人気ブログランキング |

気ままにオージーLIFE

bemnty.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2012年 06月 25日

Canyoning in Dalat (2)

c0192962_22225682.jpg

結局この滝は高さ20mらしい。
ガイドのPhatさん、冗談とかも言うのだけど基本的冷静な方なので、淡々と説明をしてくれます。
滝の上部は岩肌がなだらかなので、ゆっくり慎重に降りていって、途中からは急になってくるから、
スピードをあげてリズムよくとか、滑って転んでも落ち着いて立ち上がれパニクるなとか、
いくら口で説明されてもピンとこない。
というか、説明を聞いている間は「私、こんなところで何してるのだろう??」的な、
自分でも何を求めているのかわからなくなり、自分の無謀さに後悔していました。
旦那と息子はやる気満々でしたが、ここまで来てアラフォーの私は怯む一方で、
こんなジャングルの真ん中で怪我でもしたら迷惑がかかるという思いも大きくなるし、
いっそのことカメラマンに徹底してしまおうかとも思いました。
しかし、そんな私の後押しをしたのが、別のグループで来ていた韓国の美女2人組。
c0192962_223795.jpg

この写真の崖の下に小さく写ってる女子なのですが、年齢は20代半ばくらいで、
え!?KARA??って感じの今どきの若い美しい韓国人。
服装も日焼け防止重視で、長袖のTシャツに長いレギングス的なコットンの%多くて、
速乾性ないから水に濡れたら寒いだろ?!って感じな服装でこの娘たち大丈夫??って感じでした。
そしてこちらのグループはこの滝を降りる前がランチタイムだったらしく、
私たちが説明を聴いてるときは楽しげに呑気にランチ食べてて、何故かマンゴーと自分たちのツーショットの写真とか撮ってて、
私の気持ちとの高低差がありすぎてムっとしましたが、
一方「こんな小娘等に出来て、私に出来ないハズがない」という気持ちが大きくなったのです。
腹を決めたら対策を練らなければ。

1番手はダチョウ倶楽部のお決まりのギャグ的に、「じゃ、どうぞ」とドイツ代表のマーティンから。
彼はやたらと背が高く190cmはあったと思うのですが、長身だとバランスが悪いみたいで、
何度も体制を崩して滑って、お気の毒にも少々流血してましたけど、人の振り見て我が振り直せ的な、
ああしたらいけないとか、学ばせてもらいました。

ま、どんなに文章で説明してもピンと来ないと思いますので、2番手の旦那の動画をご覧ください。

何度見ても笑ってしまう・・・・我ながらドSだと思う。

さぁ、私の番です。
これまでに自分なりに考えた対策は、
経験もなければ飛び切り優れた運動神経もない、私に残された道は集中力のみ。という結果に。
前の沢下りでの経験で、パニクって水を飲んでむせてしまったりしたらおしまい。
とにかく慎重に滑らないようにゆっくり降りていこうと。
c0192962_2325314.jpg

森ガール改め「滝ガール」
下は見ない、絶対に見てはいけない!!
c0192962_23252565.jpg

一度は滑って体制を崩しましたが
c0192962_23262235.jpg

パニックになることもなく無事に終えることができました(祝)

も~、この時の達成感といったら、しばらく味わってない感覚でして、心の底からガッツポーズって感じでした。
我ながらまだまだイケてると思います。まだ可能性ありますね。(何の?)

さて、最後は息子でしたが、のっそのっそとスローな私と比べて、無茶苦茶早い!
さっさっさと降りてきて、何度か転びましたが、すぐに体制を整えて、スルスル~っとおしまい~みたいな。
やっぱり若いって違うな~
息子の動画も撮ったのですが、転んだところで私がパニクり画面がガタガタになってしまいました^^;
医者は親族の手術に執刀しないって言いますもんね(謎)


c0192962_23432778.jpg

さぁ、参加者全員無事に終えることができたら、ピクニックランチタイムです。
c0192962_23445813.jpg

もちろんバイミン♪
c0192962_2347576.jpg

この時にやっと心からこの美しい景色を楽しむことができました。

次回に続く(まだあるの??)

実は私たちのランチタイムに例の韓国美女たちの滝下りタイムでした。

by bemnty | 2012-06-25 00:10 | Vietnam | Comments(2)
2012年 06月 22日

Canyoning in Dalat (1)

c0192962_16521469.jpg

ダラットのことを色々と調べていると、何ともアクティビティ豊富な場所。
街からほど近い場所に森があり川がありいくつもの滝があるらしい。
そして偶然見つけた動画に「こんな面白いことができるんだ~」と興味を持って、
ツアー会社とコンタクトをとって12才の息子でも出来るかどうか確認してから予約を入れました。
キャニオニングのプログラムがある会社はいくつかあるようでしたが、私たちがお願いしたのは
Phat Tire Vietnamトリップアドバイザーでもクチコミが良かったので。
ま、キャニオニングって何??って感じですが、ここでいうキャニオニングはアブセイリングで岸壁ではなく、滝を降りるって感じです。
初めてでもちゃんと教えてくれるので、問題ないと軽い感じだったので、不安も何もなく参加したのでありました。

持ち物は何度も確認したのですが、濡れてもいい服に滑らない靴とのことだったので、
水着の上にラッシュガードにボードショーツにアクアシューズを着込み、やる気満々。
ダラットは永遠の春というくらい、日中でも涼しい気候なので、川の水も冷たいだろうから、
濡れたときはせめてタオルで水気を拭き取りたいとタオルも持参したのですが、
「タオルもいらない」の一点張り。私もしつこく聞いたのですが、濡れても移動で結構歩くし、
歩いてると暑くなってくるから大丈夫だよと。
水もガイドさんが持ってきてくれるそうだし、参加者は手ぶらで持ち物はカメラのみ。

c0192962_20581919.jpg

ガイドは2人、Phatさんと助手の人。
Phatさんがメインで教えてくれて、助手の人は荷物を持ったり道案内をしたり、
写真を撮ってくれたり、基本的にアブセイリングの時は下で待機してくれてます。

はじめにギアーの説明とアブセイリングの仕方を教えてもらって、すぐに実施。
とりあえず斜面で一人一回づつ練習します。
この時3人とも人生初のアブセイリング。
おっかなびっくりではありましたが、それほどの急斜面でもなかったので無事にクリア。
そして次のステップへ。

c0192962_2173220.jpg

それでは今度はここを降りてねと・・・・
上からだとよく見えないけど、ちょっと高そう。
この時のツアーの参加者は私たち親子3人とこちらのドイツから来たマーティンの4名。
勇敢なこの方が先に挑戦してくれました。
c0192962_21111045.jpg

何だか崖が直角っぽいんですけど大丈夫か??
c0192962_21153333.jpg

私にはカメラマンという使命があったので、2番手に。
なるべく下を見ないようにして何とか降りれたけど、終えて見上げてみればこんな景色が。
人生二度目のアブセイリングでこんな感じ^^;
ここは何とかクリアできたけど、このペースでは先が思いやられる・・・・・
こういうことはアラフォーのオバサンより、12才の子供も方が上手く出来るみたいで、
息子の心配より自分の心配をしてしまう。
c0192962_21235667.jpg

息子も問題なくクリア。
なかなか楽しんでいるよう。
c0192962_2126171.jpg

バックにはきれいな滝が。
この日見た最初の滝。
c0192962_2126338.jpg

次は少し山道を歩いてこちらで沢下り。

こちらは動画を貼ってみました。
みんな楽しがっていましたけど私はここで水に揉まれ、水中で右も左も上も下も分からなくなりパニック状態。
ほんの数秒のことが長く感じられ水を飲んでむせてしまった。
よくよく考えればライフジャケットを着ていたので、何もしなくても浮かんだハズなんですが^^;
でも私はここで学んだ。
パニクったら終わりだと。
c0192962_21501100.jpg

そして今度は川上に向かって歩きだします。
c0192962_21505924.jpg

ジャングルの中を歩き
c0192962_21524333.jpg

川を渡ったり・・・・
まるでMan VS Wild(ディスカバリーチャンネルの番組です)的なワイルドトレッキングだけでも面白かったかも。
確かに最初にPhatさんが言っていた「タオルはいらない、歩いてると暑くなってくるから」
というのはこの事だった。
c0192962_21584346.jpg

そしてたどり着いたのはここ。
ここをアブセイリングで降りろと言う。
上からだとよくわからないが結構高い滝らしい。
c0192962_220849.jpg

結局はこの滝だったのですが、人生3度目のアブセイリングでこの滝を降る。
水量も多いみたいなんですけど、大丈夫だろうか(泣)

次回に続く。

by bemnty | 2012-06-22 22:10 | Vietnam | Comments(2)
2012年 06月 12日

お部屋 @ アナマンダラ ダラット

c0192962_18302754.jpg

私たちがアサインされたお部屋はこちらのVilla3の一室でした。
アナマンダラ・ダラットのヴィラは一軒のヴィラに何室かお部屋があってその一室を割り当てられるのですが、各ヴィラごとに共有のリビングがあるので、大人数でひとつのヴィラを借りたりすると楽しいでしょうね。
実際、朝食時に見かけた家族は3世代の大人数でいらっしゃてました♪
c0192962_18474089.jpg

こちらも紫陽花の花がきれいに咲いていました。
さぁ、ヴィラの中に入ってみましょう。
c0192962_18522899.jpg

おじゃましま~す
c0192962_1850484.jpg

玄関を入って右手には共有のリビングが。
c0192962_18544417.jpg

広い~、素敵なリビングスペース。
でも、私たちだけでは使いませんでしたので、勿体ないスペースといったらそうなのかも^^;
c0192962_1857220.jpg

私たちは2階のお部屋、304でした。
c0192962_18583430.jpg

さぁ、どんなお部屋かな~
c0192962_1912979.jpg

蚊帳付きの寝心地の良さそうなベッドに
c0192962_1924114.jpg

スタディーデスク。お部屋でネットもできました。
c0192962_1941534.jpg

暖炉もあります。使わなかったけど、灯てもいいくらい夜は寒かった。
c0192962_1953157.jpg

こんなスペースも嬉しい♪
c0192962_1964317.jpg

そしてバスルームが広い~
c0192962_1973030.jpg

アンティークっぽいバスタブがお洒落♪
c0192962_1982370.jpg

そしてこの階段を上ると
c0192962_199919.jpg

屋根裏にもうひと部屋。
$20くらいしか変わらなかったのでスイートにしたから、この部屋がついてたみたいなんですけど、
一度も使わなかったから無駄だった^^;
このスペースがなくても十分の広さでした。

by bemnty | 2012-06-12 19:56 | Vietnam | Comments(6)
2012年 06月 10日

Ana Mandara Villas Dalat Resort & Spa

c0192962_0264643.jpg

ダラットは標高1500mの高地にあり年間を通して涼しいことから「永遠の春の街」と呼ばれており、
フランス植民地時代には避暑地の別荘地として栄え、フランス人により多くの住居や別荘が建てられたそうです。
街中もここがベトナム??って感じでミニエッフェル塔あり、ムランルージュもどきありで、フレンチコロニアル系の建物もたくさんあったりします。
アナマンダラ・ダラットのヴィラも1920-30年代に建てられたものを修復した歴史ある建物のデザインやインテリア等、おフランスの雰囲気が楽しめます。
もともとダラットに目がついたのはこちらのホテルを見つけたからで、このホテルに泊まりたいからダラットまで来たと言っても過言でないくらい。
c0192962_040719.jpg

広い敷地には一軒一軒デザインが違う個性的なヴィラが建てられています。
c0192962_042536.jpg

ヴィラによって部屋数も違うようです。このヴィラは広そう。
c0192962_0471482.jpg

広い敷地には至るところに松の木が植えられている。
これもフランス植民地時代にダラットをフランスのようにしようとしたフランス人によるものらしい。
ニャチャンからダラットに入ったときもこの松の木の林で雰囲気がグっと変わった。
c0192962_052387.jpg

小高い丘に位置しているので敷地内を歩いていると
c0192962_0541291.jpg

ダラットの街並みも見えてくる
c0192962_0554494.jpg

やっぱり何となくアジアっぽくない雰囲気。
c0192962_0565877.jpg

涼しい気候に適しているのか紫陽花の花も生き生きとしている。
c0192962_125780.jpg

ベトナムっぽくないダラットのアナマンダラです。

by bemnty | 2012-06-10 01:05 | Vietnam | Comments(0)
2012年 06月 05日

ニャチャンからダラットに移動 with Viet Nam Rider  その2

c0192962_22545231.jpg

前回からの続きです♪
↑の写真の辺になってくると標高が高くなってくるので、ジリジリ焼つく暑さだったニャチャンとは打って変わって涼しくなります。
この辺からウインドブレーカーを着ました。
c0192962_2331160.jpg

さあ、もう少し上に走っていきますよ。
この辺の山道も景色がきれいでした~
息子にカメラを取られたので、写真はありませんが^^;(本人は動画を取ったらしいが動画はSDカードのエラーで動画は残ってないし)
c0192962_2341838.jpg

実は事前に滝とコーヒープランテーションが見たいってリクエストしていたのです。
OK、OK!!って感じでしたが、確かに途中滝だらけでした。
でも私が想像していた滝と違ってはいたのですが、後日滝はイヤってほど見れるんで問題なしですが。
ま、走行中にところどころにあった滝もなかなかの迫力でした。
c0192962_23123238.jpg

そしてコーヒー畑。
ダラットはコーヒーの産地としても有名なんです。
ここも私の想像したコーヒー農園とはちょっと違って、コーヒー畑の端っこって感じでした^^;
c0192962_23144846.jpg

というのも、この写真の右側の斜面を登っていくとコーヒー農園の端っこにたどり着くもので(笑)
ま、それでなくともお尻が痺れてきて早く目的地にたどり着きたいって感じでしたので、
わざわざコーヒー農園行来たかった訳ではないですし^^;
c0192962_23193179.jpg

息子くん、了解を得てバイクに跨いでみる。
このバイク、オーストラリアの警察のバイクに似てます。
c0192962_23214380.jpg

この辺になってくるとフランス植民地時代に植えられたという松の木が増えてくる。
c0192962_2334229.jpg

次のストップはランチタイム。もちろん大衆食堂です^^;
c0192962_2336181.jpg

味は美味しかったのですが、ここの食堂に昭和の時代に見たことがあるガムテープみたいなハエとり?
に真っ黒なくらいにハエがへばりついていて、そんなの見たこともない息子が「あれ何?」を連発していて困りました^^;
言葉の通じないこちらのご主人も、空気で分かったのか帰る頃には真っ黒なハエとりテープは新しいものに取り替えられてました。
c0192962_23423976.jpg

食事中にダンナが息子にバイクを取り替えてくれと交渉。
成功したようで、ご機嫌で大きいバイクに乗るおっさんとドライバーのナムさん。
c0192962_23443298.jpg

しぶしぶ125ccのバイクに乗る息子、密着過ぎて笑える。
c0192962_23462375.jpg

さあ、ダラットの街はもうすぐです。
c0192962_23474765.jpg

交通量が多くなって、街っぽくなってきました。
c0192962_2349020.jpg

次の停車はダラット駅。ベトナム一美しい駅と言われているそうです。
今では観光用のみで使われていません。
c0192962_23513255.jpg

さあ、もうひと息!ダラットパレス(元迎賓館だった現在はホテル)を通過して
c0192962_23535048.jpg

目的地の宿泊先のアマナンダラ・ダラットに到着です~

こうして改めて見ると長い道のりだったな~と思いますが、実際に乗っていると景色は変わるし気温も変わるし、とにかく所々の景色がきれいだったので途中眠くなることもなかったし、そんなに時間がかかっていたとは思いませんでした。
車の移動は途中寝れたりと楽でいいかもしれませんが、この道に関しては寝てしまっていては勿体ないくらいの美しい道中なので、景色と風を感じながらのバイクの移動は心に残るものになりました。
お尻の痺れも含めてね(笑)
Viet Nam Rider さんのナムさんは英語も達者ですし、良いガイドさんでした。
何よりもバイクが大好きでよく分かってる(バイクをね)お客さんを連れてバイクでハノイの方までも行くらしいです。
そんなナムさんがこのニャチャンからダラットへの道はボクが知ってる中でも一番きれいな道だと言われてました。
ちなみに料金はひとり$65でした。

by bemnty | 2012-06-05 00:24 | Vietnam | Comments(4)