人気ブログランキング |

気ままにオージーLIFE

bemnty.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2013年 11月 17日

マテーラの朝

c0192962_9421299.jpg

旅行中は時差の関係で毎日早起き。
ということで、朝の散歩の出掛けてみました。
c0192962_9421336.jpg

こちらは13世紀に建てられた石造りのドゥオーモ。
中に入るのもちょっと怖い感じ。
c0192962_9421425.jpg

朝の町並みはさすがに少し明るい。
c0192962_9421576.jpg

こんな感じの狭い道と階段ばかりの街。
c0192962_9421626.jpg

見晴らし台らしきところでのショット。
私たちが泊まってるホテル方面ですね。
c0192962_9421891.jpg

何となく生活感を感じられない街だけに、こんな風景にホッとする。
c0192962_9421910.jpg

街中にはこんな廃墟的な洞窟住居がちらほら。
監獄っぽくって、ほんと怖い感じ。
夜には肝試しも出来そう(*_*)
c0192962_9422092.jpg

何となく撮った意味のない写真。
c0192962_9422154.jpg

ミュージアムなる所があったので入ってみた。
昔のマテーラの洞窟住居生活らしい。
c0192962_9422248.jpg

キッチンと
c0192962_9422323.jpg

家畜たちも全部同じ仕切りのないワンフロアで生活していたらしい。
第二次大戦時にはこんな不衛生で不便な生活が嫌われ廃墟化していったそうです。
こちらのミュージアムは代々マテーラ暮らしの家族が経営されていました。
各国の言葉での音声案内してくれます。
c0192962_9422564.jpg

そして、街の外れの方面の歩いて行くと
c0192962_9422613.jpg

こんな絶景に。
グラヴィナ渓谷というらしいです。
c0192962_9422745.jpg

ここをトレッキングするツアーもあったけど、当時腰を悪くしていたので出来なかった。
c0192962_9422819.jpg

ここをトレッキングしてイタリアの自然を体験出来てたら、イタリア旅行の印象変わっていたかも。
c0192962_9422995.jpg

そして反対側はこの景色。
c0192962_9423070.jpg

迫力のマテーラ。
c0192962_9423152.jpg

独特な街並みに悲しい歴史の陰がある街でした。
それとは裏腹に街の人々は穏やかで優しかったです。
さぁ、次はアルベロベッロに向かいます。

by bemnty | 2013-11-17 09:42 | Italy | Comments(0)
2013年 11月 16日

マテーラの夜

c0192962_010763.jpg

暗闇に包まれライトアップする町並み。
単純に美しい景色なんだけど、何とも不気味のようなマテーラの夜。
c0192962_010849.jpg

夜の街の散策とディナーに出掛けてみる。
c0192962_010984.jpg

街はこんな階段と坂ばかり。
c0192962_0101010.jpg

ホテルから階段をひたすら下りるとメインストリートに出る。
c0192962_0101134.jpg

それにしても、静まり返ってて怖いくらい。
とりあえず開いてるレストランに入ってみた。
c0192962_0101219.jpg

レストランももちろん洞窟。
人が結構入っていたので安心した。
c0192962_0101346.jpg

有名なマテーラブレッド。
ちょっと塩気が強くて弾力があって美味しかった。
c0192962_0101447.jpg

中はこんな感じ。
c0192962_010157.jpg

パスタは何だっけな?
トリュフだっけ??
c0192962_0101625.jpg

このお店は独自の釜戸があってお肉が美味しいってことで、旦那さんのセコンドはラムチョップ。
c0192962_0101734.jpg

私はビーフにしたけど。。。。
この旅では胃がシャットダウンしてしまったので、一口しか食べれなかった(*_*)お店の人に申し訳ないと思いつつ残さずにいられず。。。
でも絶対美味しかったです。
c0192962_0101862.jpg

昼間撮った写真だけど、このお店でした。
c0192962_0101931.jpg

とっても静かで神秘的な光の中の少々不気味なマテーラの夜でした。

by bemnty | 2013-11-16 00:09 | Italy | Comments(0)
2013年 11月 11日

マテーラへ

c0192962_2361171.jpg


ポジターノ観光の後はレンタカーを借りて次の目的地に向かいます。
目指すは南イタリア、バジリカータ州のマテーラ。
ソレントからはのどかなカンパーニュ地方の田園地帯を突っ切って3時間くらいだったかな。
カーナビくんのお陰で何とか迷わずマテーラまで来れたけど、予約していたホテルは車が入れない洞窟住居地帯にあるので、ホテルを捜すのに一苦労。
日向ぼっこしてる老人に地図をを見せて身振り手振りで「このホテルを探してます」って。
あちらも身振り手振りで「ここならあっちだよ」という具合に何人かに助けられてやっと辿り着いた。
c0192962_21251378.jpg

L'Hotel in Pietra

マテーラの旧市街は、坂道と階段だらけで住所も知る人ぞ知るって感じで、きっと地元の人しか分かってないんだろう。
ここまで辿り着いたのも奇跡みたい。
c0192962_21252120.jpg

ホテルのレセプションもなるほど洞窟。
c0192962_2125236.jpg

お部屋はこちら。
c0192962_21252416.jpg

歴史ある洞窟住居をきれいにリノベートしたホテル。
c0192962_21252539.jpg

バスルームも新しくてきれいです。

ここでマテーラについて少しご紹介を。

 南イタリアの都市マテーラは、人口およそ6万。洞窟住居の集まり“サッシ”が、旧市街にある街です。洞窟の数は数百とも数千とも言われ、住居だけでなく、教会やワイン貯蔵庫、お墓としても利用されています。9000年近くも前から洞窟に人が住み始めたと言われ、その後、中世から近代にかけて多くの労働者や農民によって、サッシが形作られてきました。しかし1950年代、衛生面の問題で、イタリア政府が住民のほとんどを移住させました。
 一時はゴーストタウンとなったサッシでしたが、1980年代以降、世界遺産への登録が後押しとなり、徐々に人が戻り始めています。今では、ホテルやレストランなどもでき、「再生する街」として、また観光地として、脚光を浴びています。
世界ふれあい街歩きサイトより

こちらのホテルの良いところは絶景ポイントに近いところ。
c0192962_21252794.jpg

これがマテーラ。
お部屋を出て少し階段を下りたところからはこんな絶景が。
c0192962_21252863.jpg

ビール片手に夕暮れ時の絶景に満足のおっさん。
c0192962_21252946.jpg

暗くなる前に辿り着いて良かった。

by bemnty | 2013-11-11 21:25 | Italy | Comments(2)
2013年 11月 07日

ポジターノへ

c0192962_14514017.jpg

ソレントで泊まったのはアマルフィ観光に便利だと思ったからで、ソレントの街自体は二の次でした。
結局雨に降られて観光どころじゃなかったけど、ソレントには一泊予定でアマルフィ観光は着いたその日にしたかった。
翌日はチェックアウト後はソレントで車を借りてマテラに移動だったから。
でも、前日は雨でアマルフィまで出掛けられなかったので、朝イチでバスに乗ってポジターノへ。
ダンナが行きたくないようだったら、1人でも行くつもりだったけどついて来るという。
ホテルはアマルフィに行くバスの道にあるというのに、駅まで行かないとバスに乗れないという。
駅まで小雨が降る中歩くこと20分。
チケットを買ってバスに乗って揺られいると深い霧に包まれて視界悪すぎの上にバス酔いするし最悪。
これでポジターノに着いても何も見れなかったらダンナに何て言われることやら。
c0192962_14514040.jpg

でも、霧が晴れてきて見えました。
c0192962_14514129.jpg

これがポジターノ。
c0192962_1451423.jpg

海岸に降りてみて撮影会。
霧がちょうど止んだところ。
やっぱりきて良かった。
c0192962_14514495.jpg

イタリアの街にドゥオーモあり。
c0192962_14514470.jpg

雲の向こうに青空が。
しかし海は荒れてるし。
c0192962_14514510.jpg

この海岸も夏には賑やかでなんだろうに、やっぱりシーズンに来ないと雰囲気も半減。
c0192962_14514667.jpg

小さい街ながらリゾート地っぽくお店がひしめき合って
c0192962_14514769.jpg

買っちゃおうかなと思うも、季節外れだし
c0192962_14514859.jpg

でも物色したくなる可愛い街。
c0192962_14514928.jpg

こんな焼き物も有名みたい。
c0192962_14515019.jpg

地図も焼き物のタイルで出来てたりで
c0192962_14515176.jpg

ここがマリンカント ホテル。
ソレントにするかポジターノで泊まるか迷っててポジターノだったらここのホテルが候補だった。
駐車場もあるし、ここまでレンタカーで来るべきだったか?
c0192962_14515210.jpg

マリンカントのレストラン。
c0192962_14515336.jpg

景色はきっとこんな絶景。
c0192962_14515439.jpg

後悔してもしょうがない。
そろそろバス停へ
c0192962_14515596.jpg

バス停。
待てど待てどバスは来ず。
チェックアウトの時間は迫るし、何よりレンタカーの予約の時間も。
シエスタ前に行かないと夕方にされてしまう。
ってことで、バスを待ってられないとちょうど来たタクシーに乗り込んでホテルに向かいました。
出費€85高すぎだろ。
でも行けて良かったポジターノ。
きっともう行けないと思うし。

by bemnty | 2013-11-07 16:45 | Italy | Comments(4)
2013年 11月 05日

ソレントでランチ

c0192962_2217514.jpg

ホテルでお勧めのレストランを教えてもらって、行ったのがこちら。
c0192962_221714100.jpg

⬆︎の写真はアンティパストの盛り合わせ。
久々に美味しいと思ったイタリアン。
c0192962_22171760.jpg

イカはグリルにしてもらい
c0192962_22171917.jpg

お魚はスチームのレモンソースで。
あっさりイタリアンでした。
c0192962_22172371.jpg

お店も明るくて大繁盛。
でもお料理が出て来るのが遅かった。

この後ソレントの街を散策するも雨が降り出してきて、空も真っ暗に。
ほんとはバスに乗ってポジターノに行きたかったのに、ダンナに行きたくないと言われ喧嘩に。
あまり良い思い出がないソレントでした。

by bemnty | 2013-11-05 22:19 | Italy | Comments(0)
2013年 11月 04日

Hotel Bristol Sorrento

c0192962_14184578.jpg

ソレントのホテル、ホテル ブリストル。
アマルフィに行く海岸沿いの道路沿いにあるホテル。
街にも歩いても行けなくもないけど、遠かった。
c0192962_1418466.jpg

お部屋はジュニア スイート。
c0192962_1418471.jpg

広くて快適でした。
c0192962_14184823.jpg

ウリはこの景色。
c0192962_14185025.jpg

お部屋からこんな景色がみれます。
c0192962_14185172.jpg

一応、こんなベランダ付き。
景色は抜群です。
c0192962_14185247.jpg

朝食はこちらのレストランで。
c0192962_14185351.jpg

イタリアでは珍しく卵料理もオーダーで作ってくれました。
c0192962_14185584.jpg

朝食付きで€210でした。

by bemnty | 2013-11-04 18:00 | Italy | Comments(0)
2013年 11月 03日

ローマからソレントに移動

c0192962_16313729.jpg

4日目、ローマからソレントに電車で移動。
ナポリまではユーロースターFrecciarossaで2時間ほど。
チケットはTRENITALIAのサイトから直接予約。
Premiumシートでお一人様29EUR
初めてだったので不安でしたが、チケットをプリントアウトしたものに車両座席番号が載っているので、それを見回りに来た車掌さんに見せるだけで問題ありませんでした。
c0192962_16313836.jpg

ローマの駅は線路に吸い殻がいっぱい捨ててあって汚かった。
c0192962_16314062.jpg

ユーロースターFrecciarossa
c0192962_16314037.jpg

プレミアムシートはこんな感じ。
c0192962_16314125.jpg

よく分かりませんが、プレミアムシートの中のスーパーエコノミーって枠だったのですが、イタリアの電車もLCCみたいに早く予約すると安くチケット買えるみたいな感じでしたね。
c0192962_16314294.jpg

車窓から見える新緑に癒される。
乗り心地は至って快適。
でも、トイレは臭くてすごく汚かったらしい。
c0192962_16314440.jpg

そんなこんなしてるうちにナポリに到着。
ここから私鉄に乗り換えです。

ナポリからソレントにCircumvesuviana鉄道に乗り換えるらしい。
何処から乗るのかも分からなかったので、人に身振り手振りで聞きながらやっと乗れた。
c0192962_1631453.jpg

すっごくローカルな小さな電車でしばらくは立ったままでしたが、途中から座れました。
でも、大きなスーツケースを持って乗るのは大変そうでした。
c0192962_16314685.jpg

同乗していた方々もちょっと目を合わせたくないようなローカルな方が多かったし、車窓からも治安があまり良くないような風景が。
c0192962_16314728.jpg

ぶっちゃけ怖かった。我ながらヘタレトラベラー(^^;;

ソレントに着いてからホテルまではタクシーで。
歩いても行ける距離だったのにたかかったような。。。
こんな感じで移動に疲れた日でした。

by bemnty | 2013-11-03 16:30 | Italy | Comments(2)
2013年 11月 01日

バチカン、コロシアムなどなど

c0192962_23262217.jpg

ローマ2日目はバチカンミュージアムの予約をしていました。
'13 3月時点ではバチカンミュージアムは3ヶ月前から予約可能で入場料も当日支払いでよかった為とりあえず予約。
当初はフライトの予約もしてませんでしたが。
今では少し事情が変わってるようですので、詳しくはこちらを。

時差の関係で毎朝早く起きていたので、開館時間と同時くらいに到着できてた思いますがすでに長い列が出来ていました。
c0192962_23264035.jpg

私たちは予約済みバウチャーを持っていたので並ぶ事なくこちらの入り口からスムーズに入館できましたww
c0192962_23262499.jpg

c0192962_23262656.jpg

c0192962_23262850.jpg

c0192962_23262910.jpg

勉強不足で歴史的なことも宗教的なこともよく分かりませんが、高価な美術品が沢山あるってことは分かりました。
c0192962_23263054.jpg

外に出てみると、長〜い列の順番待ち。
ここを並ぶと思うとゾッとします。
c0192962_23263280.jpg

サン・ピエトロ大聖堂に入るのにも長蛇の列だったのだ。
ってことであっさり却下。
もうきんきらきんの美術品にはお腹いっぱい。
c0192962_23263367.jpg

翌日はイースターサンディだったため、ローマ教皇のパーパ・フランシスコに会えるってことでしたが、このバチカンに続く道が人でいっぱいになってる映像をみて行く気をなくす。
あっさりテレビで鑑賞。
c0192962_23263433.jpg

歩いてもすぐの場所だったのに。。。
ちょっと見てみたかったパーパ・フランシスコ。
イタリア人は親しみを込めて、教皇をお父さんの意味のパパと呼びます。
c0192962_23263584.jpg

そしてコロシアム。
やっぱりチケットを買うのに並ぶと聞いていたけど、朝イチだった為余裕でした。
c0192962_23263681.jpg

ここで殺し合いしてたと思うとゾッとするけど。
c0192962_2326389.jpg

サンタンジェロ城
c0192962_23263953.jpg

ナボーナ広場などなど全部歩いて廻りました。
ナボーナ広場付近にはレストランも多いので、ホテルから近かったし何度か足を運びました。

何食べたんだっけ??
c0192962_232642100.jpg

ダンナはオッソブッコ(仔牛のスネ肉の煮込み)割とあっさりしててイケました。
c0192962_23264313.jpg

私はミネストローネ。
3日目にして胃腸不良(ー ー;)

by bemnty | 2013-11-01 23:25 | Italy | Comments(2)