと思いましたもん。
c0192962_0394675.jpg

そんなこんなしてる間に、船着場に到着。
あっという間の1時間半のボートトリップでした。
ちなみにこちらのボートトリップは入場料とボートトリップで2人で60000ドンほど。(300円弱です)
ヴァンロン自然保護地区ではまだチップの強要とか、しつこい物売りはありませんでしたが、ボートを漕ぐのも大変な労力です。
チップは忘れずにあげたいものですね。
c0192962_0394725.jpg

こちらはホテルの部屋にあった小雑誌の表紙ですが、ヴァンロン自然保護地区ですね。
タイミングが合えば、こんな神秘的な光景に巡り会えるかも。
c0192962_039489.jpg

さて、帰り道にはレース編みを中心としたお土産露店が並んでました。
買ってあげたかったんだけど、残念ながら持ち合わせがなく。。。
c0192962_0394973.jpg

この道を歩いて
c0192962_0395083.jpg

ホテルに戻りました。
2時間ほどの小旅行、感動でした!

by bemnty | 2013-02-14 22:43 | Vietnam | Comments(2)
2013年 02月 10日

Emeralda Ninh Binh Resort

c0192962_1101212.jpg

長女がヨーロッパ旅行中、パリへの移動の電車の中でスマホをすられたらしい。
長女と一緒に旅行中の友達に電話するつもりが、すられた娘の電話してしまったようだったが、聞き覚えのない声で応答があった。
聞いてみると警察だという。
娘の携帯は警察で保管しているので、娘にこの番号に電話するように言われて、翌日取りにくるようにとのこと。
電話を切ってから、電話が戻ってくるということを喜んだが、よくよく考えたらどうも話がうますぎる。
すられた当日に警察に保管なんて、そんなラッキーな事があるのだろうか?
考えれば考えるほど怪しく思い、娘には警察以外の場所に取りにいかないようには話したが、娘から連絡があるまで二次被害に遭わないか心配でした。
結果、電話は無事警察署にて返還されたそうです。
犯人が捕まったとか。
どんだけラッキーなのか(ーー;)
旅行はまだほんの半ば。
無事帰ってくるまで、気が休まりません


008.gif
さて、話はガラッと変わってハノイから2時間半かけてニンビンへ移動。
車はハノイのホテルで手配してもらいました。
確か$75だったかな。
今回はあえてハロン湾には行かず、陸のハロン湾と言われるニンビンに2泊しました。
理由は随分昔に見た「旅猿」で東野と岡村が「ハロン湾よりタムコックの方がええわ〜」と言っていたのがとても印象的で、ハノイに行ったらタムコックは欠かせないとずっと思っていた。
ハロン湾にも行きたかったけど、移動の事を考えると両方行くにはかなりの無理があったので、ハロン湾は今回断念。
もっと交通事情が良くなったら行きたいと思います。
c0192962_110135.jpg

2時間半の移動でも長かった〜
やっと宿泊先の「エメラルダニンビン」に到着。
フエ宮殿をイメージさせる伝統建築様式。
2011年オープンとまだ新しいホテルかと思ってたけど、なかなかの貫禄。
c0192962_1101498.jpg

全てのお部屋は古民家建築風のコテージで、広い敷地の中で何セクションかに別れていて、そのセクションによってはプールがあったりするので夏はいいですね。
c0192962_1101690.jpg

さて、私たちのヴィラはこちら
c0192962_1101725.jpg

お部屋は広々
c0192962_1102098.jpg

c0192962_1102119.jpg

c0192962_1102550.jpg

バスルームも広々。
c0192962_1102650.jpg

ちょっと広すぎる感も
c0192962_1102364.jpg

お庭もあってくつろげるようになってました。
c0192962_1102429.jpg

でもあんまり手入れされてないので、ちょっとマシだったお隣さんの方ばかり行ってました。

by bemnty | 2013-02-10 23:07 | Vietnam | Comments(4)
2013年 02月 03日

朝散歩@ホアンキエム湖

c0192962_22183290.jpg

ベトナム2日目の朝はホテルから歩いて5分くらいの「ホアンキエム湖」でウォーキングしましょってことで、朝食前に出掛けてきました。
c0192962_2218336.jpg

ニャチャンでみそうだったけど、ベトナムの人は朝のエキササイズが習慣なのか、ここホアンキエム湖でも老若男女、それぞれ単独で体操をしてたりとか、グループでエキササイズしてたりとかで、一周するとかなり面白かったです。
c0192962_22183433.jpg

一周どのくらいかかるか予想も出来なかったのですが、一周だいたい20分くらいで程良いサイズでした。
c0192962_22183555.jpg


ブレブレですが、ダンスを踊ってるグループとか
c0192962_22183625.jpg

バドミントンをしてるグループ
c0192962_22183832.jpg

踊ってるグループや
c0192962_22183997.jpg

ゆっくり歩いているお年寄りも
c0192962_22184240.jpg

歩いていると「一緒にやろうよ」なんて誘ってもらったり、何とも微笑ましい朝のホアンキエム湖でした。
c0192962_2218439.jpg

戦争が終わって今年で40年なんですね。
それほど昔でもない悲しい過去を背負っていても、ハノイの人々はとてもたくましく、ひたむきで朗らかで前向きな印象を受けました。

さて、エキササイズのあとは朝ご飯

by bemnty | 2013-02-03 21:35 | Vietnam | Comments(6)
2013年 01月 27日

ハノイの旧市街を徘徊

c0192962_23363518.jpg

ホテルをチェックインした後は早速旧市街を探索。
バイクの交通量は多かったけど、ホーチミンほどではなかったな。
道幅も片側一車線ばかりなので、横断の苦労もなく。
c0192962_23365259.jpg

まずは腹ごしらえ。
ホテルのスタッフに聞いて近くの美味しいフォー専門店へ
c0192962_23363755.jpg

牛肉のフォーをオーダー
調理場がガラス越しで見えるようになっていたので、なんとなく安心。
c0192962_2336389.jpg

本場はやっぱり美味しかった〜
c0192962_23364060.jpg

その後は街を徘徊。
何処をどっちの方向に行っていいのかも分からず、ウロウロ。
ベトナムの電線はこんな感じでぐちゃぐちゃ。
そんなのばっかり目に付きます。
c0192962_23364197.jpg

帽子屋さんで何故か帽子を大量買いしたり
写真の男の子は帽子売りが上手かった子(笑)
c0192962_23364281.jpg

サンダル屋さんでサンダルを作ってもらったり

c0192962_23364319.jpg

ジュース休憩したり
c0192962_23364426.jpg

靴屋さんをひやかしたり、とにかく色んなお店があって楽しい〜
ちなみにこのナイキのスニーカーは1000円くらいから買えます。
もちろんパチ物なんでしょうけど。
試しに子供に買って帰りましたけど、なかなか履き心地も良いらしいですよ。
テニスしてましたけど、壊れませんでした。優秀〜(謎)
c0192962_23364558.jpg

お隣の奥様は買い物する気満々の表情で街を徘徊していたので、あれ買ってこれ買ってと声を掛けられるx100
私は食べたい顔をしてたのか、声を掛けられるのはドーナツ売りとかばかり(ー ー;)
みんながお買い物に夢中中に気になったのがこちら。
c0192962_2336475.jpg

何やら貝の出汁のヌードルらしい
c0192962_23364893.jpg

ちょっと前に露店春巻きを買い食いしたし、ディナーの時間には早いけどどうしても食べたかったので。
2人でひとつシェアーしました。
c0192962_23364953.jpg

これが大正解!!
貝のお出汁にトマトの酸味でさっぱりとしたスープに具沢山のヌードル。
これにハーブをどっさり入れて頂きました。
これ、個人的に今まで食べたベトナム料理の中でダントツいちばんです!
シェアーなんてしないでしっかり食べれば良かったと夜中に後悔するくらい。
c0192962_23365032.jpg

そしてディナーは鍋屋さんで。
ほんとは炭焼き街に行きたかったんだけど、ホテルのスタッフに聞いたとおり歩いていくと何だか怪しい雰囲気になってきて。。。。
ハノイの旧市街は専門店が集まってるのだけど、どうも棺桶専門店のセクションに侵入してしまったようで怖かった〜
先には進まず後戻りして、炭火焼は諦めて鍋になりました。
c0192962_23365137.jpg

温まったし、お野菜もいっぱい摂れたけど何となくイマイチ。
ローカルさんで賑わってたんだけど。
やっぱり昼間のヌードルが最強だったからか、食欲がなくなってたからなのか!?

by bemnty | 2013-01-27 22:29 | Vietnam | Comments(0)
2013年 01月 24日

Golden Silk Boutique Hotel

シンガポールからハノイに移動です。
約3時間のフライトだったかな?
シンガポールでトランジット泊したし、ディレイもなかったし楽なフライトでした。
朝早くシンガポールを出て、ハノイに着いたのはお昼を回った頃。
ハノイのホテル選びは迷ったのですが、旧市街の新しいブティックホテルにしました。
c0192962_2193265.jpg

ちょっと面白い地図を見つけたので、載せておきます。
ハノイの旧市街は街を歩いてると分かるのですが、ブロックごとに専門店かたまっていて面白かったです。
今回のホテルはシルク街の通りにある「Golden Silk Boutique Hotel」です。
c0192962_2193423.jpg

ハノイの空港からはホテルの送迎を頼みました。
大きいホテルだったらタクシーの運転手も分かりそうですが、今回は小さなミニホテルで同じようなミニホテルはハノイにも沢山あるので、迷う恐れ大ってことで。
上の写真はホテルの外観。
2012年オープンのまだ新しいホテルです。
c0192962_2193595.jpg

「Khaisilk」のお隣です。
c0192962_2193685.jpg

お部屋はこんな感じ。
ベッドも枕もこの旅一番!ってくらいでした。
奥に見えるのはバスルーム。
もちろんブラインドもありましたよ。
c0192962_2193745.jpg

テレビの横にドレッサーもありました。
c0192962_2193824.jpg

そうそう、このホテルはミニバー内はフリーでしたよ。
c0192962_219393.jpg

こんな座れるスペース嬉しい。
c0192962_2194022.jpg

そしてこのお部屋には小さなバルコニーも付いていたのでタバコ吸いのお隣さんは喜んでました〜
c0192962_2194165.jpg

景色はこんな感じ。ベトナムです(笑)

このお部屋はStudio Suite with Balcony というカテゴリで朝食付きで8000円くらいでした。
朝食も全く期待してませんでしたが、すっごく美味しかったです。
今回ハノイでは観光という観光はしていないのですが、お買い物も色んなものがあって楽しかったし、ストリートフードも美味しそうで、旧市街の物色も面白かったし、ホキエム湖の朝の散歩も面白かったし、何処にでも歩いていける立地は抜群でした。
そしてまだ新しいのできれいだし、スタッフもにこやかでみんな親切だったのが良かったですね。
しいと言えば、バスタブの水はけが悪かったかな。
ジムやプールはないけど、一泊だったし冬のスティだったので問題なしでした!

by bemnty | 2013-01-24 21:09 | Vietnam | Comments(4)
2013年 01月 14日

今年もよろしくお願いします♪

c0192962_15221978.jpg

明けましておめでとうございます。というには、すっかり遅くなってしまいましたが^^;
11月末のタイ旅行のほとぼりも醒めないまま、年末年始旅行のベトナムと嬉しいことにも旅行続きでしたが、
いささか放心状態でした。

今年も旅行中心のブログになりそうですが、細々続けていけたらと思います。

今回のベトナム旅行は北部、中部中心の旅行になりました。
ベトナム北部は冬ってことで、寒くて毎日どんよりしていました。
北部に行ったら欠かせない世界遺産のハロン湾は年末ってことで混んでるだろうなということで、
まさかのハロン湾抜き^^;
その代わりに陸のハロン湾と言われている「ニンビン」というところに行ってきました。
ハノイからも2時間半ほどの距離の場所なので、日帰り旅行が主みたいなのですが、
ゆっくり2泊してきたので、ベトナムの田舎風景を存分満喫してきました。
そして念願のホイアン。
思っていた通りの素敵な街でした。
年越しはホイアンでしたが派手な花火の打ち上げなどはなく、ほっこりアットホーム的な年越しでした。
大晦日のホイアンで思いがけぬ方と遭遇してテンションMAXになったりと盛りだくさんなホイアン滞在でした♪
行きはハノイinで、帰りはホーチミンoutのまさにベトナム横断旅行になりましたが、
田舎でのんびりしてきたところに、ホーチミンの喧騒はいささかぐったりしたかな。
今回、ホーチミンとハノイの2大都市を経験して思ったことは、個人的にはハノイの方が好きです。
ハノイの方が保守的なのかと勝手に想像してましたが、ハノイの人々は実に朗らかでフレンドリーでした。
同行者のお隣さん夫婦もご満悦だったベトナム旅行、少しずつ記録していきたいと思いますので、
またまたお付き合いくださいませ。

そして遅くなりましたが、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

by bemnty | 2013-01-14 16:23 | Vietnam | Comments(6)
2012年 09月 25日

ホーチミン名物 ヤギのおっぱい焼肉とその他もろもろ

c0192962_18292321.jpg

ホーチミン名物、ヤギのおっぱいの焼肉。
ベトナムナビの記事で見た小さいプラスティックのテーブルが路上に並ぶようなローカルなヤギ焼肉ストリートに行くたくて、
カラベルホテルのコンシェルジュに確認したところ、わざわざ調べて色んなところに電話して「ここがいい」と教えてくれました。
そしてタクシーの運ちゃんにも住所を渡して、着いたのがここ。
c0192962_18463867.jpg

想像してたのは路上のテーブルで食べるって感じだったのですが、普通のお店。
ほんとにここでいいのかな??って感じでしたが、やっぱりヤギ料理屋さんで、ホテルのコンシェルジュが気を使ってくれたようでした。
路上じゃないだけで、思いっきりローカルなお店でした。
c0192962_1853173.jpg

そしてお目当てのヤギのおっぱいの焼肉をオーダー。
ホーチミンの松潤と勝手に命名したお兄ちゃんが手とり足取り教えてくれます。
でもこの松潤くん、全く英語がわからない。
身振り手振りでこのタレにつけてこれで巻いて食べるって教えてくれたりして、すっごく優しくて親切でした。
c0192962_1975012.jpg

そしてお決まりのハーブ類。
ソースはちょっとクセのあるソースでした。
c0192962_1993731.jpg

ライスペーパーは湯通ししていないパリパリのものにお肉とハーブ類を巻いて食べます。
ヤギのおっぱいの肉はホルモン系のシロ??みたいな食感で美味しかったです。
赤身のお肉も食べたけど、おっぱいのお肉の方が美味しかった。

c0192962_19163897.jpg

そして別の日にカラベルホテル近くのラップ&ロールでのお食事。
ラップ&ロールってフランチャイズでホーチミンにも何店舗かあるようなんですが、
清潔な店内で気軽に楽しめるベトナム料理のお店です。
c0192962_19182530.jpg

揚げ春巻きも~
c0192962_19211155.jpg

巻き巻き~
c0192962_19215710.jpg

バイセンオも~
c0192962_19223540.jpg

巻き巻きが美味しい~♪
c0192962_19232224.jpg

生春巻に
c0192962_1924496.jpg

蒸し春巻き~春巻きでお腹いっぱい!!
店内は清潔だし、涼しいし、ローカルのお店よりは少し割高らしいけど、美味しかったしお気に入りになりました。


c0192962_19261832.jpg

そして最後はお買い物。
サイゴンスクエアでお買い物しました。
c0192962_19274514.jpg

色々とごちゃごちゃ売ってます。
ベトナムは各ブランドの縫製工場などがあって、色んな経路でこちらに流れてくるようなんですが、
タグはバナリパなどのブランドだったりしますけど、本物かどうかは不明。
この時は息子の学校で使うクイックシルバーのディバックを買いましたけど、丈夫で毎日使ってますが今のところ壊れてません(笑)
他にはiPhoneアクセサリーとかが種類が豊富で安かったです。


これで4月のベトナム旅行記完結です!
長々とお付き合いくださりありがとうございました。
始めてのベトナムは衝撃的に楽しく、帰ってからもしばらくは頭からベトナムが離れなかったくらいでした(笑)
今は大分落ち着いていますが、やっぱり北部から中部にかけても熱が覚める前に行ってみたいということで、
年末にまた行く予定です。
今からとっても楽しみです♪

by bemnty | 2012-09-25 19:42 | Vietnam | Comments(5)
2012年 09月 25日

カラベルホテル

c0192962_17394687.jpg

ベトナム旅行の最終日はダラットからホーチミンに戻り、次の日のフライトを控えカラベルホテルに宿泊しました。
今回の旅行のメインはニャチャンとダラットの地方都市でアウトドア的な遊びだったので、お買い物は最終日までおわずけ状態。
お買い物メインのホーチミン滞在ということで、ホーチミンの中心の市民劇場の真横のカラベルホテルにしました。
c0192962_17463523.jpg

そしてカラベルホテルにしたもう一つの理由は13歳以下の子供は料金がかからなかったこと。
ほとんどの他のホテルは12歳以下だったのですが、カラベルは何故か13歳以下。
エキストラベッド代はもちろん別料金だったのですが、実際部屋に行ってベッドの大きさを見てからでもいいかなっと思ったので、事前にエキストラベッドは頼んでいませんでした。
ツインでリクエストしてたと思うのですが、何故かダブル。
ってか、ダブルを2つくっくつけたくらいのエキストララージキングっぽい。
余裕で3人川の字で寝れたので問題なし。
エクストラベッド代が浮いて良かった~(笑)
c0192962_17542828.jpg

建物は新しいものではなかったのですが、お部屋は広くて清潔で居心地良かったです。
wifiフリーです。
c0192962_17565843.jpg

玄関のスペースも広々で使い勝手良かったです。
c0192962_17585567.jpg

バスルームは普通だけど広々。


そして、ダンナがひどく気に入ってたのはプールエリア。
ジャグジーにサウナなど揃っていて、更衣室??とにかく良いんだよ~
って絶賛していました。
が、私はお買い物に夢中で見てません。
もちろん写真もなし(残念)
立地もドンコイも目の前だし、コンビニもすぐ近くで、お買い物やお食事処には困りません。
おっさん、ひどく気に入り次もここがいい!って言ってたくらいです。

c0192962_18125110.jpg

ホーチミンおじさんの銅像もすぐ近くでした~

by bemnty | 2012-09-25 18:17 | Vietnam | Comments(0)
2012年 09月 22日

クチトンネル

c0192962_22561315.jpg

ベトナム初日、夜の便に乗って朝に到着。
ホテルに荷物を預けてご飯を食べに行ってから、あらかじめ手配していたガイドさんとホテルで待ち合わせをして、クチトンネルへと向かいました。
クチトンネルといえばベトナム戦争中、米軍を苦しめたゲリラ戦の基地となったトンネル。
メコンデルタに並ぶホーチミンからの定番日帰りツアー。
バスに乗り込むツアーだったら一人$10以下で済むツアーも個人のガイドと車手配なので、
お一人様$39と少々高めだったが、安いツアーは早朝出発しかなかったし、次の日はニャチャンへ移動だったし、男子組から切望されていた場所だったので、行ってきました~。

c0192962_2392863.jpg

ガイドのサミーくん、この方サービス精神旺盛で、行きの車の中でも2時間ぶっ続けで喋ってました^^;
ぶっちゃけ、あまり飛行機で寝れなかったので、この車移動で寝る気満々だったのですが、全く寝れませんでした。
帰りの車では爆睡してしまったのですが、ガイドくん、ドライバーさんとずっと喋ってたらしいです。やっぱりただの話好き??
c0192962_2320543.jpg

そうそう、これは落とし穴^^;
落ちたら痛そうですね・・・・・
c0192962_23235966.jpg

ここは落とし穴ではありません
c0192962_23253152.jpg

穴の中に入って
c0192962_2327598.jpg

隠れて敵を待ち伏せしてたようですね。
c0192962_23303623.jpg

そしてこちらが地下道。
腰を曲げてやっと歩ける広さ。
このトンネルはカンボジアとの国境付近まで全長200kmにもなり、ベトナム戦争時にはこの中で生活していたらしい。
ここでのベトコンの堅固な抵抗が、ベトナムに勝利を もたらした要因の一つといわれているらしい。
恐るべし、ベトコン。
並大抵の根性と精神力ではない。


c0192962_23424335.jpg

しかし、今回の一番の目的はAK47の実弾射撃。
AKB48じゃありません。似てるけど。
息子くん、やたら銃の名前に詳しく、色んな銃を見て興奮していたので、
何でそんなに詳しいのかと思ってたら、バーチャルの世界で撃ちまくってるらしいです^^;
c0192962_2355481.jpg

最初は子供は撃てないと言われましたが、懇願したらあっさり出来ました。別にお金を払ったりした訳でもありません。
この時実際の射撃の音も入れたかったので動画ばかり撮ってたのですが、
後からSDカードの故障みたいで旅行中の動画が全て消えてしまって悲しい思いをしました。
次女が日本でホームスティ中だったこともあり、連絡するためにホテルでは常に持参したPCを繋いでいたので、
写真もPCに移しておけばよかったと、大後悔。
c0192962_035622.jpg

弾丸の残骸。
息子くんショット。
こんなの見て、スゲ~って興奮。
そんなに好きなら陸軍に入れば??って聞いたら、
アフガニスタンに行きたくない。とあっさり返されました。

 
そうそう、こちら蚊がすっごく多かったです。
行かれる方は虫除けをお忘れなく!!

by bemnty | 2012-09-22 00:19 | Vietnam | Comments(4)